サンセイR&D

【神台?】2020年も個性あふれる新台が続々とリリースされるようです

kamidai0107
2019年は65%規制やヘソ賞球規制などが緩和され、パチンコ開発の自由度が大きく上がった。そして今年、2020年も個性的なパチンコ新台が続々とリリースされるようなので、まとめてみた。

「P闘将覇伝」

66:2019/12/10(火) 03:39:38.60
鳳凰と並べて設置して戦わせたい

68:2019/12/10(火) 23:11:11.25
>>66
これ、鳳凰vs闘将覇伝やる店があったら行くわ

出典:パチンコ・パチスロ.com
2月3日、ジェイビーよりリリース予定。ガチ抽選役モノを搭載した一種二種混合機。
初当たり確率は1/319.6で、通常時は7セグでの演出が展開される。初当たり後の大半は「役モノチャンス1回+残保留4個」となり、三段スパイラル役物を突破してV入賞すればRUSH突入。残保留は小当り(約1/3)当選で役モノチャンスとなるので、トータルでの突入率は約53%、RUSH中は「役モノチャンス4回+残保留4個」で、引き戻し含めた継続率は約83%とされている。

「Pホームランキング」

新内規 へそ3個賞球 6段階設定付き
一種二種混合タイプ

・直当り/直当り+小当り
設定1 1/319.6 1/99.9
設定2 1/278.8 1/95.5
設定3 1/238.3 1/90.2
設定4 1/211.4 1/86.1
設定5 1/192.7 1/82.8
設定6 1/170.2 1/78.3

出典:モード1.0のブログ
3月2日、アムテックスよりリリース予定。驚異の盤面「クギナイン」を搭載した6段階設定付きの一種二種混合機。
なんと打ち出し開始からヘソまでの主要箇所に釘がないという。回転数で差がつかない為、純粋に設定での勝負となるようだ。通常時のデジタル抽選(直撃)の確率は設定1で1/319.6、設定6で1/170.2、直撃と小当り経由でのV入賞の合算は設定1で1/99.9、設定6で1/78.3となっており、直撃の設定差が非常に大きい。

「P笑点」

どうみてもジャグラーです。
本当にありがとうございました。

出典:スロとろ特盛
3月2日、サンセイR&Dよりリリース予定。6段階設定付き、確変・電サポ無しのAタイプパチンコ第二弾。
通常時から右打ちする仕様で、電サポによる連チャンがない為、大当たりを刻んでじわじわと出玉を伸ばしていくことになる。大当たりはBIG・REGの2種類で、BIGは1/282.2(設定1)~1/231.9(設定6)、REGは1/426.0(設定1)~1/232.0(設定6)。REG確率の設定差がパチスロの「ジャグラー」によく似ている。

「P天昇!姫相撲」


3月2日、Daiichiよりリリース予定。
まだ詳細は不明だが、なんと12分で万発、時速5万発という圧倒的な出玉速度を有しているとの噂。出玉率は規制されているはずだが、一体どうやって検定を通したのだろうか……?

「PAデカチリラッシュ」

新内規 へそ1個賞球 2段階設定付き
小当りRUSH搭載 確変ループタイプ

・大当り確率/高確率
設定1 1/99.9 1/25.1
設定6 1/79.9 1/20.1

出典:モード1.0のブログ
メーシーより3月にリリース予定。2段階設定付き、小当りRUSH搭載の確変ループタイプ。
ヘソの賞球が1個となっており、通常時の玉持ちが抑えられている分、甘デジらしからぬ爆発力を秘めているらしい。設定は2段階のみだが、初当たり確率・RUSH突入率・継続率のいずれも上の設定のほうが優遇されているので、よく当たっている好調台を狙うのが有効となりそうだ。そして、なぜデカチリをこのタイミングで、パチンコとして復活させたのかが気になるところだ。

 

デジタルとアナログを融合させた一種二種混合機が出るかと思えば、「クギナイン」だの「時速5万発」だの、2020年2~3月の新台は個性的な機種が多い。さらに、今年の持ち込み分からは、時短に関する規制も緩和され、またも開発の自由度が上がったパチンコ。その未来は案外明るいのかもしれない。

■□関連記事□■
【天井時短!?】規制緩和でパチンコがスゴイことになるってマジ!?

TOP:YouTube

【大連チャン】高継続の甘デジ新規則機をまとめてみた

amadeji1216
軽く当たって、長く続く。そんな都合のいい展開に期待できてしまうのが高継続タイプの甘デジである。無論、大当たり1回あたりの出玉はライトミドルやミドルには及ばないが、連チャン数次第では一撃万発も十分狙える。まずは現役の高継続機を見ていこう。

『PAストライクウィッチーズXBD』


SANYOが7月にリリースしたV確STタイプ。6段階設定付きで、初当たり確率は1/99.9~1/87.7、ST継続率は約77~81%。40回の時短中に引き戻すことでSTに突入する。

『Pターミネーター2~連撃FULL AUTO VER.~』


平和が7月にリリースした10回リミット付のV確変タイプ。6段階設定付きで、初当たり確率は1/119.8~1/94.9、トータル継続率は94.7~95.2%。ヘソ大当たりの35%で確変に突入する。

『PA巨人の星~栄光の軌跡~Light version』


サンセイR&Dが8月にリリースしたV確STタイプ。4段階設定付きで、初当たり確率は約1/79.9~1/69.0、ST継続率は約80.0~84.5%。時短引き戻し含め約42.9~47.3%でSTに突入する。

『ぱちんこ ウルトラセブン2 Light Version』


京楽が9月にリリースしたV確STタイプ。6段階設定付きで、初当たり確率は1/99.9~1/89.9、ST継続率は約84.6~87.5%。ヘソの振り分け2%を直撃するか、40回の時短中に引き戻すことでSTに突入する。

『ヱヴァンゲリヲン13 プレミアムモデル』


ビスティが9月にリリースしたV確STタイプ。6段階設定付きで、初当たり確率は1/99.9~1/83.7、ST継続率は約86.0~90.4%。ヘソの振り分け10%を直撃するか、30回 or 100回の時短中に引き戻すことでSTに突入する。

 

続いては、今後導入予定の新台をまとめてみた。現行機はV確STタイプが中心だが、今後は1種2種混合タイプも増えてくるようだ。

「PA新鬼武者 狂鬼乱舞」

■PA新鬼武者 狂鬼乱舞 (OK!!)
新規則 新内規 へそ3個賞球
6段階設定付 一種二種混合タイプ
・RUSH突入 約49.7%~52.3%
・RUSH平均継続 約90%

出典:モード1.0のブログ
オッケー(京楽ブランド)より2020年1月リリース予定。平均継続率約90%という強力スペックと出玉速度でユーザーを魅了した『ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞』(初当たり確率約1/319.9)の甘デジ版である。
本家のミドル同様、時短回数による継続率変動型で、約90%という平均継続率の高さは健在。今作は6段階設定付きで、初当たり確率は約1/99~1/73。設定が高いほど早い初当たりと長い連チャンに期待できるので、設定推測要素も気になるところだ。

「PAゴッドイーター 99ver」

『Pゴッドイーター』(サンセイ)
☆新内規:ヘソ3個
2月17日導入 計3,000台予定

《デジハネ》
大当たり確率:1/99.9→1/1.46
突入率:50%
継続率:90%

出典:パチンコ・パチスロ.com
サンセイR&Dより2020年2月リリース予定。出玉スピードの速さが話題となった『P GOD EATER‐ブラッドの覚醒‐』(初当たり確率1/319.68または1/199.8)の甘デジ版。継続率は約90%を誇る。これで「Pゴッドイーター」シリーズはミドル・ライトミドル・甘デジが揃う形となった。
本家のミドルと同様、RUSHは時短1回転+残保留1回転のわずか2回転で継続か否かが決する模様。甘デジでも出玉スピードの速さに期待したい。

「PAルパン三世-神々への予告状-(甘デジ)」

平和からPルパン三世-神々への予告状-(甘デジ)が発売・導入されます。
型式に関しては「Pルパン三世LAST GOLD 9AU1」に対応した機種となっています。
スペック面に関しては、初当たり確率が約1/100の甘デジタイプ。
一部で直撃も存在するものの、基本的には初回突破型のV-ST機となっています。

出典:パチンコ新台ガイド
平和より2020年2月リリース予定。6段階設定付きのライドミドル『Pルパン三世~神々への予告状~』(初当たり確率1/199.8~1/171.5)の甘デジ版である。
今作は設定非搭載だが、初回突破型のV確STタイプという点は共通。ST継続率は約90.2%を誇る。ラウンド数の振り分けは2Rが中心なので、いかに連チャンできるかが勝負の分かれ目となるだろう。

 

今後の新台は、規制緩和された「ヘソ3個賞球」を採用している点にも注目したい。通常時の玉持ちを抑えた分、右打ち中の出玉性能がアップしている模様。多くの台が初回突破型のゲーム性だが、一度RUSHに入れば甘デジらしからぬ出玉を体験できるかもしれない。

TOP:YouTube

【サンセイR&D】『P牙狼コレクション』の実戦報告まとめ

garoc1107
11月5日、サンセイR&Dのパチンコ新台『P牙狼コレクション』がリリースされた。歴代牙狼シリーズの演出が楽しめるオールスターマシンだが、最も注目を集めていたのはヘソ釘の幅。なんと従来の約1.5倍もの幅を誇る「超ドデカスタート」を搭載し、「回らないとは言わせない!」というキャッチフレーズで売り出されていた。

『P牙狼コレクション』スペック

本機はAタイプの6段階設定付きパチンコ。潜伏STは搭載しているが、電サポ機能は非搭載だ。本機一番の特徴は、通常のスタートチャッカーの約1.5倍のサイズを誇る「超ドデカスタート」である。これにより、従来機に比べて格段にデジタルが回りやすい仕様となっている。また、本機では「CR牙狼魔戒閃騎鋼」「CR牙狼FINAL」「CR牙狼金色になれ」のRUSH中演出が150回転1セットで進行する。過去に味わったST中のような感覚を楽しもう!

出典:パチ7
本機は電サポ非搭載の「Aタイプパチンコ」。
6段階設定付きで、初当たり確率は1/179.55(設定1)~1/129.77(設定6)。
全設定共通で20.3%の確率で50回の潜伏STに突入。
ST中の大当たり確率は1/89.77(設定1)~1/64.88(設定6)。
要するに、設定が高いほど初当たりが引きやすく、連チャンもしやすいということである。本機のSTは電サポが付かず、見た目では通常状態かST状態かわからない。大当たりは「GARO牙チャ」「REG」「BIG」の3種類で、GARO牙チャ後はST濃厚だが、REG・BIG後もSTの可能性がある。大当たり終了後50回転は回してからヤメるのが賢明であろう。

電サポがなくても、広いヘソ幅がある。設定や引きに恵まれれば順調に出玉を増やしていけるはずなのだが……導入直後の評価・感想を見てみよう。

「超ドデカスタート」なのに回らない!?

752:2019/11/05(火)
一台相手座ったけど1k22回転、、、おかしいだろ
他の台とかわんねぇよこれ

755:2019/11/05(火)
>>752
早速回らないと言わせてるじゃねぇかサンセイさんよぉ

769:2019/11/05(火)
15時オープンで5台中2台も空いてるとおもったらやっぱり
1k目25回転、2k目26回転で苦笑するしかなかった 頭おかしいだろ

出典:鈴木さん速報
本機のボーダーラインは、等価交換、大当たり出玉削り無しで47.5回転(設定1)~34.1回転(設定6)とされているが、30回転を下回る台が散見されているようだ。台によっては玉がヘソまで届かず、いくらヘソが広くてもそのポテンシャルを活かせないらしい。

ヘソは広いが隙間も広い?

打ってきたけど30回転/k中心に±10でブレてたわ
ヘソはデカいんだが道釘辺りの隙間もデカいからポロッポロ零す
アタッカー周りはTOG仕様でポケット3賞球でこぼし無しだから一応増える要素あり
オーバー入賞も天井擦りやすいから牙チャ大当たりでの上アタッカー開放時はオーバー入賞は楽

出典:ぱちんこドキュメント!!
回らない原因のひとつはヘソまでの道釘で、玉が隙間に落ちてしまう模様。本機は電サポ非搭載かつST突入率も低いため、一撃の連チャンで勝てる見込みは低い。確変割合20%の平均連チャン数は1.25連である。
回らなければ勝ちにくく、楽しめないので、回転数はしっかりとカウントしたほうがいいだろう。なお、一般的な台と比べてムラも大きいようなので、早合点は禁物である。

歴代牙狼シリーズの演出を搭載しているが……

824::2019/11/05(火)
演出バランスほんとおかしいとおもう

826: :2019/11/05(火)
あと先読み4緑保留程度じゃテンパイすらしない
ファイナル選択時に鋼の「月満つる夜に~」がきて外れる
矛盾で当確とかにしとけばまだ面白かったのに
ほんとセンスないよ

出典:スロパチ乱舞
演出については評価する声もあるのだが、批判的な意見のほうが多いようだ。過去の牙狼シリーズの演出が楽しいという声がある一方で、淡泊だとか演出バランスがおかしいといった声も上がっている。せっかくの「コレクション」を活かし切れていないのかもしれない。では、肝心の出玉性能は……?

高設定なら3万発出るらしい

812:2019/11/06(水)
これが設定6の威力か
36台台中ちゃんと出てるのこれだけ
35000玉出てる

813:2019/11/06(水)
>>812
36台のデータをサイトセブンで探した結果な

出典:パチンコ・パチスロ.com
回らない、演出も微妙と言われている本機だが、コンスタントに当たりを引き続ければ、3万発以上の出玉を獲得することも可能なようだ。高設定で回る台を見つけるのは至難の業だが、狙ってみる価値はあるのかも知れない。

 

『P牙狼コレクション』の一撃性能は決して高くないので、初当たりをテンポよく引くことで出玉を増やすしかない。すなわち、回るか否かや設定状況が他の台よりもダイレクトに勝敗に影響する。なので、牙狼愛があり、本機のコンセプトを理解していると思しきホールで打つことをおすすめしたい。

TOP:YouTube

【神台?】個性あふれる尖ったパチンコが続々とリリースされるようです

togatta0913
パチンコも個性の時代に突入か? 今後リリース予定の新台が尖ったものばかりで目移りする。それも通り一遍の尖り方ではなく、盤面が特殊だったり異色過ぎるコラボだったりと、本当に変化球だらけなのである。

『羽根モノ スカイレーサー』


10月15日、ジェイビーよりリリース予定。設定付きの羽根モノは業界初! V入賞ルートと直撃ルート、2つの大当たりルートがあり、直撃の確率に大きな設定差があるという。何より目を引くのが盤面中央の役物。昭和の元祖「羽根モノ」を打っていた世代には懐かしくてたまらないはずだ。

■□関連記事□■
【取材】遊技機のルーツを探る!パチンコ博物館で過去の名機にふれてみた

『P華牌R~猿渡翔がローズテイルにやってきた~』

本機は、大当たり確率129.8分の1~106.9分の1、6段階設定搭載の甘デジタイプで登場します。確変割合は80%、転落確変タイプです。

出典:パチンコ業界ニュース
11月5日、豊丸よりリリース予定。麻雀パチンコ「華牌」シリーズの主人公・猿渡翔と、萌えパチの先駆け的存在「CRローズテイル」のキャラがコラボ。ローズテイルの「のばら」は現在、豊丸の公式ツイッターも担当している。今はなきメーカーのキャラが復活、そしてオリキャラ同士のコラボはかなり珍しいのではないだろうか。

『Pほのかとクールポコと、ときどき武藤敬司』

新生遊moreコレクション最終章─────

ただ頂を目指して乗り越えろ。仲間とともに。業界初”百人一首パチンコ”いきます。姫・ほのか、坊主・クールポコ。小野まじめ、殿・クールポコ。せんちゃん、ときどき蝉丸・武藤敬司。

出典:ぱちんこキュレーション
豊丸はもう一つ、超異色のコラボを用意している。女性タレント「ほのか」・お笑い芸人「クールポコ」・プロレスラーの「武藤敬司」という、あまりにもカオス過ぎるコラボ。しかも題材は「百人一首」!? ……撮影風景がどんな雰囲気だったのか気になって仕方がない。リリース日もスペックもゲーム性も現在のところ不明。謎が謎を呼ぶ機種である。

『P牙狼コレクション』

歴代牙狼の右打ち演出を搭載した設定付きAタイプパチンコ!

ヘソは超ドデカスタートで従来比約1.5倍。

通常時は8個保留。保留7、8個目は約1.2秒消化の「速ZONE」へ。広いヘソと速ZONEによりパチスロ並の回転力「時速600回転」を実現!

出典:ちょんぼりすた
11月5日、サンセイR&Dよりリリース予定で、設定付きAタイプパチンコと称されている。パチンカーなら気にせずにはいられない「ヘソ」が従来比で約1.5倍に広がっており、保留は8個まで貯蓄可能。パチスロ並みの回転力を有しているだけでなく、変動スピードも速いらしい。(MAXタイプ全盛期の)王者「牙狼」がこんな変わり種を出してくるとは驚きである。

『P忍者ハットリくん4-決戦!サイバーからくり城の巻-』

681::2019/09/01(日)
1/5.3を7回で76%
1/5.3を4回転で当たるのが56%
当たった時の残り保留は電サポ発動さえしなければ消化してもカウントされないとか?

682::2019/09/01(日)
1回転目を当たっててもパンクさせるとかさ

684::2019/09/01(日)
100%突入ってことはハーデスとか亜人みたいなチャッカー仕様か?

出典:パチンコ・パチスロ.com
11月5日、Daiichiよりリリース予定。「ハットリくん」は同社の人気シリーズだが、新規則機ではこれが初。打ち手の任意で「高継続ループタイプ」と「一撃高出玉タイプ」を選択できるらしい。一体どうやってそんな仕組みを実現しているのか? ネット上では憶測が飛び交っている。

「P亜人」


11月5日、平和よりリリース予定。ミドルスペック『P亜人~衝戟の全突フルスペック!~319ver.』と、ライトミドルスペック『P亜人~衝戟に備えろ!~199ver.』の2バージョンがある。ヘソの入賞先が振り分けられる「トリプルポケット」が「何これ!?」と話題。中・右に入ると通常のスタートで、左に入ると電チュー開放チャンスとなるらしい。

『CRマッハGoGoGo GP7000』

最強最速の一撃タイプ
大当たりは全て2100発OVER
時短100回を突破出来れば「2100発+7000発」
最後の一撃、ここに極まる

出典:ぱちんこキュレーション
七匠より11月5日リリース予定。レースアニメの元祖「マッハGoGoGo」とのタイアップ機。新台のほとんどが新規則機となった中、本機は「CR」つまり旧規則機である。大当たりは全て2100発オーバー、さらに時短突破で+7000発!? 出玉がマイルドになりつつある現在において、数少ない爆裂機として注目されそうだ。

 

各メーカーのチャレンジ精神が伝わってくる、バラエティー豊かなラインナップ。この秋~冬は新鮮な気持ちでパチンコを楽しめそうだ。

TOP:YouTube

【サンセイR&D】『P牙狼冴島鋼牙XX』の実戦報告&確率まとめ

garo0710
7月8日、サンセイR&Dのパチンコ新台『P牙狼冴島鋼牙XX』がリリースされた。継続率80%・オール最大ラウンドといういかにも「牙狼」らしいパワフルなスペック。牙狼シリーズ初のミドルスペック新規則機ということもあって導入前から注目を集めていたが、実物の演出や出玉性能はどうだったのか? 導入直後の評価・感想・実戦報告をまとめ、さまざまな確率も計算してみた。

『P牙狼冴島鋼牙XX』のスペック

サンセイR&Dより牙狼シリーズ最新作『P牙狼冴島鋼牙XX』が登場。本機は大当り確率1/319.68のV確STタイプで、160回のロングSTを搭載しており、全大当りが10R固定(約1500個)の一撃性の高いスペックとなっている。

初当りからのST突入率は33.2%。通常大当りの場合は100回の時短へ突入するのだが、ここで引き戻せればST突入濃厚だ。時短引き戻しも考慮したトータルのST突入率は51.2%となる。

出典:パチ7
『P牙狼冴島鋼牙XX』は初当たり確率1/319.68のV確STタイプ。初当たりは振り分け33.2%でSTに突入、66.8%の通常大当たりでも100回の時短で引き戻せばST突入となり、トータルでの突入期待度は約51%。STは大当たり1/99.75で160回、継続率は80%。すべての大当たりが払い出し1500個の10Rなので、振り分けの偏りを気にしなくて済む。

伝説の初代「牙狼」を彷彿とさせる明快なスペックだが、果たしてユーザーの反応は?

通常時は静かで賛否両論

92: 名無しさん@ドル箱いっぱい 2019/07/08(月)
通常静かでこれは良いんじゃないの?
何も起こらないくらいが今はちょうどええわ

95: 名無しさん@ドル箱いっぱい 2019/07/08(月)
>>92
静かでいいが、ガセ発展もマジでおこんないから演出何も見れないぞ。折角の新台なのに俺800回して牙狼SPゼロだったし。はいわろレギュレイスみたいなのもこないからな

102: 名無しさん@ドル箱いっぱい 2019/07/08(月)
>>95
それ辛いな
甘デジとかならこのバランスいいなって思うけどミドルじゃ賛否出てくるわな

出典:鈴木さん速報
通常時は演出があまり発生せず、かなり静からしい。当たらないガセ発展も起こりにくく、熱い時は熱いというバランスに対して、「このぐらいで丁度いい」という声もあれば、「演出が見られなくて辛い」という声もある。賛否分かれるところだが、長くハマった時は苦行かもしれない。

シンプルな保留変化は好評?

スペックも現行では良スペだし
コンテンツも良し
通常時の演出もわかりやすくて良い!
当たらないのに演出が賑やかすぎる
最近の新台はお腹いっぱい。
当たりの時は派手に。
ハズレの時はサクサクと。

出典:P牙狼冴島鋼牙XX 掲示板
最近の台は通常時が無駄に賑やかで、保留変化も多彩なものが多い。それに対してこの「P牙狼」はあっさりしていて、保留変化も回転保留(5.2%)・牙狼剣保留(51.9%)・GARO保留(81.0%)・牙狼リール保留(85.2%)の4種類のみ。近年の煽り方に辟易していたユーザーには好評のようだ。しかし……。

STの消化スピードが遅すぎる……

STダルすぎだろ。
継続率のために他の全てを犠牲にした台って感じ。
初代打ちたいなー

ST消化遅すぎ、演出長すぎ、牙狼と言えばスピードが売りだったのにまったくスピード感がない!ST入ったけどテンパイすらせずにスルーしたわ!話にならん、ゴットイーターのがスピード感あるわ。

出典:ちょんぼりすた
通常時の演出は「あっさりしていて良い」というプラス評価もあったが、STに関してはマイナスの評価ばかり。「ダル過ぎる」とか「まったくスピード感がない」などと酷評されている。さらに……。

ST中は「赤」でもガセる模様

182:2019/07/08(月)
STの赤予告でガセにした理由とは一体?
今まで散々緑予告止まりでガセor当たりってバランスだったのに

210:2019/07/08(月)
やっぱりstの遅さがきつかった、、、仕置人が反動でめっちゃ流行りそう

235:2019/07/08(月)
右打ちの遅さは仕方無い
ただめちゃ単調なのとやっぱり赤系でリーチかからずは失敗じゃねえかなあ

出典:スロパチランド
ST中の演出に関して特に多かった不満が「赤系の予告でテンパイすらしないことがある」というもの。新規則機ゆえに、消化が遅いのは仕方ないと受け入れているユーザーでも、この仕様は「失敗だったのでは」と指摘している。

STの演出はどっちがおすすめ?

267: 名無しさん@ドル箱いっぱい 2019/07/08(月)
今日打ってる人、STは99バトルかキババトルどっちがオススメですか、99秒バトルだけ煽り過ぎてシンドかった

271: 名無しさん@ドル箱いっぱい 2019/07/08(月)
>>267
完全に99バトル
キバは鋼牙とカオルのガセが永遠に見せられてダルい。テンパイ後もラウンド初代バトルを永遠に繰り返すから飽きる

289: 名無しさん@ドル箱いっぱい 2019/07/08(月)
>>267
キバ二度とやりたくないわ
キバは何でテンパイするかイマイチわからんしバトル単調だし
ガセでもいいから99秒で斬馬ゾーンとか来る方がマシだった

出典:スロログ
ST「至福ノ刻」は演出パターンを選択可能。伝説のキババトルを継承した「宿命バトル」と、バトル突入でチャンスとなる「99.9秒バトル」の2択だが、ネット上では99.9秒バトルのほうが好評なようだ。宿命バトルは「どんな予告でテンパイするかよくわからない」とか「単調」と言われている。

初日から大量の万発報告!!一撃46000発も!?


継続率80%のSTはやはり強力。初当たり分の出玉を含めた払い出しが万発を超える6連の確率は約26.2%。STに入りさえすればおよそ4回に1回は万発というわけである。ちなみに、上記にあるような初当たりを含めた14連の確率は約5.5%。わりと現実的な数字だ。さらに……。
 


なんと、一撃46000発という大記録も報告されている。この出玉感はさすが「牙狼」と言ったところか。ちなみに、初当たり込みの34連が起こる確率は、およそ0.063%である。しかし、ここでも指摘されている通り、やはり消化スピードに牙狼感は無いらしい。一方……。
 

830: 名無しの養分さん 2019/07/09(火)
960ハマりからの4連単ありがとうございました。
心置きなくパチンコやめれますわ。

出典:ぱちとろ速報
大勝ちがあれば大負けもある。960回転、約3倍ハマリの確率はおよそ4.94%。ST突入率は時短引き戻し込みで約51%だが、直撃は33%しかないので、単発の連続に苦しめられることも少なくないようだ。

 

『P牙狼冴島鋼牙XX』は爆発力があるスペックだけに、STの消化スピードが遅いのは気になるところ。夕方以降に打ち始める場合は、閉店時間を気にしておいたほうがいいだろう。

TOP:YouTube

【サンセイR&D】『P GOD EATER-ブラッドの覚醒-』の実戦報告&確率まとめ

gode0411
超高継続機、降臨! サンセイR&Dのパチンコ新台『P GOD EATER-ブラッドの覚醒-』が4月8日にリリースされた。継続率91%(ミドルスペック)という強力なRUSHを搭載。しかも、その消化スピードが相当速いらしいとの噂で、導入前から話題になっていたが、初打ちの手応えはどうだったのだろうか? 導入直後の評価・感想・実戦報告をまとめ、様々な確率も調べてみた。

『P GOD EATER-ブラッドの覚醒-』スペック

人気ゲーム「ゴッドイーター」シリーズのタイアップマシン。本機は大当り確率1/319.68のミドルスペックで、初当りはすべて10R大当りに。その50%で時短「神バトルRUSH」へ突入するぞ。神RUSHは91%という高継続率を誇っており、RUSH中の大当り(実質10 or 7 or 4R)は必ずRUSH突入となるので、一旦突入すればロングループ&大量出玉獲得の可能性大となる。

出典:パチ7
『P GOD EATER-ブラッドの覚醒-』は初当たり確率1/319.7のミドルスペックと1/199.8のライトミドルスペックが同時に登場。ミドルはRUSH突入率50%・継続率91%、ライトミドルは突入率60%・継続率87.2%で、いずれも継続率の高さが売りの1種2種混合タイプとなっている。
継続率91%の平均連チャン数は11.1連! RUSHはわずか2回転(期待度70%×2回)で決着する構成なので、かなりのスピードで連チャンを味わえそうだ。

出玉速度は前評判通り

334: :2019/04/08(月)
39連表記21000発出た、速いのは噂通りだな、ポケットの調整次第でボーダー結構変わると思う。打った台は結構入ったから実際ボーダーかなり下がるな

425: :2019/04/08(月)
確変打てたけどむちゃくちゃ速いな
これならダンバイン無くなっても打てるわ

出典:スロパチ乱舞
出玉スピードは導入前から期待されていた通り、相当早いようだ。わずか30分少々で万発を超えたとの報告もある。RUSHの1回転目、わずか10秒で決まる「10カウントチャージ」が大きく貢献しているものと思われる。ちなみに、継続率91%で上記にあるような39連が起こる確率は2.52%である。

ただし出玉は少ない

302: 名無しさん@ドル箱いっぱい 2019/04/08(月)
継続率は良いけど出玉がショボ過ぎるわね

304: 名無しさん@ドル箱いっぱい 2019/04/08(月)
ミドルで36連51連撃位で19700発消化に1時間だった

305: 名無しさん@ドル箱いっぱい 2019/04/08(月)
>>304
そんだけ連して20000発かぁ…
奇跡に近い連でそれだと、俺には無理そうだ

出典:スロログ
継続率が高く、スピードも速い分、RUSH大当たり1回あたりの出玉は少なめ。両スペック共に振り分け70%で4R、払い出しはミドルで約400個、ライトミドルで約288個となっている。連チャンすることを前提とした振り分けと言えるだろう。

振り分け次第で一撃4万発オーバーも!?

443: 2019/04/08(月)
初打ち。先読み無し煽り無し、料理ミッションで☆貯めていくやつでMAXからの4ライン崩壊LV3で当たり25連15k発で楽しかった
先読み無くても当たるし、右打ち中は☆4.5来てもCu1個あれば倒せるし割と好きかも
通常地獄食らったら糞台認定認定しそうだけどさ

445: 2019/04/08(月)
25連で15000発ってすげえ引きだな
普通なら12000発くらいだろ

出典:ぱちんこドキュメント!!
RUSHはただ継続させるだけでなく、7Rや10Rの振り分けをいかに引き当てられるかが出玉の鍵となる模様。
継続率91%が20連する確率は15.1%、30連は5.9%。十分現実的な数字だが、10Rや7Rをどれほど引けるかで出玉には差がつきそうだ。また、導入初日にして一撃4万発オーバーを叩き出した猛者もいるらしい。しかし……。

パンクに注意!

686: 名無しさんに終わりがきます 2019/04/09(火)
ぼーっとしてたら玉詰まって転落した。

712: 名無しさんに終わりがきます 2019/04/09(火)
ライトミドル35連12000発 とりあえずドル箱式の店でこれ打つのは辞めといた方がいいな 連チャンしたら高頻度で店員呼ばなきゃいけなくなるから危うくパンクしかけたわ

出典:スロメ!
『P GOD EATER-ブラッドの覚醒-』は1種2種混合機であり、RUSH大当たり時は制限時間内にV入賞させなければパンクしてしまう。テンポが早いだけに、パンクには重々注意していただきたい。そして、当然のことながら……。

ハマリもあり得る

341: 名無しさんはもうだめです。 2019/04/08(月)
当たるだけマシやん わい一人で1100ハマりなう

406: 名無しさんはもうだめです。 2019/04/08(月)
一人で1500ハメてやっと当たった…

神器保留からストーリー発展してそれまでストーリー10回くらい外してたからオワタ…って思ったら文字が虹で泣きそうになった

13連6000発 もうええわ

出典:パチンコ激震速報
どんな台でも通常時の大ハマリは起こり得る。ミドルスペックの場合、上記にあるような1500ハマリが起こる確率は約0.914%。甘デジの465ハマリとほぼ同じ確率なので、珍しいことではない。一応は覚悟しておいたほうがいいだろう。

通常時は緑保留でも当たる

230: 2019/04/07(日)
通常時は4大演出待ちでいいと思うけど緑保留とか赤系演出結構意外なところからあっさり出てくるから割と嫌いじゃない
サンフラ乱舞でやってたけど確変入る時はサンフラか4大演出複合のどっちかがほぼ絡んでたかな
一度だけどっちも無しで虹テロップから当たって確変入ったけど虹は確確なんだろうか
振り分け負けせずに10カウントで当てまくってると凄く楽しい

231: 2019/04/07(日)
四大神系予告が2つ以上出るとRUSH濃厚って雑誌に書いてあった

出典:ねくすとフェーズ
連チャン性能にばかり目が行きがちだが、軽視できないのが通常時の演出バランス。ネットの評判を見る限り、『P GOD EATER-ブラッドの覚醒-』は最近の新台でありがちな「激熱演出が複数出ないと当たらない」バランスではなく、意外なところからあっさり当たるらしい。
上記にある4大神演出とは「神群演出」・「神速神撃演出」・「金色荒神リーチ」・「神熱演出」で、複合すればRUSH突入濃厚と噂されている。

 

パンクや通常時大ハマリという悲劇は起きているものの、連チャン性能や出玉スピードは前評判通りで、演出バランスもわりと好評。この経験が次の牙狼新台に活かされるのかどうかが気になるところだ。

TOP:YouTube

【爆連チャン】パチンコ新規則機「継続率」ランキング

keizoku0327
MAX時代の再来……とまではいかないものの、大当たりの連チャンを楽しめるパチンコ新台が増えてきている。パチンコの楽しみを連チャンに見出すユーザーには朗報と言えるだろう。そこで、高継続を誇る新規則機のスペックを調査し、確変やSTなどの継続率ランキングを作ってみた。

 

【対象機種】(導入日順)

  • Pフィーバー蒼穹のファフナー2(2月4日)
  • P寄生獣(2月4日)
  • ヱヴァンゲリヲン~超暴走~(3月4日)
  • P美夏美華パラダイス(3月4日)
  • P V王 レジェンド(3月18日)
  • P GOD EATER‐ブラッドの覚醒‐(4月8日予定)
  • ぱちんこセブンインパクト(4月8日予定)
  • P Rewrite(4月8日予定)
  • Pフィーバースーパー戦隊S(4月15日予定)
  • P七つの大罪 強欲Ver.(4月15日予定)

第10位『P美夏美華パラダイス』

初回大当り後は必ず電サポ32回の「ビカTIME」へ移行、滞在中に大当りを射止めて電サポ100回の「ビカRUSH」突入を目指すのが出玉集積のフローとなる。

ビカRUSHの継続率は約76%~約80%と高継続率。

出典:パチンコ解析|【一撃】
ニューギンより3月4日導入開始。6段階設定を搭載したループタイプで、初当たり確率は約1/151.0(設定1)~約1/128.8(設定6)。
初当たり後、32回の電サポ中に再び大当たりを引けば、継続率約76%(設定1)~約80%(設定6)の「ビカRUSH」に突入する。RUSH中は1/154.9の確率で転落抽選も行われているが、通常大当たりを引いても時短100回は続くため、引き戻し込みで高い継続率を実現している。

同率8位『P寄生獣』

実写映画化・アニメ化もされた人気作品「寄生獣」とのタイアップマシン。スペックは大当り確率が1/199.8の1種2種混合機。連チャンモードは、咲々チャンスと増々チャンスの2種類。初当りのほとんどで移行する増々チャンスは5回転継続で、連チャンする確率は約52%。増々チャンスで大当りすると咲々チャンス+増々チャンスのループに突入となる。2つのモードを合わせての継続率は約80%だ。

出典:パチ7
サンセイR&Dより2月4日導入開始。初当たり確率1/199.80の1種2種混合タイプ。
初当たり後は振り分け95%で期待度約52%の「増々チャンス」に突入。時短1回転+保留4個以内に再び大当たりを引けば、時短7回転+保留4個の「咲々チャンス」+「増々チャンス」に移行し、継続率は約80%となる。稀に、初当たりから咲々チャンスに直行するパターンもアリ。

同率8位『Pフィーバー蒼穹のファフナー2』

テレビアニメ作品・蒼穹のファフナーをモチーフにした2種タイプで、大当たり後に必ず時短が1回or2回(残保留1個を含む)付く。1回につき約55%で継続するので、2回なら約80%となる。

出典:パチンコビレッジ
SANKYOより2月4日導入開始。RUSH突入率約57%・継続率約80%の1種2種混合タイプ。
通常時は1/59.9の確率で迎撃図柄が停止し、「迎撃チャレンジ」に移行、役モノ内でのV入賞で大当たり。実質初当たり確率は約1/199.7。ラウンド終了後はほぼ「フェストゥムチャレンジ」となり、期待度55%の時短1回転で大当たりを引けばRUSH突入(振り分け3.8%でRUSH直撃のパターンもあり)。RUSH中は55%の抽選が2回になるので、トータル約80%の継続率となる。

第7位『P Rewrite』

6段階設定を搭載した新基準1種2種混合機。
ラッシュ突入期待度は設定6で約64%(通常大当り+小当りからの突入)
ラッシュ継続期待度は設定6で約83%(通常大当り+小当りからの継続)

出典:スロット解析情報~すろかい~
西陣より4月8日導入開始予定。6段階設定付きの1種2種混合タイプ。
初当たり確率は1/256.00(設定1)~1/227.56(設定6)。初当たり後は振り分け90%で時短1回+残保留4個の「篝(かがり)ちゃんす」に突入。この間に再び大当たりを引けば、電サポ回数が5 or 100回で継続率約83%(設定6)の「アウロラッシュ」に移行する。

第6位『Pフィーバースーパー戦隊S』

本機最大の魅力といえば、やはり新内規対応後の「高ループ」仕様だろう。
「継続率80%オーバーという高い連チャン性がウリとなっていますが、その継続率は当然設定によって左右されます。メーカーの発表によれば設定1でも約80%オーバーで、気になる最高設定の継続率は約84%と言われていますね。この差をどう見るかは人それぞれかと思いますが……。
いずれにせよ、設定の高低問わず連チャンを楽しめるスペックといえるでしょう。登場が待ち遠しい注目の新台となりそうです」

出典:GJ
SANKYOより4月15日導入開始予定。6段階設定付きのV確STタイプ。
初当たり確率は1/199.8(設定1)~1/175.2(設定6)。初当たり後、50%で突入する120回転のST「SUPER戦隊RUSH」は、継続率約80%(設定1)~約84%(設定6)とされている。秘密戦隊ゴレンジャーをはじめ、各年代から9つの戦隊が集結した夢のコラボ台で、選択した戦隊によって電サポ中の演出が変化するらしい。

第5位『ヱヴァンゲリヲン~超暴走~』

本機はエヴァシリーズ初となるV確変ループ機。初当り時は50%で確変「高継続モード」に突入し、高継続モード中は82%という高確率で確変がループ。時短引き戻しを含めた継続率は約84.5%にも及ぶ。電チュー大当りなら50%が10R確変となることもあり、一度確変に突入すれば一撃で大量出玉を獲得することが可能なスペックとなっている。
なお、2R確変後&高継続モード51回転以降は、変動秒数が暴走状態に変化。大当り獲得まで高速で消化できるので、ストレスフリーで消化することが可能だ。

出典:パチ7
ビスティより3月4日導入開始。確変突入率50%のV確変タイプ。
初当たり確率は1/199で、奇数図柄揃いや1・3・5並びで確変に突入。確変中は「シン覚醒モード」・「カヲルモード」・「クラシックモード」の3種から選んで遊技できる。確変中の継続振り分けが82%、これに時短30回での引き戻しを加えるとトータル継続率は約84.5%となる。継続率65%規制撤廃後の第一弾機種で、純粋な確変タイプでありながら一撃万発も狙える高継続を実現した。

第4位『P V王 レジェンド』

一時代を築いた西陣の名機が次々と登場する意欲作。スペックはライトミドルながら、ST突入時の連チャンループ率は約87%に及ぶ。

出典:ガイドステーション
西陣より3月18日導入開始。初当たり確率1/199.8のV確STタイプで、継続率が高い「XA」と一回あたりの出玉が多い「MC」が存在する。
「XA」は初当たり後、振り分け50%でSTに突入する。104回のうちに1/52.3を引けるかという勝負になり、連チャン成功時は100%STに再突入。継続率は約87%となっている。デジタル抽選の液晶機でありながら、懐かしの羽根物のような演出を楽しめる点が特徴。

第3位『P七つの大罪 強欲Ver.』

通常時大当たり確率 約199.8分の1のライトミドルスペックで登場!
さらに、継続率はRUSH継続率と引き戻し率を含め約90%!?

出典:パチンコ業界ニュース
サミーより4月15日導入開始予定。昨年7月にリリースされた『ぱちんこCR七つの大罪』(1種2種混合タイプ・ミドル)の新規則機版。
初当たり確率は1/199.8、振り分け50%でRUSHに突入。RUSH中の大当たり後は継続濃厚となる時短99回 or 時短7回となり、合算で約90%の継続率となっている。ミドルに比べて大当たり1回あたりの出玉は抑えられているものの、継続率の高さが魅力。

第2位『ぱちんこセブンインパクト』

メーカー:ベルコ
導入日:2019~
タイプ:[甘デジ][ST]
大当たり確率:
(通常時)1/99→(ST)1/99
ST突入率:100%
ST回数:230回
7ラッシュ継続率:90.7%
電サポ:25回 or 230回 ※25回中に大当たりを引けると、電サポ230回に突入。

出典:ぱちスク!
ベルコより4月8日導入開始予定。突入率100%のSTタイプ。
大当たり確率は1/99で、通常時・高確中ともほぼ変わらない。初当たり後は必ず電サポ25回転で、この間に再び大当たりを引けば、以降の電サポ230回転の「7RUSH」突入。継続期待度は約90.7%となる。

第1位『P GOD EATER‐ブラッドの覚醒‐』

継続率は10カウントチャージ(70%)×復活チャレンジ(70%)の合計91%!10カウントチャージは約10秒で決着するハイスピードバトル!インターバル0.5秒の「完全捕獲アタッカー」とこぼれ球をチャッカーへ誘導する「捕獲チャッカー」で更に出玉面をサポート!

出典:ちょんぼりすた
サンセイR&Dより4月8日導入開始予定。1種2種混合タイプで、初当たり確率1/319.7のミドル版と1/199.8のライトミドル版が登場する。
ミドル版のRUSH突入率は50%。RUSHは期待度70%の抽選が2回行われ、トータル継続率は約91%となる。消化スピードの早さが売りになっているようだ。

 

高継続と言えどあくまでも新規則機なので、大当たり出玉は1000発未満の振り分けも多いが、連チャン次第では一撃万発も十分狙える。継続率65%規制が撤廃され、夢を見られる超高継続機が今後も増えていくかもしれない。

TOP:YouTube

【いつ出るの?】人気シリーズ最新作の噂が色々出回っているようです

slob0314
「まどマギ」や「ハーデス」、「バジリスク」に「吉宗」などの6号機。さらに「牙狼」のフルスペック新規則機など、人気シリーズの後続機に関する噂が飛び交っている。これらのビッグタイトルは、結局いつになったらリリースされるのだろうか? 2019年3月中旬現在、判明している限りの情報をまとめてみた。

6号機「パチスロ 劇場版魔法少女まどか☆マギカ」

ユニバーサルグループの『パチスロ魔法少女まどか☆マギカ』のシリーズ最新機種ですが、どうやら劇場版にて開発進行中…という噂をキャッチしました。注目ですね。

人気シリーズ最新機種ですが、これ以外にも『ハーデス2』や『沖ドキ』『バジリスク絆』のシリーズ最新機種もあると言われているだけに、販売順なども気になるところです。

出典:チャーリー・ロドリゲス・湯谷の業界ウワサ話Z+
初代『SLOT魔法少女まどか☆マギカ』と2代目『SLOT魔法少女まどか☆マギカ2』、共に現役稼働中のまどマギ。その3代目は「劇場版」とのタイアップで開発が進められているらしい。2017年の「ユニバカ×サミフェス」にて、デモ機らしきものが公開された後、情報が途絶えていたが、お蔵入りになったわけではないようだ。今年10月に初代「まどマギ」が認定期限切れとなることもあり、3代目の動向が注目される。

6号機「ハーデス2」

「ライターA」:沈黙を守っていたユニバさんが動き出しましたね。5.9号機として検定を通過した『ハーデス2』ですが、6号機の登場も濃厚と言われています。今回の『絆2』も6号機で発売される可能性はありますし、候補に挙がっていた『沖ドキ!』『まどか☆マギカ』も近いうちに発表されるかもしれません。

「開発K」:実現すれば本当に楽しみですよね。しかし、一部では『試験に苦戦している』という情報が浮上しています。事実ならば、発売は先になりそうですが……。

出典:GJ
5.9号機として登場した『アナザーゴッドハーデス2 冥王召喚』は、近い将来6号機の「ハーデス」or「ゴッド」or「バジリスク絆2」にアップグレード可能な、いわば引換券であるという情報が流れ、ネットをザワつかせた。その引換候補となっている「ハーデス2」だが、年内(秋頃?)リリースではないかと見られている。

■□関連記事□■
【バジ絆2交換券!?】5.9号機「ハーデス2」の闇が深い件

6号機「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2 -2019-」

6号機でも開発は進んでいる模様ですね。年末の時期にターゲットを絞って開発を進めているという噂なだけに、これは動向が気になる所です。

出典:遊技日本
6号機『パチスロ蒼天の拳 朋友』と共に、2018年の「ユニバカ×サミフェス」にてお披露目された「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2 -2019-」。導入時期は年末との噂だが、「劇場版まどマギ」や「ハーデス2」との兼ね合いで、発表のタイミングを検討中なのかもしれない。今年12月に現役の「バジ絆」が認定期限切れとなるので、それと入れ替わるかたちでホールに登場するのだろうか。

■□関連記事□■
【レポート】6号機の新台発表も!!ユニバカ×サミフェス2018に行ってみた

6号機「スロット 吉宗3」

昨年頃から噂が出ていたあの人気スロットシリーズ機「吉●」のシリーズ最新機種が間もなく出てくるのでは?という情報をキャッチしました。注目ですね。

調べるとまだ適合している状況ではないようなのですが、人気シリーズ機なだけに今からソワソワする所がありますよね。

出典:パチンコ・パチスロ 動画サイト パチビー
「番長」シリーズと並んで大都技研の代表的コンテンツである「吉宗」が6号機で準備中とのこと。既に開発は終了しており、保通協に持ち込まれたという噂も飛び交っている。パチスロ6号機の第1弾機種として『HEY!鏡』が出たこともあり、現在は番長シリーズが存在感を放っているが、吉宗にも頑張っていただきたいところである。

新規則パチンコ「P牙狼-冴島鋼牙伝説-」

牙狼 冴島鋼牙伝説
高継続率のSTで小当たりラッシュタイプという噂

出典:ねくすとフェーズ

あの大ヒットシリーズパチンコ機の最新作ですが、GW前後には出てくるのではないか?と再度噂をキャッチしました。しかし、パチンコはロングヒット機の寿命が長くなりましたよね。やはりユーザーもついつい期待してしまいますし、今後の動向がとても気になる所ですよ。

出典:遊技日本
『P GOD EATER‐ブラッドの覚醒‐』や『ぱちんこ GANTZ:2』などのフルスペック新規則機が次々と発表されるなか、「P牙狼-冴島鋼牙伝説-」もフルスペック機でスタンバイとの噂アリ。一部では、高継続ST ✕ 小当たりRUSH搭載と言われているが、もしそれが本当なら確変ループの小当たりRUSHとは、まったく違ったゲーム性になりそうだ。登場は早くてGW前後とのこと。

■□関連記事□■
【未導入含む】フルスペックの新規則機をまとめてみた

 

現在人気のパチスロ5号機も2019年の後半以降、次々と認定期限切れを迎える。6号機やパチンコ新規則機の需要は、今後ますます高まっていくことだろう。リリースが多少遅れてもいいから、ユーザーが納得するようなスペックやゲーム性で出していただきたいものである。

TOP:YouTube

【未導入含む】フルスペックの新規則機をまとめてみた

full0313
パチンコは新規則に移行後、甘デジ~ライトミドルの機種ばかりがリリースされていたが、オッケー.の『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』を皮切りに、出玉性能の高いフルスペック(初当たり確率1/320付近)の機種が徐々に増えてきている。そこで今回は、まだホールに登場していないものも含めた新時代の爆裂フルスペック機をまとめてみた。

『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』

性能の全てをRUSHの出玉性能に結集!小当たりRUSHは1Gあたり約24発!平均出玉は約1500発!更に大当たりの出玉も加わる為、一撃の破壊力は抜群!

出典:ちょんぼりすた
2018年11月19日、オッケー.よりリリース。確変割合60%、小当たりRUSH付きのループタイプ。新規則機なので、大当たり自体の出玉が控えめな分、小当たりRUSH「超蒼剣RUSH」が非常に強力。平均出玉は約1500個とされているが、RUSH中に長くハマったり、確変が連チャンしたりすれば、小当たりだけで万発出る可能性も十分にある。

『ぱちんこ 劇場霊』

大当りを引かなくても出玉が増えるSUPER小当りRUSH「劇RUSH」を搭載したミドルスペックで、RUSH中は人形から逃げれば逃げるほど出玉が増加する。駆けつける味方や逃げ込む場所で継続期待度が変化するので要注目だ。

初当りで劇RUSH非突入だった場合、または劇RUSH終了時は100回の電サポモード「CHANCE TIME」へ突入。確変or時短どちらの可能性もあり、確変だった場合は電サポ100回を消化すると劇RUSHへ昇格するぞ。

出典:パチ7
2月18日、こちらもオッケー.よりリリース。確変割合57%、小当たりRUSH付きのループタイプ。「劇RUSH」は上記『ぱちんこ 新鬼武者 超・蒼剣』と肩を並べる強力な小当たりRUSH。「CHANCE TIME」は100回で終了の時短と見せかけて、劇RUSHに昇格する場合があるので、最後まで諦めてはいけない。

『暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪』

第8代将軍「徳川吉宗」の次なる敵は「鬼」!!
怪談シリーズの第2弾となる本作は小当りRUSHを搭載した確変ループタイプ。すべての確変で小当りRUSHが発動するうえに、通常大当り後には必ず時短100回転が付く安心仕様。
通常時は鬼が出現すればリーチ前半へ、リーチ中に吉宗登場で大チャンスと、鬼と吉宗の登場が大当りのカギを握っている。

出典:DMMぱちタウン
2月4日、藤商事よりリリース。2段階設定付きのライトミドルスペックと、設定無しのフルスペックが同時に登場。いずれも小当たりRUSH搭載のV確変タイプで、確変「殲鬼RUSH」突入率は51%、継続率は60%となっている。確変中の大当たり確率がかなり重く(フルスペックで1/159)、小当たりRUSHを長く楽しめるのが特徴と言えるだろう。

『P GOD EATER‐ブラッドの覚醒‐』

8: 名無しさん 2019/03/11(月)
サンセイは何で牙狼でこれやれないのか

9: 名無しさん 2019/03/11(月)
何これ?全部このスペックでいいやん

出典:スロパチゾーン
4月8日、サンセイR&Dよりリリース予定。RUSH突入率50%、継続率91%の1種2種混合機。「神バトルRUSH」は、期待度70%の「10カウントチャージ」 ✕ 同じく期待度70%の「復活チャレンジ」で、合算の継続期待度が約91%。消化スピードが相当速いらしいと噂になっている。なお、初当たり確率1/199.8のライトミドルスペックも同時に登場予定。

『ぱちんこ GANTZ:2』

『GANTZ』最新作は新規則スペックで登場する。規則上、出玉性能は抑制され、1回の大当り出玉は最大1500個となってしまった。当然ながら前作以上の爆発力は厳しそうだが……。
「スペックは初代の仕様を踏襲しており、ミドルタイプの小当りRUSH機の可能性が高いようですよ。気になる出玉性能ですが、一部関係者の間では『前作に引けを取らない』『小当りRUSHは前作以上』との声が目立ちます。

その中でも特に注目されているのが、右打ち中の出玉振り分け。どうやら、特定条件を満たすと3000個以上の出玉が濃厚になるパターンがあるとか。

出典:GJ
オッケー.から4月中旬にリリース予定。小当たりRUSHの元祖とも言える『ぱちんこ GANTZ』の正当後続機で、確変割合は60%。新規則機では最高クラスの出玉性能を誇り、「超GANTZ BONUS」獲得時には3000個+aの出玉が保証されるらしい。さらに小当たりによる獲得期待値は約1050個と言われているので、一撃万発も十分可能なスペックだろう。

『P DD北斗の拳 主役はジャギ』

高尾新枠「MAD BLACK KIREPANDA-MODEL」を採用
6段階設定を搭載した新基準機。スペックはミドル帯の確変機(転落あり)

出典:スロット解析情報~すろかい~
高尾より4月にリリース予定。初当たり確率1/319.6~1/257.0、フルスペックながら6段階設定付き(転落あり)の確変タイプ。自動販売機がモチーフのユニークな筐体が特徴。設定付きということなので、設定推測要素も気になるところだ。

『ぱちんこ新必殺仕置人』

『必殺仕事人』シリーズに続報が舞い込んできた。かねてより囁かれていた最新作『Pぱちんこ新必殺仕置人』が検定を通過したのである。
「甘デジタイプと同時期にウワサされていましたが、遂に検定を通過しましたね。スペックは甘デジを意味する『PA』という表記がないため、最低でもライトスペック以上となります。

これまでの傾向を考えると、王道の『ミドルスペック』の可能性も十分あり得るでしょう。純粋な確変タイプなのか、それとも小当りRUSHのような変則仕様なのか。続報が待ち遠しいですね。一部関係者の間では『本命機』との声が上がっていますが……」.

出典:GJ
1月25日、京楽の『Pぱちんこ新必殺仕置人T1』が検定通過。「PA」でなく「P」と表示されていることから、少なくともライトミドル以上のスペックであろうと見られている。一部では「本命機」とも言われているようなので、フルスペックの可能性も大いに有り得る。続報に期待したい。

 

1種2種混合機やV確変機、設定付きなど、新規則のフルスペック機も彩り豊かになってきた。甘デジやライトミドルでは物足りないという人は、新時代のフルスペックで勝負するのも一興である。

TOP:YouTube

【高継続率】連チャン性能の高いパチンコ新規則機が続々と出るようです

eva130118
MAX規制以降、パチンコ業界は苦境に立たされていた。最大ラウンドの出玉を売りにしたり、1種2種混合スペックで高継続機を作ったりと、各メーカーが工夫を重ねたが、MAX時代のような高継続確変ループタイプはもう再現できない。
さらに、法改正により、大当たり一回あたりの最大出玉も2400発から1500発にダウン。もはやお先真っ暗……かと思われたその時! 規制緩和との朗報が舞い込んできたのである。

確変継続率65%規制が撤廃!

2019年2月からのパチンコ規制緩和でウワサとなっているのは、確変継続率の上限が変更される点です。
現時点での確変継続率の上限は65%です。

現段階でMAXである、確変継続率65%の上限が撤廃・変更されることが決定しています。
この規制により、確変継続率95%で4ラウンドタイプの台が発売されるとのウワサ?も。

出典:パチンコ店員の裏側!
2018年9月頃、最大65%までとされていた確変割合の規制が撤廃されるという話が浮上し、ユーザーは歓喜した。とあるアンケートによると、半数近い人が高継続率のパチンコが登場した場合、遊技頻度は増えると回答したという。やはり、連チャン性能が高い機種を望むユーザーは、かなり多いということであろう。

では、気になる「65%規制撤廃後の第1弾」はどんな機種になるのだろうか……?

『モードぱちんこ ヱヴァンゲリヲン~超覚醒~』発表

パチンコ新機種『モードぱちんこ ヱヴァンゲリヲン~超覚醒~』を発表。シリーズ第13作目として新規則機で登場することが明らかになった。
気になるスペック面だが、一部関係者の間で”有力情報”が浮上中。継続率が異なる”2スペック”で登場すると言われている。

出典:GJ

「まず、有力視されているのが、現行スペックに適応した継続率65%以下の台ですね。これまでのシリーズ機のような確変ループタイプの可能性が高いようです。

一方、昨年行われた『自主規制緩和』に適応したスペックもリリースされるとの情報もあります。つまり、継続率に左右されない高継続率マシンということですね。一部では『規制緩和後初の新台がエヴァ』と語る人間もいます。スペック公開が待ち遠しいです」

出典:GJ
昨年末、エヴァシリーズ13番目の機種となる『モードぱちんこ ヱヴァンゲリヲン~超覚醒~』のリリースが決定。噂によると、継続率が異なる2つのスペックが登場予定で、そのうちの1つが65%規制緩和後、最初の機種となるらしい。

専用枠「覚醒」採用

本機は人気シリーズの最新作。専用枠「覚醒」を採用しており、これまで以上の臨場感を体感することができる。
大当たりは、金図柄揃いの「シン覚醒BONUS」(10R)、135揃いorシン覚醒チャレンジ成功時に突入する突確(2R)、赤図柄揃いの確変大当たり(4R)、青図柄揃いの通常大当たり(4R)の4種類。

出典:パチンコ業界ニュース
『モードぱちんこ ヱヴァンゲリヲン~超覚醒~』は、エヴァンゲリオン第13号機をモチーフにした専用枠「覚醒」を採用しているとのこと。以前のものと比べると、臨場感が格段に向上しており、立体感のある映像はついつい触りたくなるほどのデキらしい。

1つ目のスペックは6段階設定と小当たりRUSH搭載

ビスティ社の旗艦シリーズ最新台「モードぱちんこエヴァンゲリオン-超覚醒-」のご紹介です。
6段階設定及び小当たりラッシュを搭載した確変ループスペック。4R確変当選時は100回転消化後に移行となりますが、基本的に確変当選後は小当たりラッシュに突入する仕様となります。

出典:パチンコプラス
2スペックがリリース予定の『モードぱちんこ ヱヴァンゲリヲン~超覚醒~』。最初に発表されたものは、確変継続率が65%を超えるタイプではないものの、6段階設定と小当たりRUSHを搭載したスペックとなっているようだ。ホールへの導入開始は2019年3月上旬と言われており、初当たり確率は設定1で1/199、設定6で1/134。確変大当たりは、小当たりRUSH or 100回転以降の小当たりRUSHとなっており、通常大当たりには50回転の時短がつく。
残念ながら、高継続バージョンのスペックはまだ不明だが、専用枠と新演出での登場となるなら、かなり期待が持てそうだ。

また、65%規制緩和がされた機種以外にも、様々な工夫により継続率を高めた新規則機が続々とリリースされる模様。そこで、ネット上で注目を集めている機種をまとめてみた。

『PゴットイーターMZ』

453: 名無しさん@ドル箱いっぱい (スフッ Sd9a-T/GV) 2019/01/11(金)
ゴッドイーターキャラゲーとしては2の方が好みだし何度か打ちそう
突入率もうちょい上げるか4Rの振分もうちょい少なかったらな~

454: 名無しさん@ドル箱いっぱい (オッペケ Sr85-1Ay/) 2019/01/11(金)
ゴッドイーターヘソの出玉悪くないしまあこんなもんじゃないか
あとはアピールしてた速度がどんなもんなのか

出典:スロログ
サンセイR&Dからは『PゴットイーターMZ』が、4月7日にリリース予定。設定は非搭載の1種2種混合機。初当たり確率1/220.65、「神バトルRUSH」は突入率51%・継続率87.3%とされている。通常時がオール10Rなのに対してRUSH中は4Rの振り分けが70%を占めている点が少々気がかりだが、連チャンを味わうことはできるだろう。

『Pフィーバー蒼穹のファフナー2』

通常時は「迎撃」図柄停止で小当たり。小当たり後は役モノを使った演出「迎撃チャレンジ」でVに入賞すれば大当たり(トータル1/199)。
初当たり時の3.8%はRUSHに直行、残りの96.2%は「フェストゥムチャレンジ」からRUSH突入を目指す。

フェストゥムチャレンジは時短1回転、RUSH期待度は55%。RUSH中は時短1回+残り保留1回で80%(55%の抽選を2回)で継続!

出典:ちょんぼりすた
SANKYOからは『Pフィーバー蒼穹のファフナー2』がスタンバイ。こちらも設定非搭載の1種2種混合機だが、小当たりと役物抽選で大当たりを目指すゲーム性。役物はV穴を狙うタイプで、援護演出によりサポート玉がハズレ穴を塞ぐシステムを搭載。ときには5発のサポート玉が発生し、ハズレ穴をすべて塞いでしまうことも。RUSH時の継続率は、約80%と言われている。初代「蒼穹のファフナー」のような攻略法は存在するのだろうか。2月4日リリース予定。

『P美夏美華パラダイス』

初当り後は必ず電サポ32回のビカTIMEへと突入。こちらで引き戻しをすることができれば電サポ100回+αとなるビカRUSHへと突入。こちらは確変or通常となっている。

ビカTIMEで引き戻せなかった場合はチャンスゾーンあやシーサーMODEへ移行。ここからは潜伏or通常となり、怪しい出目で潜伏を示唆してくれる。

出典:K-Navi
ニューギンからは、時短突破型+確変転落タイプの『P美夏美華パラダイス』が、3月4日に登場予定。初当たり後、32回の時短で引き戻すことができれば「ビカRUSH」へ突入。RUSH継続率は設定1で約76%、設定6なら80%に達するらしい。

 

確変割合の規制が撤廃されたことで、ゲーム性の幅は格段に広がった。確変ループタイプで継続率80%のような台はまだ発表されていないが、開発は可能なはず。高継続バージョンの『モードぱちんこ ヱヴァンゲリヲン~超覚醒~』は、いったいどれほどの連チャン性能を秘めているのだろうか、今後の情報を楽しみに待ちたい。

TOP:Twitter