サミー(Sammy)

【サミー史上NO.1? 】『CR偽物語』は神スペックで登場か!?(ただし規制後)

nisemono0313
サミーのパチンコ新台『CR偽物語』は4月16日に導入開始予定。噂によればサミー史上最高の出来栄えとなっているらしい。

『CR偽物語』のスペック

本機は、ユーザーの好みに合わせた2スペックで登場する。ST中の獲得出玉は、ミドルタイプでは80%で2000個を超える強烈な仕様。もう一つのライトミドルは50%で1800個オーバーと、偏り次第ではミドルスペックにも負けない仕様だ。
そしてどちらにも共通するST突入率100%、継続率約65%というスペックは遊びやすさを極限まで追求した1台といえる。昨今に多く見られる「ヘソで確変突入率50%、電チュー時は65%」というV確ST機が目立つ今、本機のスペックは大変”良心的”といえるだろう

出典:ビジネスジャーナル
『CR偽物語』はミドル「299ver.」とライトミドル「199ver.」の2スペック。両方とも突入率100%・継続率65%のSTタイプで、最大出玉が多く、安定感と爆発力を兼ね備えた仕様となっている。

『CR化物語』はイマイチだったが……

あちこちで、酷評されているパチンコ化物語。既に殆どのホールで稼働が飛んでいますね。大型店でもシマ2列くらい化物語入れたのに、誰も座ってないとかザラですw

さて、自分の感想ですが、凄くつまらなかったですw

理由としては、
・無駄に長い演出。
・なんか打ち手をバカにされている感じがするキャラのセリフ。
・確変なのか、通常なのかよくわからないので安心感がない。

出典:パチンコウォッチ
『物語』シリーズ前作『CR化物語』の評価はイマイチ。「演出が長すぎる」とか「マニア向けの台」と言われていたが、今度の『CR偽物語』は大丈夫なのだろうか?

試打動画の評判

757: 名無しの養分さん 2018/03/02(金) 22:38:29.95
久々にしばらく打てそうな台だな 嬉しい

758: 名無しの養分さん 2018/03/02(金) 23:04:14.82
しのぶ喋ってる方がやっぱり可愛いしドーナツ屋さんリーチ最高
あと白金ディスコ阿暦々木が踊ってるの草
panainoボーナスもいい 今回も作品の良さちゃんと出てて早く打ちたいいいい

出典:ぱちとろ速報
『CR偽物語』の試打動画を見たユーザーの評価は上々。『CR化物語』同様、原作を知っているか否かで評価は分かれそうだが、少なくとも原作ファンの期待を裏切ることはなさそうだ。

サミーの名機①『CR真・北斗無双』

お盆前まで中古価格30万円前後で推移していた真北斗無双319ver.ですが、異常な上がり方で現在は160万円を超える状況となっております。

これからも大事に扱っていくべき名機だと思います。

出典:モード1.0のブログ
サミーの最近の名機と言えば、2016年3月にリリースされた『CR真・北斗無双』の評価が高い。突入率50%・継続率80%というシンプルかつ爆発力のあるスペックで多くのユーザーを魅了。2017年夏には中古機価格が高騰したことでも話題になった。

サミーの名機②『CR聖戦士ダンバイン』

18:2017/09/08(金) 08:39:44.12 ID:mGQM2l5f0.net
ダンバインのST演出は認める

21:2017/09/08(金) 09:49:04.81 ID:8759HGKpd.net
>>18
ダンバインのSTイケイケ感たまらんよな

出典:スロパチランド
演出面の評価が高いのは、2015年4月にリリースされた『CR聖戦士ダンバイン』。その圧倒的なスピード感は数あるパチンコの中でも群を抜いていた。

 

『CR偽物語』はスペック・演出共に大いに期待されているようだが、『CR真・北斗無双』や『CR聖戦士ダンバイン』を越えることはできるだろうか? 厳しい規制を忘れさせてくれるような名機であってほしいものである。

TOP:YouTube

【サミー】北斗の新台もだけど「GRT」って結局なんなの?

grt0312
厳しい規制の中、サミーが大々的に打ち出した新しい概念「GRT」。その第1弾『コードギアス反逆のルルーシュR2 C.C.ver.』はすでに全国のホールで稼働しており、今後導入予定の『北斗の拳』にも搭載されるらしい。しかし、結局「GRT」とは何だったのだろうか?

『コードギアス反逆のルルーシュR2 C.C.ver.』のGRT

「ギアスC.C.」のRT仕様
同色BIG後は150G、
MID後は50GのRTへ!
GEASS BIG後は次回ボーナスまで続く「無限RT」へ!!

出典:パチンコ&パチスロコンテンツ【パチ7】
すべてのボーナス後にRTに突入する仕様。よくあるAT機・ART機のように消化中に出玉が増えるわけではなく、上乗せもないが、現状を維持しながら次のボーナスを狙うことができる。終了条件は「規定ゲーム数の消化」や「ボーナス成立」、そして「パンク役入賞」の3種類。

「GRT」の打ち方

RT中は液晶画面にギアスマークが出現したらいずれかのリールに白7を狙う。
左リールに白7を狙う通常時同様の小役狙い手順で打っていれば問題ありませんが、ギアスマーク出現時に白7を狙わずパンク役が揃ってしまうとRTが終了する可能性があるので注意!
【パンク役の停止形】
・左18番のブランク/中15番のブランク/右16番のブランク

出典:ちょんぼりすた
「GRT」は過去の名機『リングにかけろ』や『スパイダーマン2』のような「リプパン外し型RT」。『コードギアス反逆のルルーシュR2 C.C.ver.』の場合、液晶画面にギアスマークが出現したら要注意。その状態でパンク役が揃ってしまうと、RTが終了する可能性があるので、いずれかのリールで白7を狙おう。

ネット民の反応

681: 名無しさん 2017/11/09(木) 18:25:29.20 ID:CXAUL/Jnd.net
もっともらしい感じでなにか画期的なシステムかと思わせてコレ
しかも爆裂イメージのギアスで採用
さすがの戦略ですわ

685: 名無しさん 2017/11/09(木) 18:53:57.52 ID:qdW706+va.net
本来の姿だろ
爆裂がおかしかったんだよ

出典:スロパチゾーン
「GRT」中にボーナスを引くことによって連チャンすることもあるとは言え、これまでのAT・ARTに比べると大人しい性能。“G”はガッカリの”G”と揶揄する人もいるようだが、「今までの爆裂機が異常だった」という声もある。

■□関連記事□■
【サミー】パチスロ業界に激震!? 新システム『GRT』が爆誕

「カチナビ」対応

株式会社サミーネットワークス(本社:東京都港区代表取締役社長:川越隆幸)は、PC・スマートフォン向けパチンコ・パチスロ総合情報サービス「ぱちガブッ!」内にて、マイスロ情報をユーザー間で共有し、地図上で確認ができるサービス「カチナビ」を絶賛配信中です。
この度、サミー株式会社(本社:東京都豊島区代表取締役社長CEO:里見治紀)が発売した新機種『パチスロコードギアス反逆のルルーシュR2 C.C.ver.』が新たにカチナビに対応いたしました。

出典:パチンコビレッジ
『コードギアス反逆のルルーシュR2 C.C.ver.』はサミーのサービス「カチナビ」に対応している。高設定確定の「サミートロフィー」と地図上のマーカーが必ずしも一致しているわけではないようだが、高設定台を探す上で便利なツールであることは間違いない。完全攻略時の機械割は、設定2以上であれば100%を超えるので、使ってみる価値はある。

■□関連記事□■
【喰える!?】パチスロの高設定がわかる道具が発明される

GRT第2弾は『北斗の拳 修羅の国篇 羅刹』

GRTタイプ第2弾として登場した「北斗の拳 修羅の国篇 羅刹」でまず注目すべきは、フル攻略時の機械割です。
「コードギアスR2 C.C.バージョン」も甘いと言われていましたが、「修羅の国篇 羅刹」はギアスを上回る99.7~115.1%!

出典:パチスロ天井期待値の本質
『コードギアス反逆のルルーシュR2 C.C.ver.』に続く「GRT」第2弾は、『北斗の拳 修羅の国篇 羅刹』。ボーナス出現率が『ギアス』よりも少し重い分、獲得枚数が多く、すべてのボーナス終了後に100GのRTに入るという力強いスペックとなっている。導入台数はそこまで多くないと予想されているので、高設定を使うホールでは空いている台を見付けるのに苦労しそうだ。5月7日導入予定。

 

爆裂仕様でこそなかったものの、GRT機『コードギアス反逆のルルーシュR2 C.C.ver.』はなかなか良好な稼働を保っている。『北斗の拳 修羅の国篇 羅刹』にも期待したい。

TOP:YouTube

【みなし機】風営法で撤去された人気スロット台まとめ

basara0306
2018年2月1日に風営法が改正。この日を境に、検定期限及び認定期限を過ぎている「みなし機」は軒並み撤去となった。ざっくり言えば「検定通過から6年以上経った機種」のことである。

『押忍! 番長2』

『押忍!番長2』は4号機後期の大ヒット機種『押忍!番長』の後継機。基本的には、押し順ARTのみでコインを増やすタイプとなっているので、初級者でも十二分に楽しむことができる。

出典:777(スリーセブン)
2011年10月に大都技研がリリース。大ヒットした4号機『押忍! 番長』の正統後続機。「超番長ボーナス」や「絶頂RUSH」といった強力な出玉契機を有していた。

『北斗の拳-世紀末救世主伝説-』

ART「激闘乱舞」は、30Gが1セット。消化中の上乗せバトルに勝利すればゲーム数を上乗せ。ゲーム数が尽きたところから、残り8G間はバトル演出に発展する。ここでは、ケンシロウがラオウに負けなければART継続確定。どちらが攻撃するか、攻撃内容にも要注目だ。継続抽選はループ抽選方式。初代のバトルボーナスと同じ89%がMAXとなっている。

出典:777(スリーセブン)
2011年12月にサミーがリリース。最大継続率89%という初代『北斗』を彷彿とさせるARTがユーザーを魅了。引く局面によって性能が変わるボーナスも搭載されていた。

『モンキーターン』

導入前は、ホールから「ボーナスのない機種はヒットしない」と敬遠されがちでした。「うん、初代『ミリオンゴッド』は?」なんて思ったりもしますが、いざ購入担当だとしたら、そういう気持ちもわかります。実はこれも追い風。導入台数が少なかったのも功を奏して、バラエティなのになかなか空かないという事態になり、その後の大増産とあいなりました。

出典:パチ7
2011年3月に山佐がリリース。わかりやすい演出と絶妙なゲームバランスで、ボーナス非搭載ART機ブームの火付け役となった機種である。

『ミリオンゴッド -神々の系譜-』

設定関係なしに勝ててしまう、モード狙いが楽しい、音楽がすばらしい、なによりも約8000分の1のアイツ…そいつを引いてしまえば1000枚は保証される、EGが痺れる、といった所が自分はすごく気に入っています。

出典:まるおのブログ
2011年8月にミズホがリリース。1Gあたり純増約2.4枚、1セット100Gで、セット数上乗せ型という強力なARTを搭載。5号機『GOD』シリーズの歴史はここから始まった。

『戦国BASARA2』

細かい部分で面白いと感じさせられた機種は、これもヒット機種の『戦国BASARA2』。“BASARA目”の次のゲームでちゃんと目押しをすると中段チェリーの出現率がアップするようになっていました。

出典:パチ7
2011年2月にエンターライズがリリース。バランスの取れたA+ART仕様。チェリー出現率がアップする「BASARA目」の存在により、チェリー中毒者が続出した。

 

名機が打てなくなるのは寂しい限りだが、法律が変わったのだから仕方がない。また魅力的な新台が出てくれることを祈ろう。

TOP:YouTube

【万枚機】「ファンが選ぶパチンコ・パチスロ大賞2017」を予想してみた~パチスロ編~

sel0308s
「ファンが選ぶ パチンコ・パチスロ大賞2017」が開催中。ネット上のさまざまな声を参照しつつ、P-Summa編集部でも独自の予想を立ててみたい。

「ファンが選ぶ パチンコ・パチスロ大賞2017」とは

「”ファン”が選ぶ パチンコ・パチスロ大賞2017」は、ファンのウェブ投票により2017年1月~2017年12月に販売・設置されたパチンコ・パチスロ機から「その年を代表する機種」を決定するもの。投票したファンには抽選で当たる豪華賞品が用意されているという。

投票期間は2月13日から3月13日までの約1ヵ月間。結果は3月20日に発表される予定となっている。

出典:『遊技日本』
2017年の間にリリースされたパチンコ・パチスロの中から、ファンの投票によって「その年を代表する機種」を決めるというもの。結果発表は3月20日の予定となっている。

ツイッター上の声

9月にリリースされた『北斗の拳 新伝説創造』や7月の『A-SLOTエイリヤンエボリューション』など、さまざまな機種が「2017年の神台」として挙げられている。ゲーム性や演出が重要なのは当然だが、「自分が高設定を打てたかどうか」も評価には大きく影響しているであろう。

「サイトセブンTV」の予想

『パチンコ・パチスロ大賞』の受賞予想をしろと言われた4名様。しかしこのポンコツメンバーでそんなこともできるはずもなく、三宅ナビ、シルヴィーを助っ人に呼び、大賞にまつわる関係者達にインタビューをしつつ番組独自の大賞予想をすることに!

出典:YouTube
「サイトセブンTV」の4名様は、全員一致で大都技研の『押忍! 番長3』が1位と予想。ユーザー投票ゆえに、単純に稼働のついている台が強いはずという考えのようだ。

「打ってけ!TV」の予想

今回は実践どころか珍もなし! ぱちんこ広告協議会が行う「パチンコ・パチスロ大賞2017」の予想を素敵なゲストをお呼びしてガチンコで考える!

出典:YouTube
ハナビスト氏・八百屋コカツ氏・新城まみ氏・山内菜緒氏、なんと全員の予想が『押忍! 番長3』で一致。こうなるともう『番長3』で決まりだろうか?

P-Summa編集部の予想は……


P-WORLDの設置台数ランキングでは、『押忍! 番長3』は3月4日現在、あの『バジ絆』をおさえて1位。業界人たちの評価と設置台数の両面から考えて、やはり『番長3』が「本命」であろう。
「対抗」として、中古機価格が高騰している『聖闘士星矢 海皇覚醒』(SANYO)、さらに「大穴」として、まこまこが大人気の『G1優駿倶楽部』(KPE)を挙げておきたい。

 

業界人たちの間では『押忍! 番長3』が圧倒的に優勢だが、一般ユーザーたちの評価と一致するのだろうか? 結果発表が非常に楽しみである。

TOP:YouTube

【2018年】パチンコ・パチスロ 3月新台機種まとめ

3fairytail
2018年3月に導入されるパチンコ・パチスロの新台情報をまとめてみた。遊技台選びの参考になれば幸いである。(情報は3月1日現在のもの)

パチンコ

『CRサイボーグ009VSデビルマン L-T』

3月5日(月)、ニューギンより導入予定。初当たり確率1/319.7、確変割合63%のループタイプ。確変中は「共闘」が発生すれば勝利or継続が濃厚となる。原作は石ノ森章太郎×永井豪の名作がクロスオーバーした劇場アニメ作品で、2015年に2週間限定で公開された。

『CRバジリスク~甲賀忍法帖~弦之介の章』

3月5日(月)、ユニバーサルより導入予定。初当たり確率1/319.6、突入率80%・引き戻し率80%のSTタイプ。初当たり後はST確定となる「甲撃の刻」と、STか通常かわからない「天命の刻」のいずれかに突入する。ST中、「花火柄」が絡んで大当たりすれば16R濃厚となるらしい。

『CR哲也 玄人の頂へ 天運ver』

3月5日(月)、Daiichiより導入予定。2017年9月にリリースされた『CR哲也 玄人の頂へ』(約1/319)のライトスペック版。初当たり確率約1/129、確変割合60%のループタイプ。+αの出玉が取れる「裏ドラポケット」を搭載。初当たり後は84%の振り分けで電サポがつかない潜伏確変となるので、ヤメ時に注意しよう。

『CR FAIRY TAIL FPM』

3月5日(月)、藤商事より導入予定。初当たり確率1/319.688のV確変転落抽選機。通常時は65%、電サポ時は100%の確率で確変に突入し、1/356.13の確率で転落となる。原作のマンガ「FAIRY TAIL」は全世界累計発行部数6000万部以上を誇る人気のコンテンツ。

『CRモンキーターン4 SG2』

3月5日(月)、西陣より導入予定。初当たり確率1/66.6のリミット機。通常時は69%、潜確時は23%の確率で4回転の電サポ「SGバトル」に入り、勝利すれば10回リミットの「インフィニティRUSH」に突入する。リミット到達時は50回転の時短となる。

『CRフィーバー革命機ヴァルヴレイヴ 』

3月5日(月)、SANKYOより導入予定。初当たり確率1/179.6のリミット機。通常大当たり後の演出に成功すると8回転限定の「革命の時」に入り、ここでさらに演出に成功すれば出玉のカギを握る「革命RUSH」突入。11回のリミット到達後は100回転の時短となる。

『CRドラム海物語BLACK』

3月5日(月)、サンスリーより導入予定。初当たり確率1/159.844、突入率100%・継続率約63.7%のST機。2017年8月にリリースされた『CRドラム海物語』に「大海物語BLACK」の遺伝子を注入した後継機という位置付け。常に期待できる変動をテンポ良く「ドラム」で見せている。

『CR交渉人 真下正義 99ver. 』

3月19日(月)、平和より導入予定。2017年9月にリリースされた『CR交渉人 真下正義』(1/227.5)の甘デジ版。初当たりの振り分けは99%が4R通常。50回の時短中に引き戻すことで継続率65%の確変に突入する。確変終了時は時短100回となり、引き戻し期待度は63.4%。

『デジハネCR渡る世間は鬼ばかり』

3月19日(月)、サミーより導入予定。2017年7月にリリースされた『ぱちんこCR渡る世間は鬼ばかり』(1/299.3)の甘デジ版。通常時の確変突入率が30%と低い代わりに、突入後は継続率65%、電チュー入賞時の確変大当たりはオール16Rという仕様になっている。

『CRヱヴァンゲリヲン 2018年モデル GOLD Impact』

3月19日(月)、ビスティより導入予定。2017年10月にリリースされた『CRヱヴァンゲリヲン 2018年モデル』(1/319.7)のライトスペック版。初当たり確率1/128.3、突入率100%のSTタイプ。電サポ中に引き戻せば70回の時短が付いて継続期待度が高まる、いわゆる初回突破型のゲーム性となっている。

『CRAコスモアタック7 A04』

3月19日(月)、愛喜より導入予定。2015年5月にリリースされた賞球数ALL10の普通機『CRAコスモアタック7』の改良版。ステージを抜けた玉が「宇宙人チャッカー」に入ると対応したアタッカーが開くというシンプルな仕様。ゲージが改良されて入賞しやすくなったらしい。

パチスロ

『ニューシオサイ-30』新パネル


3月5日(月)、パイオニアより導入予定。ボーナス合算1/177.6~1/138.3のAタイプ。ハイビスカスが光れば大当たりというおなじみの完全告知機。今風な絵柄の「アニバーサリーパネル」と懐かしい「レジェンドパネル」の2種が登場する。

『ビッグアップ』

3月5日(月)、ヤーマより導入予定。ボーナス合算1/174~1/154のA+RTタイプで、3段階設定。BIG終了後に必ず50ゲームの「ビッグアップゲーム」に突入する。告知がわかりやすいうえに、2コマ仕様のデカ7図柄を採用。初心者でも安心して打てる設計となっている。

『パチスロ 超GANTZ』

3月5日(月)、スパイキーより導入予定。パチンコで一世を風靡した『CR GANTZ』の要素をパチスロに落とし込んだ差枚数管理型ART機。純増は1ゲームあたり約2.0枚。初当たりの30%で上位の上乗せゾーン「超GANTZ RUSH」からARTを始めることができる。

『ドリームクルーン 500』

3月19日(月)、オーイズミより導入予定。液晶で3穴クルーンの真ん中に玉が入れば大当たりという演出、大当たりの期待獲得枚数の多さ、そして、6段階設定だが大当たり確率に差がなく、コイン持ち=回転数によって差をつけているところなど、全体的に「パチンコの一発台」を再現したパチスロとなっている。

『カンフーレディ・テトラ』

3月19日(月)、山佐より導入予定。ボーナス合算1/164.2~1/147.6のA+RTタイプ。BIG終了後に必ず「チャレンジループRT」へ突入し、そのループ率は約66%。通常時はチャンス目を必ず見抜ける「閃光モード」と出目と演出の法則で楽しむ「心眼モード」の2つを自由に切り替えることができる。

『パチスロ マイケル・ジャクソン』

3月19日(月)、SANKYOより導入予定。ボーナスとCZからART突入を目指すA+ARTタイプ。ART「MJ FEVER」の純増は1Gあたり約1.9枚(ボーナス込み)で、平均200Gの上乗せが期待できる特化ゾーン「EXTRA SEVEN RUSH」からスタート。有利区間1000G到達で残り500Gが無条件で上乗せされる「JACKPOTシステム」を採用している。

 

パチンコはミドルから甘デジまで幅広いスペックの機種が登場。リミット機が2機種も出るというのは近年では珍しい。一方のパチスロも完全告知のドAから5.9号機の裏をかいたART機まで多彩なラインナップとなっている。

TOP:YouTube

【万発狙える? 】ネット民が認める神台まとめ ~パチンコ編~

gants0216
2018年が始まった。今年もパチンコの新台は続々と登場するはずだが、今すぐ打てるオススメ機種として、現在ホールで稼働している中で「神台」と呼ばれているものをまとめてみた。

『CRぱちんこGANTZ』(オッケー)

810: 名無しさん@ドル箱いっぱい (スップ Sdca-Mgci) 2017/01/12(木) 20:03:07.91 ID:ueYckHt6d
入賞の時にピキーンみたいな音したら通常保留で消化の瞬間にエアバイブ。
周りに気づかれないように平常を保ってたが、ぬらり第一形態のリーチ中にハンドルキュイン。最高

879: 名無しさん@ドル箱いっぱい (ササクッテロレ Sped-S6N2) 2017/01/12(木) 23:29:30.32 ID:kDUHSN2Wp
スペックは賛否両論かもだが演出は凄いおもろいと思った、結構凝ってるし、これ来たらハズレってのがないし脳汁出まくる

出典:鈴木さん速報
目玉の「超GANTZ BONUS」に病みつきになる人が続出し、「小当たりRUSH」ブームの火付け役となった一台。出玉だけでなく演出の作り込みも評価されている。新基準機にしては珍しく増台されたことでも話題となった。

『CRF戦姫絶唱シンフォギア』(SANKYO)

3:風吹けば名無し:2017/10/23(月) 10:35:27.32 ID:DvBQduwRx.net
一日中打ってられるわ

4:風吹けば名無し:2017/10/23(月) 10:35:53.40 ID:f92L5stxp.net
なんか評判ええみたいやな

出典:スロパチ乱舞
RUSH継続率約80%を誇る1種2種混合機。演出パターンが多彩で、発生すれば大当たり濃厚となる必殺技なども存在。「一日中打っていられる」とベタ褒めする声も上がっている。

『CRぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ』(京楽)

5:2017/10/27(金) 19:05:37.46 ID:41y7P1bC0.net
まどマギの方がマシじゃない?

6:2017/10/27(金) 19:11:27.23 ID:ms4hs1kCd.net
シンフォギアは全然勝てないからまどマギかな

出典:スロパチランド
良台・神台を議論するスレで、前述の『CRF戦姫絶唱シンフォギア』の対抗馬として挙げられた機種。こちらもRUSH継続率約80%の1種2種混合機である。時短回数の変動を活かした演出が高く評価されている。

『CRぱちんこ必殺仕事人V』(京楽)

現時点では『時短もあるから確変入らなくてもチャンスあるし良い』『北斗より全然打てるよ。中身はシンプルで好きだな』『小当りラッシュは、ガンツのエクストラより穏やかだけど十分だね』というスペック面を褒める声が多いです。
あとは演出面に関する『弱いリーチでも適度に発展してくれるのは良いね』『強演出のバランスが良いと思う。シリーズを踏襲しているしファンも納得だよ』というものや、『昔の享楽が戻ってきた感じで嬉しい』という意見も目立ちます。演出バランスも良く、昔の京楽を思い出させる楽しい台なのでしょう。

出典:ビジネスジャーナル
さらに、京楽からもう一台。安定感のあるスペックとバランスの取れた演出で好評を博した。京楽は一時倒産の噂すらあったが、2017年は見事に復活の年となったと言えるだろう。

『ぱちんこCR聖戦士ダンバイン』(サミー)

まずST中の1回転あたりにかかる秒数は1秒を切ります。
次に、どんなに長いリーチも最大で10秒程です。※残り5回転演出を除く
そして最後にサミーさんお得意のZEROアタッカーで超高速ラウンド消化。

この超スピードシステムにあの破格の大当たり確率が絡み合い、とんでもない最速ドル箱建設機となります。
ピーク時には店員さんがかわいそうになるくらい呼び出しボタンを押す必要がありますからねw

もちろん、超高速ゆえに駆け抜ける時は悲惨なものですが…そこはあの高継続率が中々そうはいかせてくれませんけどね!安心してください。
※もちろん筆者も駆け抜けは経験してますけどね

出典:パチンコ&パチスロ新台・攻略情報サイト【パチ7】
90%オーバーという驚異の継続率を有するST機。演出・ラウンド中ともに消化スピードが尋常でなく、短時間でドル箱を積み上げることが可能となっている。爽快感は随一。

 

これら「神台」と呼ばれる機種たちを、今年の新台は超えることができるのだろうか? 各メーカーの創意工夫に期待しよう。

TOP:YouTube

【IR推進法】『IR実施法案』は? そんな一進一退のカジノについてまとめてみた

ir0214
2016年に大きな話題となったカジノ法案。未だに「どこに建てる」という確定情報が出てこないが、2020年の東京五輪に間に合わせる気はあるのだろうか?

法案成立から1年以上

カジノを日本で実施するには2つの法案を成立させなければならず、1つ目のカジノを日本の成長戦略として推進する『IR推進法案』は2016年末に成立しています。ただ、IRを整備するための具体的な制度設計を示す『IR実施法案』が今回の衆議院解散により先延ばしに。

出典:ビジネスジャーナル
2016年に「IR推進法」が成立したが、これだけではカジノは作れない。より具体的な「IR実施法」が必要なのだが、2017年内には成立せず、今年2018年にまでもつれこんだ。

依存症対策が強化

カジノ反対派・慎重派の理解を得るためか、推進派は実施法案の成立に先駆けて、ギャンブル依存症対策を強化。2月1日に施行された規制(風適法施行規則の改正)もその一環である。

パチンコはギャンブルじゃないのに……

パチンコがギャンブルでない以上、政府は表立ってギャンブル依存症対策をすることはありません。それなのに、カジノができるからギャンブル依存症対策でパチンコの出玉規制強化を行うというのは、これもまたチンプンカンプンです。カジノはパチンコ業界のパンドラの箱を開けているようにしか思えません。

出典:マネーボイス
法律上、パチンコ・パチスロは「遊技」であって「賭博」ではないことになっている。ギャンブル依存症強化としてパチンコ・パチスロが規制を受けるのはちょっと納得しがたい話ではある。

パチメーカーはカジノマシンを作るのか?

『北斗の拳』シリーズを手掛ける最大手パチンコメーカー「サミー」は今年4月、韓国初のカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)「パラダイスシティ」を韓国「パラダイス社」と共に開始した。「exciteニュース」の取材によると、サミーの里見治会長兼社長は「日本のIRは日本企業がきちんと運営していく必要がある」と述べた。また、IRに関して「ノウハウは日本企業の中でどこよりも持っている」と将来の日本IR事業参入に向けて、自信とやる気を伺わせた。

出典:ビジネスジャーナル
ユニバ元会長の「オカダマニラ」やサミーの「パラダイスシティ」など、大手パチメーカーはすでに海外でカジノ(IR)運営の実績を持っている。日本国内でカジノができるとなれば、一枚噛もうとしないほうがむしろ不自然であろう。

アメリカの企業が大阪へ進出か

 米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナルのジェームス・ムーレン会長兼最高経営責任者(CEO)は6日、大阪市内で事業説明会を開き、日本国内での展開を目指すカジノを含めた統合型リゾート(IR)について「大阪(進出)を強く考えている」と語り、大阪府・市が誘致を目指す大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)を最有力候補地にしていることを明らかにした。

出典:Yahoo!ニュース
2月6日、アメリカの大手カジノ企業が「大阪の人口島・夢洲への進出を考えている」ことを明らかにした。これが日本第1号のIRとなるのだろうか?

 

一見、遅々としているように見えるカジノ関連の動きだが、もしかしたら「五輪終了後の外国人観光客誘致策」として、温存しているのかもしれない。偉い人たちは常に先のことを考えているはずである。

TOP:YouTube