トレンド

【パチンコの規制緩和!?】確変継続率65%規制が撤廃されるってマジ?

kiseikanwa3009
メーカーとホール、そしてユーザー、パチンコに関わる全ての人々を苦しめていると言っても過言ではない「確変継続率65%規制」。パチンコ離れを加速させる可能性すらある、この厳しい規制が、撤廃されるかもしれないとの噂をキャッチした。もし事実だとすればパチンコ大復活の予感がする。

規制緩和を望む声は多数


当然のことながら、確変継続率65%規制に対してはネガティブな声が多かった。継続率80%以上のMAXタイプが盛況だったのだから無理からぬことである。しかし、この規制について、以前から以下のような見解もあったようだ。

①「規制」をより細かくみる必要がある
私見では、風適法施行規則などの上位法令が緩和される可能性は極めて低い。

理由は、取り締まり行政側(国家公安委員会および警察庁)は、カジノ関連の動きに呼応して射幸性の抑制に向けて大ナタを振るい、今後もカジノの動静によっては更なる抑制の可能性も否定できないため、これを緩和する見込みは低いと考えられる。

②「内規」に関しては、緩和の可能性はある
メーカー団体が定める内規に関しては、法令の範囲内であれば、数値の増減は有り得ると見通す。

つまり、1種タイプ機(いわゆるデジパチ)の確変継続率上限65%という数値は、将来においても絶対的なものという訳ではないと判断している。

出典:パチンコ屋の裏話 現役店長楽太郎のお部屋
某ホール店長は「確変継続率65%規制の緩和はあり得るか?」という質問に対し、「法令が緩和される可能性は低いが、メーカー団体が定める内規に関してなら緩和はあり得る」という見解を2018年8月の時点で示していた。そして、約一ヶ月後……。

内規緩和の噂が浮上!

今回ウワサとなっているのは、確変継続率(実質継続率)の上限変更です。今は65%ですよね。この65%の上限が変更される見込みとのことです。何%までOKかはまだ不明です。

2018年2月の新規則の「最大出玉1500玉×継続率65%」だとパチンコ機に多様性がなくなってしまう気がします。その結果、どのメーカーも横並びになり、パチンコ業界の衰退、ひいては派生する商業も衰退してしまう可能性があります。

出典:ぱちスク!
2018年9月、確変継続率65%規制が撤廃されるらしいとの噂が飛び交い始めた。2019年2月納品分から適用されると、まことしやかに囁かれているのである。MAXタイプの一斉撤去が2016年末の出来事だったので、噂が事実ならば、わずか2年ほどでの規制緩和ということになる。

ユーザーの反応は?

16: 風吹けば名無し 2018/09/06(木) 22:22:19.18 ID:Ednsf8Nz0
出玉はもちろん昔みたいにはならんけど
遊戯としては格段に面白くなるわ

48: 風吹けば名無し 2018/09/06(木) 22:26:00.54 ID:0ndFqUeu0
>>16
昔継続率80%出玉1000球みたいなスペックちょっとでたよね
北斗とか猪木とか

出典:スロログ
継続率65%規制の緩和という噂にユーザーは歓喜。「夢がある」とか「格段に面白くなる」といった好意的な声が上がっている。やはりパチンコは大当たりが連チャンしてナンボだと感じるユーザーが多いのだろう。

ただし出玉率はそのまま

パチンコの新規性による出玉率はそのままなので、出玉感という意味では変わらないという事です。つまり今年の2月に決定した新規性の出玉率はそのまま適応されているので、最終的な出玉という意味では継続率が緩和されようが変わらないです。

途中経過が変わる可能性がありますが、最終的な出玉という意味では同じです。

ただ、継続率65%の廃止でゲーム性の幅が広がる事はたしかです。また、出玉は同じでも、今までよりも継続してくれるという点ではプレイヤーとしてもストレスが溜まりにくくなるのではないでしょうか。

出典:パチスロの勝率を上げて楽しむ
近い将来、継続率は65%以上の機種が作れそうだが、注意したいのは「出玉率の規制はそのまま」ということ。某ホール店長が予想した通り、緩和されると見られているのは「法令」でなく「内規」。2018年2月の風適法施行規則改正により、出玉試験の規則は厳しくなっているので、継続率が上がるなら一回当たりの出玉は減らさざるを得ないであろう。

パチスロ6号機の規制緩和はどうやって行われた?

昨年12月、パチンコ店の全国組織『全日遊連』、パチスロメーカーで組織された『日電協』、パチスロ販社で構成される組合『回胴遊商』が自民党幹事長二階俊博氏を訪ね、試験方法緩和について陳情したことが報じられました。5.9号機や6号機の規制を受け、『遊技機の将来像が全く見えない』『新規則に反しない試験緩和を要望』が申し出た理由とのこと。
また、元警察庁保安課長でパチンコ店のプリペイドカード『CR』を推進した、自民党平沢勝栄衆議院議員も同席したそうです。パチンコ業界に関わりが深い政治家に訪問した直後の規制緩和ですらからね。政治家との深い関係性が伝わってきます。

出典:GJ
ちなみにパチスロでは、5.9号機から6号機への移行に際し、純増枚数2枚制限の撤廃やATの復活といった規制緩和が行われた。その背後にはパチンコ関連団体から行政への陳情があったと言われている。パチンコの継続率65%規制撤廃にも「大物政治家」が関わっているのだろうか?

規制緩和は過去にも行われている

2002年 大当確率の下限1/360に。最低賞球数が5個から4個に。大当終了後の時短が認められる

2004年 大当確率の下限が1/500に。最低賞球数が3個(規則上は1個)に
      パチンコの種区分が廃止。突然確変搭載、転落抽選搭載

出典:ヒモショウヘイのPACHINKO考察
パチンコは大きな流れとしては、射幸性を抑える方向でたびたび規制を受けているものの、ゲーム性・スペックなどに関する規制緩和は決して異例のことではない。大当たり確率の下限も、ちょくちょく変更されているのである。

ただしパチスロの規制は強化される模様……

今年2月に緩和されたパチスロの自主規制。「AT機能の復活」、「ART抽選の設定差」「純増制限」が撤廃されるなど、パチスロにとって大きな希望が生まれた。

 しかし、それもつかの間、パチスロに新たなメスが入ってしまったのである。今月21日、業界誌「プレイグラフ」が、業界団体「回胴式連絡会」が自主的措置をとるとの内容を報じている。

 同サイトによれば、今回の規制箇所は「役物及び役物連続作動装置作動時の遊技回数」。要するに「ボーナス中のゲーム数」である。具体的な内容は「すべての遊技回数のうち、役物作動時(ボーナス中)及び役物連続作動装置作動時における役物非作動時(ボーナス中の通常遊技=ハズレ)の遊技回数を加算したものの割合(役物等状態比率)が5割未満であること」とのことだ。

出典:GJ
パチンコの規制緩和は大いに歓迎だが、ほぼ同時期にパチスロの規制強化の話も浮上した。規制される箇所は「役物及び役物連続作動装置作動時の遊技回数」とのことだが、何を言っているのかチンプンカンプンである。どうやらこの規制は、AタイプやATタイプに対するものではなく、『ルパン三世 世界解剖』と同タイプのものに的を絞った規制のようだ。せっかく規制を攻略するようなスペックが出ても、すぐに対処されてしまう。規制緩和もこれくらい動きが早ければ良いのだが……。

 

規制強化のたびに「業界終了」と騒がれながらも、メーカーの創意工夫や政治家の温情(?)によって、なんだかんだで生き残っているパチンコ業界。やはり、パチもスロも、娯楽として一定の需要があるということであろう。確変継続率65%規制の緩和は、まだ確たる情報ではないが、事実であってほしいものである。

TOP:YouTube

【原作紹介】ネタバレ注意! 5分でわかる『魔法少女まどか☆マギカ』

madomagi0919
2011年に全12話が放映され、大ヒットしたアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」。パチンコ・パチスロではすっかりおなじみのコンテンツであり、スマートフォンゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」のアニメ化が発表されたことで再び注目を集めている。
パチンコ・パチスロユーザーの中には、原作をよく知らずに打っている人もいるのではないだろうか? 『まどマギ』のパチ&スロをより深く楽しむために、原作の内容を簡潔にまとめてみた。

序盤は平和そうなアニメだが……

大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、
そんな平和な日々を送る中学二年生、鹿目まどか。
ある晩、まどかはとても不思議な夢を見る。

その日も訪れるはずだった、変わらぬ日常――。
しかし、訪れたのは非日常――。

まどかの通うクラスにやってきた、一人の転校生・暁美ほむら。
まどかが夢で見た少女と瓜二つの容姿をした少女。

偶然の一致に戸惑うまどかに、ほむらは意味深な言葉を投げかけるのだった・・・。

出典:魔法少女まどか☆マギカ
序盤はわりと平和そうなアニメである。第1話ではまどかの裕福そうな家庭が丁寧に描写される。転校生のほむらに意味深なことを言われるが、まどかにも視聴者にも何のことやらわからない。
まどかと親友のさやかは第2話で謎の生物・キュゥべえから「僕と契約して魔法少女になってよ!」と告げられる。しかし、すぐには契約しない。魔法少女になればどんな願いも一つ叶えられるが、その代償に「魔女」と戦い続ける宿命を背負わされるという。タイトルに反し、主人公がなかなか魔法少女にならないところが本作の見どころの一つであり、物語中でその姿を拝めるのは、ストーリー終盤となる10話から。

第3話で超展開

マミるとは「首が飛ぶこと」「悲惨な最期を遂げること」となります。

元ネタは「魔法少女まどかマギカ」というアニメの第3話において、魔法少女「巴マミ」が魔女「Charlotte」に優勢に戦っていたものの、突如現れた第二形態に首から上をガブリと一呑みにされて絶命したシーンです。

魔法少女アニメというグロテスクとは無関係そうなジャンルにおいて、敵に頭を食われて絶命するというショッキングな出来事は視聴者に強いインパクトを与え、他の漫画やアニメで同じようなシーンに対して「マミる」と呼ばれるようになりました。

出典:意味解説ノート
魔法少女になることを決意したまどかとさやかだが、第3話のラストでマミ先輩の壮絶な死を目撃。エンディングテーマ曲も突然変わり、女の子っぽいキラキラした世界観が一変、陰惨な未来が示される。この時、悲惨な最期を遂げるという意味の「マミる」という言葉が誕生した。
第3話の戦闘シーンはパチンコ・パチスロでは「VSお菓子の魔女」の演出に使われている。

さやかの恋

巴マミの死の動揺が醒めない中、恭介の怪我は現代の医療では治せないと知らされるさやか。奇跡か魔法でもない限りこの腕は治らないと自暴自棄になる恭介に、さやかは自らの願いで恭介を治すと決意し、恭介に「奇跡も、魔法も、あるんだよ」と告げます。

キュゥべえと契約し、恭介の腕の回復を願うさやか。さやかの願いは叶い、恭介の腕は奇跡的な回復を見せます。

魔法少女としても剣と回復魔法を武器にまどかと仁美を襲った魔女を倒し、順風満帆に見えたさやか。しかし、魔法少女の世界には彼女のセリフとは裏腹に希望はないことが徐々に明かされていきます。

出典:ciatr
さやかが魔法少女になると決めたのは、想い人の上条恭介のケガを治すため。さやかの片思いは「縁日デート」演出などに反映されている。恭介のケガは、さやかの願いの力で回復するが、「魔女と戦い続ける」という宿命には重大な秘密が隠されていた。

ソウルジェムの秘密

魔法少女の持っている「ソウルジェム」は、魔力を消費する度に少しずつ穢れが溜まってゆき、ソウルジェムが濁り切った時、その魔法少女は魔女化してしまう。この穢れを移す為の道具が「グリーフシード」である。

グリーフシードは魔女が持っていて、魔法少女の間では、狩った魔女が落としたこれの所有で争う事も良くある様である。

出典:はてなキーワード
遊技機の役物として搭載されている「ソウルジェム」。魔力を使うたびに「穢れ」が溜まるので、魔女が落とす「グリーフシード」によって浄化しなければならない。
ソウルジェムは魔力の源であるかのように思われていたが、実は魔法少女の肉体から分離された魂を収める器であり、遠く離すと魔法少女は生命活動を停止してしまう。

杏子の戦い

男勝りな口調に好戦的な態度なので粗暴で利己的な性格だと思われるが、他人を気にかけ(特にさやか)助けようとする、不器用ながらも純粋で優しい性格
常に何かを食べている(お菓子やリンゴ)、食べ物を大切にしない人に対しては激しく激昂する。

出典:マギレコまとめニュース
さやかは恭介への片思いの末に自己嫌悪に陥り、追い詰められて「魔女」と化す。今まで魔法少女たちが戦ってきた魔女の正体は、絶望した魔法少女だったのである。
杏子はより多くのグリーフシードを集めるために見滝原の町にやって来た魔法少女で、当初はさやかと対立していたが、最後には魔女化したさやかのために相討ちという道を選ぶ。

ほむらの誓い

彼女の”願い事”
本来のほむらは、心臓病が治ったばかりの内気な少女だった。
転校生として見滝原にやってきた彼女はまどかと親友になるが、まどかはワルプルギスの夜との戦闘により命を落としてしまう。
自分を助けるよりもまどかに生きていて欲しかったと涙を流す彼女の下にキュゥべえが現れ、契約すればどんな奇跡も起こせると彼女に囁く。
彼女が生み出したソウルジェムに込められた願いは「鹿目さんとの出会いをやり直したい。彼女に守られる私じゃなくて、彼女を守る私になりたい」。
その願いが彼女に与えたのは、時を渡る力だった。

出典:ピクシブ百科事典
第10話では、ほむらの「過去」が描かれる。「まどかとの出会いをやり直したい」と願ったほむらは、時間遡行の能力を獲得し、悲劇的な結末を回避するため、平行世界での戦いを何度も繰り返す。ここで戦っていたのが、パチンコ・パチスロともに重要な演出として位置づけられる最強の魔女「ワルプルギスの夜」である。第1話からずっとキュゥべえを敵視し、まどかが魔法少女(≒魔女)にならないよう働きかけてきたのは、まどかを守るためだったのだ。

まどかの決意

最終回(第12話)において、「過去と未来全ての魔女を生まれる前に消し去りたい。」という祈りを元にインキュベーターと契約し魔法少女になる。その為、全ての魔法少女は魔女化せずにそのまま消滅する世界に書き替えられた(それはまどかが魔女化した存在であるKriemhild Gretchenも例外ではない)。その結果、まどかは因果律をも超越した概念という存在となったが、人々の記憶から忘れ去られた存在となってしまう。ただ一人、書き換えられた世界を見届けて、まどかの形見とも言えるリボンを託されたほむらだけは、彼女の記憶や想いを受け継ぐのだった。

出典:ニコニコ大百科
全てを知ったまどかは、魔女が現れる仕組みそのものを変えることを願う。パチスロのロングフリーズで見られるのはこのシーンである。まどかの願いにより全ての魔法少女が魔女化する宿命から解放されるが、まどかは人としての存在を失い、ほむらを除いて世界中の人々の記憶からも消えてしまう。
改変された世界で、まどかの存在は「円環の理」という概念として語り継がれている。

 

アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」はいわゆる「鬱展開」が注目されがちだが、キャラクター一人一人の心情が細かく描かれている点が大きな魅力である。気になった人はぜひ原作を視聴していただきたい。

TOP:YouTube

【PB機】プライベートブランド機って勝てるの?

appare0809
通常、パチンコ・パチスロの開発にホールは関わらない。しかし、一部のホールはメーカーと提携して、自社オリジナルの機種を開発している。それがプライベートブランド機(PB機)である。
プライベートブランド機にはどのような機種があるのだろうか。そして、ユーザー目線で見た時、プライベートブランド機は、果たして勝てる台なのだろうか?

PB機①やすだの『YASUDA7』

『YASUDA7』は企画コンセプトや大当たり確率・小役確率などのスペック面、筐体デザイン、サウンドなどを安田屋の遊技機推進委員会が手掛けたAタイプのオリジナルパチスロ機。安田屋が蓄積してきた遊技客のデータを基に設計され、筐体は同社のブランドカラーであるオレンジを基調としている。コンセプトは“ドキッドキッ!をあなたに”、シンプルながらも70種以上の多彩なプレミアム演出を搭載するなど打ち込み要素が豊富だ。

出典:Amusement Japan
都内を中心にパチンコホールチェーンを展開する「やすだ」とジェイピーエスが提携して開発し、2017年9月に導入開始されたパチスロ機。「ドキドキ! ランプ」の点灯でボーナスを告知するノーマルAタイプ。やすだが蓄積してきたデータに基づいて開発されたという。
スペックの詳細を見てみると、設定1だけREG出現率が1/780.2と飛びぬけて低く(設定2以上は1/310.6~1/214.2)、また角チェリーとREG同時当選が設定1のみ発生しない模様。とりあえず設定1を避けることは難しくなさそうだ。高設定ほど角チェリー出現率が高く、同時当選の期待度も高くなっている。

PB機②ともえの『グレート69~TOMOLER~』

『グレート69~TOMOLER~』は、告知ランプが光るとボーナス確定となる完全告知のノーマルAタイプ。
関東で展開しているパチンコホール「ともえグループ」のプライベートブランド機で、同グループに6月25日から順次導入予定だ。

出典:パチンコ業界ニュース
関東でパチンコホールチェーンを展開する「パールショップともえ」とバルテックが提携して開発し、2018年6月に導入開始されたパチスロ機。こちらも完全告知のノーマルAタイプで、「TOMOEチャンスランプ」が光ればボーナス確定となる。
REG出現率に1/407.1~1/250.1というわりと大きめの設定差が設けられている。チェリーとボーナスの同時当選は設定1のみ1/16384で、設定2以上は1/409.6~1/297.9となっているので、何度か発生すれば設定1はほぼ否定。高設定ほどリプレイ以外の小役と、BIG中のスイカの出現率が高いらしい。

PB機③プレゴの『あっぱれ! PREGO』

スロットあっぱれプレゴは演出、スペックともに至ってシンプルなAタイプ。
ボーナス成立時には必ず告知が発生するため、普段あまりスロットを打たない人でもこれといった予備知識無しで打つことができます。
ボーナス確率に関しては、アイジャグやハナハナシリーズのようにREG確率に大きめの設定差が付けられており、機械割は97.7~110.4%となっています。

出典:パチスロ天井期待値の本質
パチンコホール「プレゴ」などを運営するジョイパックレジャー株式会社とジェイピーエスが共同開発し、2018年7月に導入されたノーマルAタイプ。リール左下にある告知ランプは「55ランプ」というらしい……ジャグラー? REG出現率の設定差が1/452.0~1/270.8と大きく、ボーナス確率が設定判別のメイン要素となっているほか、ブドウの確率にも設定差が設けられているらしい……ジャグラー??

PB機④ダイナムの『CRフィーバークィーン2018DS』

ダイナムは5日、先日発表した新たなプライベートブランド「ごらく」の第1弾として、ジェイビーとの共同開発機2機種をグループ店舗に計2000台導入することを発表した。
今回導入されるのは「CRフィーバーパワフル2018DS」と「CRフィーバークィーン2018DS」で、それぞれ1000台を順次導入予定。導入日は「パワフル」が2月5日から、「クィーン」が2月19日からとなっている。なお「クィーン」にはドラムの各図柄にダイナムの公式キャラクター「モーリーズ」が隠しキャラとして登場する。

出典:パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島
全国にパチンコホールチェーンを展開する「ダイナム」とジェイビーが提携して開発し、2018年2月に導入開始。ダイナムの新プライベートブランド「ごらく」の第1弾である。
一般スペックの『CRフィーバークィーン2018』と比較すると、初当たり確率が1/106→1/109.8と若干重くなっている代わりに、15Rの比率が12%→約20%にアップ。ドラムの各図柄には、ダイナム公式キャラクターである「モーリーズ」が隠れているらしい。

PB機⑤ダイナムの『CRフィーバーパワフル2018DS』


こちらもダイナムのプライベートブランド「ごらく」のマシンで、2018年2月に導入開始された。上記『CRフィーバークィーン2018DS』と同様、初当たり確率を1/99.9→1/109.8と重くした分、6R比率がアップしており、4R比率が抑えられた。さらに6R後の時短を50回から75回に増やすことで、継続期待度を高めている。
また、ダイナムは現在、プライベートブランド機の本格導入を計画しており、今後3年間で約28,000台を設置する予定だとか。

PB機は勝てる?

広告塔であるホールのオリジナル台をベタピンで放置するような営業を続けると、そのホールの評価に直結することとなるので、あまりエグイことはできない、と思うのが一般的な心理だ。

近所のともえトモラーはRB回数を見る限り初日全56以上ですかね。その後も六台中毎日一台は5か6を使っているようです。今度朝から行ける時にさわってみます。

新台+付属品のバカみたいな費用や新台の二倍の中古価格を考えると、それだけでもPBは店とメーカーと客に十分メリットはありますね。

出典:パチンコ日報
各ホールの名を冠していたり、公式キャラを用いたりしているプライベートブランド機は、ホールを象徴する存在。ここでド回収営業をすればホール全体の印象が悪くなるはず。きっと薄利で使ってくれるだろう……と、期待しても罰は当たるまい。また、あくまで噂だが、初日全56や毎日1台は高設定を使うホールもあるらしい。毎日通ってデータを見れば、噂の真相を確かめられるのだろうか。

PB機は何故つくられる?

今回のプロジェクトについて安田屋の臼見安寛営業統括本部店舗強化推進室部長は、「業界が過渡期にある中、常連客の期待に応え続けるためにはこれまでと同じことをしていてはいけない。また、他店との差別化を図る上で、自店の顧客ニーズに応えられる独自の遊技機を設置したいとの思いからプライベートブランド機の開発に至った」と経緯を説明した。

出典:Amusement Japan
プライベートブランド機をつくる理由は、ユーザーの意見を取り入れやすい、他店と差別化できる、台のコストダウンが狙えるといったものが挙げられている。確かに、ユーザーの意見を元に開発し、浮いたコストで還元できれば、そのホール独自の強みとなるだろう。プライベートブランド機が大量製造された例は、いまだ皆無に等しいが、この先ヒット機種が生まれる可能性はあるのだろうか。勝ちやすい機種が生まれるというのであれば、各社には是非とも頑張っていただきたいものだ。

 

プライベートブランドのパチスロは、今のところシンプルなノーマルAタイプが多く、最低設定は回避しやすいようだ。また、パチンコは通常版よりもユーザーが求めるスペックになっていると言える。近隣に設置しているホールがある人は、攻めてみてもいいかもしれない。

TOP:YouTube

【盛り過ぎ】『ルーレットクイーン-女神の羅針盤-』とか最近の筐体がヤバイ件

rq0808
日本にカジノができるのはまだ先のはずなのに、もうカジノマシンが!? ……と思わせるような、豪華絢爛な筐体が公開された。コナミアミューズメントより8月20日導入開始予定の『ルーレットクイーン-女神の羅針盤-』は、盤面全体をフルに使った巨大な「ルーレット役モノ」で注目を集めている。

『ルーレットクイーン-女神の羅針盤-』

「『PRIME Project』のPVでは、前例のない『ルーレット×パチスロ』を融合した『超衝撃筐体』が映し出されていますね。パチスロのリールに加え、カジノを彷彿とされる『ルーレット』が筐体全体に搭載されています。
そしてマス目には『30G』『50G』『100G』『JACKPOT』という文字が。止まった目によってゲーム数を告知するタイプのように見えますね。

とにかく、パチスロの要素に加え、激しく回転する『ルーレット役物』は圧巻。ホールに1台あるだけでも、その存在感は大きいでしょう」

出典:GJ
『ルーレットクイーン-女神の羅針盤-』は、カジノの定番種目「ルーレット」とパチスロを融合した新台。このルーレットはただの飾りではなく、回転やフラッシュなどでユーザーを楽しませてくれるらしい。スペックはA+ARTタイプで、ルーレットによってARTのゲーム数などを決定するようだ。導入予定台数は1,500台と言われているので、島で入れるホールはほぼ無いと思われる。バラエティコーナーに入れる場合、このドハデ筐体をどのようなレイアウトで設置するか、ホールのセンスが問われることになりそうだ。

この『ルーレットクイーン-女神の羅針盤-』の他にも、ド派手なパチンコ・パチスロは多数存在する。特に目立つ機種たちを見てみよう。

『CRキャプテン翼 黄金世代の鼓動』


サンセイR&Dより2018年5月に導入開始。新枠「ライジングサンセイ」の変形して飛び出すギミックもインパクト絶大だが、それよりも「翼アクションフィギュア」の動きが凄過ぎると話題に。降りてくるだけでなく、回ったりカクカクしたり、光ったり裏返って金色になったりと予想外の動きを見せる。動きがトリッキーすぎて笑えるとまで言われており、さすがはファンタジスタ翼といったところだろう。

『CR牙狼 GOLDSTORM翔』


サンセイR&Dと言えば、やはり「牙狼」も忘れてはいけない。2017年7月に導入開始された『CR牙狼 GOLDSTORM翔』は、ガロ専用筺体「金翔」をまとってドハデに登場。牙狼シリーズでおなじみの飛び出す顔面「フェイスオブガロ」や、引き抜く「牙狼剣」&「牙狼斬馬剣」でユーザーを虜にしている。ちなみに、役物は取り外し可能だが、取り外したところで筐体の重さはあまり変わらないらしい。

『パチスロ FAIRY TAIL』


藤商事より2018年4月に導入開始。上下2画面の「フェアリービジョン」を搭載。通常時は1画面だが、ここぞという場面で、もう一つの画面が上にせり上がり、遊技を盛り上げる。フェアリービジョン起動中は出玉への期待感と共に、周囲からの注目度も最高潮となるだろう。

『CRぱちんこウルトラセブン2』


京楽より2018年7月に導入開始で、『CRぱちんこ必殺仕事人V』と同じ筐体「激震枠」を採用。メイン画面の側面には、サブ液晶が2枚搭載されており、重量も超弩級である。上皿部分に付いているレバーは、アイスラッガーの形を模したもので、デカくて震える。さらに筐体上部からは、セブンの顔がひょっこり飛び出す仕様で、このギミックは「アルティメットハイパーセブンフラッシュ」と名付けられている。

ところで重量は大丈夫……?


筐体の進化は素晴らしい成果だが、ちょっと心配になるのが筐体の重量。入替を担当する人の負担はかなりのものだろう。ホール組合からは最近のパチンコ台の重量化に対し、制限をかけてくれのと要望が出ている。

■□関連記事□■
【今更】盛りに盛りまくった筐体に規制がかかりそうです

 

パチンコ台・パチスロ台の技術革新は目覚ましいものがある。入替担当者さんの腰は少々気がかりだが、これからもアッと驚くような機種が現れることに期待したい。

TOP:YouTube

【原作紹介】5分でわかる! 『北斗の拳』

hokuto0709
週刊少年ジャンプでの連載終了から30年。今なお多くのファンを抱える「北斗の拳」は、パチンコ・パチスロでおなじみのコンテンツであるため、ホールでの遊技をきっかけに原作を知ったという人も少なくないだろう。
今回は、原作漫画やアニメに触れる時間がない忙しい人のために、「北斗の拳」のイカれた!?世界をざっくりと紹介しよう。

『北斗の拳』第一部あらすじ

核戦争によって荒廃した世紀末、そこは暴力の支配する世界だった。秘孔をつくことで肉体を内側から破壊する一子相伝のの暗殺拳・北斗神拳の伝承者であるケンシロウは南斗六聖拳の男シンによって恋人をユリアをさらわれてしまった。
途中で知り合ったバットとリンとともに、ケンシロウはユリアを捜し求める旅を続ける。その先に待ち受けるのは、南斗六聖拳の男たち。そして自らを世紀末覇者・拳王と名乗る北斗四兄弟の長兄・ラオウであった。

出典:TOEI ANIMATION
原作=武論尊、作画=原哲夫で、1983年から1988年まで週刊少年ジャンプで連載。コミックスは全27巻。1984年にアニメ化され、劇場版やOVAも数多く制作されている。
ストーリーは、荒れ果てた世紀末を舞台に、一子相伝の暗殺拳・北斗神拳を受け継ぐケンシロウが、「KING」を名乗るシン、「聖帝」を名乗るサウザー、そして「拳王」を名乗るラオウといった強敵たちと死闘を繰り広げるというものである。

『北斗の拳』第二部あらすじ

激闘の末、ケンシロウはラオウを破ったが、平安の時代は短く、世は”天帝”による圧政の時代になっていた。ユリアと死別したケンシロウは再び立ち上がり、成長し「北斗の軍」を率いるリンやバットとともに、天帝による支配に立ち向かう。
天帝側の人物が使う拳法として、北斗南斗に匹敵する元斗皇拳が登場する。伝承者ファルコは、かつてラオウに互角の力量と認められながらも、村の安全と引き換えに自身の足一本を差し出したほどの漢だった。ケンシロウは、元斗の拳士との闘いを経て、天帝の威光を笠に着て悪政を繰り広げる元凶、総督ジャコウを倒す。

出典:5分でわかる北斗の拳の物語
第一部のラストで宿敵・ラオウは「わが生涯に一片の悔いなし!!」という名言を残して昇天する。しかし、平和な時代は長くは続かなかった。ケンシロウは仲間たちと共に「天帝」による圧政に立ち向かう。

天帝編のあとに描かれた修羅の国編では、もう一つの北斗である「北斗琉拳」伝承者達(ケンシロウの実兄ヒョウ、ラオウの実兄カイオウなど)との死闘が繰り広げられた。ちなみに、長兄・ラオウ、次兄・トキ、三男・ジャギ、末弟・ケンシロウの四人を総称して「北斗四兄弟」と呼ばれるが、血の繋がっている実の兄弟はラオウとトキだけで、その他は義理の兄弟である。

なお、原作漫画では第一部・第二部という区分けはされていないが、アニメではサザンクロス編・風雲龍虎編・乱世覇道編・最終章が第一部、天帝編・修羅の国編が第二部となっている。

ヒロイン・ユリアは「南斗最後の将」

南斗六星の将として生を享け、南斗六聖拳においては慈母星の宿命を背負う。リュウガの妹であり、ジュウザは腹違いの兄にあたる。ケンシロウとともに生きる決意を固めていたがシンに拉致され、その後はリハクたちに預けられる。ラオウ率いる拳王軍の動きが活発になると、ケンシロウに協力するため南斗五車星を率いて拳王軍と激突。ケンシロウがラオウを打ち破ると、ケンシロウと安息の時を過ごしたのち、病が原因で息を引き取った。

出典:北斗の拳 OFFICIAL WEB SITE
物語の発端は南斗六聖拳のシンがケンシロウから許嫁のユリアを奪い去ることで始まるが、彼女はただの美女ではない。「慈母星」を宿星に持つ南斗正統血統であり、未来予知やヒーリングの力を持つ。一時は自殺したものと思われていたが、ケンシロウとラオウの決戦が迫った時、「南斗最後の将」として南斗五車星の戦士たちを率いて現れる。

ケンシロウが突く「秘孔」とは?

北斗神拳といえば、なんといっても「経絡秘孔」。ケンシロウが経絡秘孔をひと突きすると、敵の頭や胴体が破裂するという、スペクタクルなシーンはとても印象深い。
けど、この経絡秘孔っていったい何だろう。体が破裂することはあり得ないにしても、現実にこうしたピンポイントな急所が人体には存在するのだろうか? 
「結論からいえば、これはやはりフィクションでしょうね。医学系の文献にも、『秘孔』という言葉は見当たりません。一方、『経絡』というのは漢方の世界で想定される、全身を巡る脈のこと。経絡は経脈と絡脈に分類され、経脈は内臓に、絡脈は皮膚や筋肉など表層部分につながり、気や血液の通り道になっていると考えられています。この経絡から鍼灸の刺激を伝達することで、内臓の変調を調整する作用がある、というのが漢方の考え方のようです」
経絡秘孔の正体を探るカギは漢方、つまり東洋医学にあった。

出典:藪野鍼灸接骨院
「北斗の拳」の世界で特徴的な要素の一つが、ケンシロウの用いる北斗神拳の「秘孔」という概念。人体に多数存在する秘孔を突くことで、肉体を内側から破壊するのが北斗神拳の極意であり、突いてから破壊までのタイムラグが「お前の命はあと○秒」という名言の元になっている。
「経絡秘孔」はフィクションではあるが、経絡やツボといった概念は東洋医学に存在しており、これらが北斗神拳のモデルになったと考えられている。世紀末のヒャッハー! な時代に生まれていなければ、ケンシロウはツボ押しの名人になっていたかもしれない。

激アツ!?演出でお馴染みの「北斗百裂拳」とは?

ケンシロウが使用した北斗神拳の奥義の一つ。相手の体に連続で拳を叩き込み、身体に点在する複数の秘孔を指突する。3秒間に50発というスピードで叩き込まれる拳は、相手の体を徐々に浮き上がらせるほどの威力を誇るが、打撃によるダメージを与えるのではなく、的確に秘孔を突くことを目的とした拳であるため、実際には蚊に刺された程の痛みも残らない。しかし致命の秘孔を突かれたその肉体は既に死んでおり、数秒後に相手はその身を爆ぜて死亡する。

出典:北斗西斗 -北斗の拳を異常に研究するサイト-
上述の「秘孔」を超高速で連打するのが、おなじみの必殺技「北斗百裂拳」。豪快だが、決して力任せの乱れ打ちではなく、数多の秘孔を正確に突きまくるという繊細な技なのである。ちなみに、原作での初登場シーンは第1話。Z-666(ジード)を倒すさいに使用しており、その後も技名こそ叫ばないものの、ジャギやウイグル、ラオウなどといった強敵と相対するさいに使用されている。

作品の評価

シリアスでバイオレンスな話なのだが、敵の下っ端たち(所謂『モヒカン』)のマヌケな挙動などギャグ要素も多い。これに関しては原作者もそういった面を意図的に表現していると発言しており、「モヒカンたちのボケとケンシロウのツッコミによるギャグマンガ」という見方もできる。中でも連中の雄叫び「ヒャッハー!」は、暴力性や無法地帯ぶりを表すスラングとしてネットのあちこちで流行。

出典:ニコニコ大百科
ハードな世界観の本格派バトル漫画でありながら、敵のザコが「ヒャッハー! 」「あべし」といった奇声を上げるなど、ギャグ要素も強い。シリアスとギャグが共存するドラマと、個性的すぎるキャラクターの数々が、今も多くの読者・視聴者を惹きつけている。

 

ちなみに、パチスロの初代『北斗の拳』がサミーからリリースされたのは2003年。この機種は「62万台」というパチスロ史上最大の出荷台数を記録し、「第3次北斗ブーム」とまで呼ばれる社会現象となった。パチンコ・パチスロとタイアップしたことで、「北斗」の新しい伝説が始まったと言えるだろう。

TOP:YouTube

【原作紹介】5分でわかる!? 『バジリスク ~甲賀忍法帖~』

gennsaku0618b
アニメやゲームとタイアップしたパチンコ&パチスロは、原作を知らなくても楽しめるように作られている。だが、原作を知っていれば世界観や演出などをより深く楽しめるに違いない。そこで、ホールで根強い人気を誇る『バジリスク ~甲賀忍法帖~』シリーズにスポットを当て、原作の内容について調べてみた。

『バジリスク ~甲賀忍法帖~』のあらすじ

時は江戸。甲賀と伊賀、二つの忍び里があった。

それぞれは源平の昔より数百年の対立、更にはかつて伊賀を見舞った悲劇の際に起きた行き違いがもとで互いを憎しみ合う間柄であった。しかし二つの里の全面戦争を危惧した初代服部半蔵が取り持った「不戦の約定」により、互いの関係はとりあえずの平和に収まっていた。

甲賀・卍谷の里頭領、甲賀弾正の孫にして甲賀最強の瞳術使い、甲賀弦之介。
伊賀・鍔隠れの里頭領、お幻の孫にして、神秘の目を持って産まれた娘、朧。
危うげな平穏の中で二人は恋仲となり、互いの里の和睦を願い、祝言の準備を整えていた。

時同じくして、徳川家では後継者問題が噴出。
愚鈍な兄・竹千代と聡明な弟・国千代を支持する者同士の争いが激化しつつあった。

これを終息させるため、大御所・徳川家康は南光坊天海の発案により「伊賀と甲賀の忍同士を争わせ、その勝者の陣営により世継ぎを決定する」事を決める。

ここに、甲賀と伊賀の「不戦の約定」は解かれ、双方10名ずつ忍者を選出しての10対10の忍術による殺し合いの幕が切って落とされたのである。

出典:ニコニコ大百科
『バジリスク ~甲賀忍法帖~』は、およそ60年前に発行された山田風太郎氏の小説『甲賀忍法帖』(1959年発行)をもとにつくられた作品で、漫画化された後にアニメ化もされている。あらすじをざっくりまとめると、以下のとおり。

①甲賀と伊賀、二つの忍びの里は互いに憎しみ合っているが、それぞれの頭領の孫(弦之介と朧)が恋仲。
②弦之介と朧の祝言を間近に控えた頃、甲賀と伊賀が将軍家のゴタゴタに巻き込まれる。
③10対10の忍術合戦が開幕。1人、また1人と死んでいく。

簡単に言えば、男と女は愛し合っているのに互いの家が対立しているという、いわば忍者版「ロミオとジュリエット」と言えるだろう。

「瞳術チャンス」演出の意味

甲賀 弦之介(こうが げんのすけ)
甲賀弾正の孫。甲賀弾正亡き後の甲賀組をまとめた。
≪性格≫
どこか知性の匂いすらある秀麗な青年。
伊賀と甲賀の争いをばかばかしく思っており、甲賀と伊賀を和睦しようとしていた。
≪能力≫
無敵の殺人忍法「瞳術」の使い手
自分に向けられた攻撃を全て相手に返す最強の忍法である。

朧(おぼろ)
お幻の孫。お幻亡き後の伊賀の首領になった。
甲賀の甲賀弦之介とは、恋仲である。
≪性格≫
温厚で、おっちょこちょいな性格。甲賀との忍法勝負に、猛反対していた。
≪能力≫
忍術は、どれ一つできないが、「破幻の瞳」という力を生まれつき使える。
「破幻の瞳」とは、相手の目を見るだけであらゆる忍法を破る最強忍術である。

出典:ホークの部屋
「瞳術チャンス」中、逆押しで赤バーを狙う演出の際、画面には瞳を閉じた弦之介や朧が登場。そして、バーが揃えば開眼。これは、二人の「瞳」を介した力を表現しているのである。
弦之介の「瞳術」は、自分に向けられた敵意を相手に跳ね返す。かたや、朧の「破幻の瞳」は、あらゆる忍術を無効化することができる。ちなみに「バジリスク」とは、ヨーロッパの想像上の生物でヘビの王と言われており、見ただけで死をもたらすor石化させる邪眼の持ち主。二人が瞳に絶大な力を宿す事から、このタイトルが付いたのだとか。

実はもう一人いる「瞳術使い」

室賀豹馬(身体能力B・忍術能力S・謙虚力S)
弦ノ介の師匠で瞳術が使える。ただし豹馬の瞳術発動条件は夜間限定です。
ぶっちゃけ弦ちゃんが居るからこの人はいらないんじゃない?
そう思っていたが弦ちゃんが戦力外になったので大活躍。
と言うか豹馬が居なければ弦ちゃんは2回死んでました。

出典:サミタをぶっ壊す
「瞳術チャンス」では、ごく稀に、弦之介や朧でなく「豹馬」が出てくることがある。こいつが出ると赤バー揃い濃厚。
豹馬は弦ノ介の師匠であり、多種多様な異能力バトルにおいてまさかの「能力かぶり」で、弦ノ介と同じ瞳術を使用可能。夜間限定という制約付きだが、原作では大活躍している。

伊賀の副首領・天膳の能力

200年以上生きてて、死にたくても死ねない天膳からしたらこの世こそが生き地獄らしいです。
それから、ちゃんとアニメを見ていたら天膳が死ぬときに天膳の過去の回想シーンがでてきて納得しました。天膳がまだ母親の腹の中にいる頃に伊賀の人間だった母親が甲賀の旦那のもとに向かった時、それはその旦那の罠で甲賀の忍者に惨殺されてしまいます。その時、腹を裂かれて生まれてきたのが天膳です。(死してこの世に生れ落ち云々)

出典:モバイルセンター
BC(バジリスクチャンス)の演出で選択できるのは主人公・弦ノ介とヒロイン・朧、そして伊賀の副首領・天膳。彼の能力は「不死」である。首をはねられても心臓をつぶされても蘇る。
しょっちゅう死ぬので、ファンの間ではネタキャラ扱いされる向きもあるが、本人は非常に重い過去を抱えている。

「念鬼を倒せ! 」演出の意味

・お胡夷 vs 小豆蝋斎
 全身の皮膚を吸盤と化すことができるお胡夷が、蝋斎の武器である、自由自在に伸縮し、柔軟に折れ曲がる手足を見事に封じています。これもまた組合せの妙というべきでしょう。

・お胡夷 vs 雨夜陣五郎
 蝋斎に続いて倒される寸前、場所が塩蔵だったために命拾いした陣五郎。次の念鬼まで含めて、まったく同じ状況に陥りながら、少しずつ結末が違えてあるところが巧妙です。

・お胡夷 vs 蓑念鬼
 “吸盤攻撃”がまったく通用しない唯一の相手に当たってしまったのが、お胡夷にとっては不運でした。

出典:ネタバレ感想
脇役たちもそれぞれの忍術を持っている。さらに、忍術同士に「相性」があるのも『バジリスク ~甲賀忍法帖~』の面白いところ。
全身の皮膚から相手の血液を吸収できるお胡夷は、手足を自在に伸縮できる小豆蠟斎には強かったが、全身の毛を硬化できる蓑念鬼には負けてしまう。連続演出「念鬼を倒せ! 」の期待度がイマイチなのは、原作で負けているからである。

「小四郎を倒せ! 」演出の意味

文字の背景が赤、花火柄なら熱いですが、青だと少し弱いようです。途中の演出で「その手で大鎌を・・・」、「激熱と申したか」ならほぼ間違いなくBC。また、朧ちゃんの「弦之介さま~」も強いです。この場面は、伊賀のお幻さまの屋敷から立ち去ろうとした弦之介様、刑部殿、左衛門殿に小四郎さんが挑みかかる場面ですが、ここで初めて弦之介様の瞳術が・・・。

出典:パチスロバジリスクをもっと楽しむ演出を深読みするとおもしろい
一方、期待度の高い連続演出と言えば、「小四郎を倒せ! 」。これは弦之介の瞳術が初めて披露されたシーンである。原作で勝っているので期待度も高いというわけだ。
小四郎の武器は両手の大鎌と、吐息からカマイタチを発生させる忍術。弦之介の瞳術に跳ね返されて自らにカマイタチを当ててしまい失明するが、目が塞がれたせいで瞳術が通用しないという意外な特性を身に付けた。

アニメ版第1話は無料!


『バジリスク』のアニメ第1話は公式が無料で公開している。気になった人は見てみるといいだろう。

 

ホールでの遊技をきっかけに、『バジリスク ~甲賀忍法帖~』に興味を持ったユーザーも少なくないだろう。原作を知れば、天膳様をイジるのに少し抵抗が生まれるかも知れないが、より深く作品の世界観を楽しめるのは間違いない。山田風太郎氏による原作小説『甲賀忍法帖』は、その後登場した「能力者バトル物」の始祖として高く評価されている名作なので、アニメや漫画とともに読んでみるのもオススメだ。

TOP:YouTube

【新規則機】設定付きパチンコやパチスロ6号機などの最新情報をまとめてみた

vvv0717
2018年2月に風適法施行規則が改正され、パチンコ・パチスロの開発を取り巻く状況が大きく変化した。いずれも検定試験が従来より厳しくなり、総合的な出玉性能はダウンすると言わざるを得ないが、パチンコには「最大6段階の設定」、パチスロには「純増制限の撤廃」という新たな要素が加わる。そこで、新規則をおさらいしたうえで、設定付きパチンコとパチスロ6号機の機種情報をまとめてみた。

パチンコの新規則とは?

今回の規則改正でポイントとなる改正ポイントは、以下となります。

1.1回の大当り出玉の規制
2.連チャン性能の規制
3.出玉スピードの規制
4.パチンコの設定復活

出典:今から使えるパチンコ戦術!パチンコ実戦ラボ
パチンコの新規則について、細かい規則改正はあるものの、ユーザーに直接影響しそうなものは、以下のとおり。

・最大ラウンド数が「16」から「10」になり、大当たり出玉の最大値が「2400」から「1500」へ。
・10時間実射での出玉率の幅が「50%~200%」から「50%~133.33%」へ。
・4時間実射を追加、出玉率の幅は「40%~150%」。
・1時間実射での出玉率の幅が「~300%」から「33.33%~220%」へ。

というわけで、出玉性能はかなり制限されてしまう。しかし、その一方で最大6段階の設定が搭載可能となり、パチンコに「高設定の台を探す」という新しい遊び方が加わったのである。では、7月中旬現在、設定付きパチンコの機種ラインナップは、どのようになっているのだろう?

『Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴW』

SANKYOが新機種『Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴW』を発表しました。
新規則の設定付きパチンコ機としては、初めて登場する機種となります。

大当たり確率は、1/159.8(設定1)~1/119.2(設定6)となっております。

本機はリミット+転落式機となっているため、高設定ほど抽選時は大当たりし易いのはもちろん、時短中の引き戻し率も高設定ほど優れており、また確変中も転落する前に大当たりを引きやすいという仕様になっているのが特徴です。

出典:パチンコ業界ニュース
設定付きパチンコ第1弾として登場を予定しているのは、SANKYOの『Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴW』。出玉率は設定1で96.5%、設定6で125%と大きく差があり、高設定ほど初当たりを引きやすく、継続もしやすい仕様になっているらしい。導入開始は8月20日予定。

『P弾球黙示録カイジHIGH&LOWざわっ…Ver.』

▼大当たり確率
設定C(1):1/199.9(1/109.3)
設定B(2):1/149.8(1/81.8)
設定A(3):1/99.9(1/54.6)
小当たり確率(特図2):約1/1.02
確変率:突入50% 継続50%
ラウンド数:2Ror8R
賞球・カウント:4&1&4&3&8 10c

出典:スロログ
高尾からは『P弾球黙示録カイジHIGH&LOWざわっ…Ver.』が、3段階の設定付きで出るようだ。下の設定と上の設定の初当たり確率はなんと2倍もの開きがある。最速で8月下旬に導入開始予定。また、高尾からは『Pハイスクールオブザデッド 毒島Ver』も設定付きで登場するとのこと。

『PAミルキーバー』

平均大当り回数は設定1で約3.03回、設定6で約4.08回(保留引き戻し含む)と、おおよそ1回の大当り差があり、ざっと見ただけでも設定差が大きいことが伺える。ちなみに、特図2にて消化中の確変を含めた引き戻し率でいうと、設定1では約71.5%、設定6では約79.3%であり、引き戻し確率でもおおよそ8%ほどの違いがある。

出典:『遊技日本』
ニューギンの設定付きパチンコ『PAミルキーバー』も検定通過済み。設定1でも1/99という甘デジのような初当たり確率だが、設定6なら1/69という非常に軽い数値となっており、引き戻し率にも差がある。6段階設定の「PAミルキーバーN-W6」、3段階設定の「PAミルキーバーN-W3」の2スペックが9月3日に導入開始予定。また、ニューギンは今年3月に導入された『CRサイボーグ009VSデビルマン』を新たに新規則機として検定通過させたという情報もあり、こちらも設定が搭載される可能性がある。

『PフィーバーR-18』

低確率:1/128.8・124.8・122.5・120.3・116.0・105.7
高確率:1/52.8・51.2・50.2・49.3・47.5・43.3
8個保留
4&1&4&3&10
10C
確変100%
ST36回

出典:スロログ
SANKYOの設定付きパチンコ第2弾として登場予定の『PフィーバーR-18』。前作『CRフィーバーR-18』は、胸や太もも、うなじなど、様々なフェチ映像を楽しめる演出が、一部パチンカーに猛烈に支持されたとかなんとか。しかも今作では、フェチ映像を選択できるらしい……!? 導入予定は9月17日以降で、突入率100%のSTタイプと噂されている。

『PA FAIRY TAIL FW』

V確転落タイプ

・大当り確率/高確率
設定1 約1/99.90/1/79.92
設定2 約1/97.82/1/78.21
設定3 約1/96.10/1/76.83
設定4 約1/94.30/1/75.42
設定5 約1/88.80/1/71.00
設定6 約1/80.91/1/64.70

・転落確率 約1/92.034

・賞球 4&1&3&4&3&9&9
・カウント 10C

出典:モード1.0のブログ
藤商事の『PA FAIRY TAIL FW』は、V確転落タイプとして検定を通過。確変突入率は通常時20%、右打ちなら100%。確変継続率は約53.2~58.4%ながら、右打ち中大当たりの50%は約1070個を獲得できる仕様らしい。10月1日に導入開始予定とのこと。

『PA喰霊-零-葵上~あおいのうえ~FW』

小当りRUSH搭載STタイプ

・大当り確率/高確率
設定1 約1/99.90/1/81.92
設定2 約1/97.82/1/80.22
設定3 約1/93.89/1/77.01
設定4 約1/91.66/1/75.16
設定5 約1/87.38/1/71.63
設定6 約1/83.49/1/68.48

・小当り確率 約1/1.015 ※特図2

・賞球 4&1&6&9&14
・カウント 6C

・ST回数 70回

出典:モード1.0のブログ
同じく藤商事から『PA喰霊-零-葵上~あおいのうえ~FW』が、小当たりRUSH搭載のSTタイプとして検定を通過。高設定では大当たりで、低設定では小当たりで出玉を増やすスペックといえるだろう。早ければ10月14日に導入開始予定とのこと。
ちなみに、新基準機からパチンコには”P”、パチスロには”S”という頭文字がつくようになるらしい。では、パチスロの新規則とは、どのようなものなのだろうか?

パチスロの新規則とは?

まずはリミッター。今までの5.9号機では「1,500ゲーム継続」で有利区間が強制終了する決まりだった。今回ここは「1,500ゲーム または 差玉2,400枚」どちらか片方が到達した時点で終了、というリミッターとなる。したがって「まだ800ゲームだが差玉が2,400枚に達した」場合もリミッター終了だし、逆に「500枚しか出ていなくても1,500ゲームに達した」場合もリミッター終了となる。5.9号機と比較して規制が強化されているのは、唯一この部分だけだ。

しかしこれには理由がある。最大の緩和部分として「純増枚数1ゲーム2.0枚以下」が撤廃されたからだ。さらには「通常時のシミュレーション出玉100%以下」も撤廃。これにより6.0号機では、以前の5号機であった「純増枚数3枚のAT機」が開発可能となった。

出典:『遊技日本』
パチンコと同様、パチスロも検定試験が厳しくなる。その代わり、「純増枚数1ゲーム2.0枚以下」という規制が撤廃され、「純増3枚以上」のマシンも作れるようになった。また、有利区間制限による強制終了という規制は強化されてしまうが、5.9号機では搭載が困難だった「天井」や「ゾーン」が復活するらしい。現状の6号機機種情報は以下のとおり。

『Sアメリカン番長HEY! 鏡』

6号機はあくまでも「規制」の結果出てきた台なので出玉の総量という点では抑えられているのですが、変わりに天井やゾーンが搭載可能になり、純増の制限がなくなりました。
HEY!鏡も5.0枚というかなりの高純増を実現しています。
絆や凱旋の1.5倍以上のスピードで増えると考えればそれなりに出玉感はありそうですね。
ただし、本機の場合は通常時のベースが約49Gと非常に高いので、初当たりが重めなのは間違い無いです。

出典:ちょんぼりすた
パチスロ6号機の第1弾として登場するのは、大都技研の『Sアメリカン番長HEY! 鏡』で、純増5枚という驚異の出玉スピードを有しているらしい。コイン持ちの良さで長い通常時を耐え、一気に爆発させる台となりそうだ。導入開始は10月1日の予定となっている。

『アナザーゴッドハーデス』や『沖ドキ! 』も登場?

③年末か来年に6.0号機の
メーカー:ジーク?
○ドキAT

メーカー:エレコ?
○ーデスAT

出典:さまよう現役スロット設定人の放浪記
さらに『アナザーゴッドハーデス』や『沖ドキ! 』の後継機が、6号機として開発されているらしい。両機種とも設置台数の多い人気シリーズであり、注目度は高い。また、山佐からは『パチスロ キン肉マン』、Daiichiからは『バカボン』や『おそ松くん』、『おそ松さん』といったアニメとのタイアップ機が開発中との噂がある。

 

設定付きパチンコが8月から、パチスロ6号機が10月から登場予定。この夏から秋にかけてがパチンコ・パチスロにとっての大きな過渡期と言えるだろう。新規則機がユーザーに支持されるためにも、ホールにはぜひ高設定を使っていただきたいものだ。

TOP:YouTube

【完全禁煙】あと◯年で遊技しながらの喫煙が禁止になるらしい

kinen300525
受動喫煙防止の法案がどんどん緩くなってきているが、パチンコホールではどうあがいても、何年後かにはタバコを吸いながらの遊技ができなくなるらしい。パチンコを打ちながらの喫煙を楽しみにしているユーザーにとっては、戦々恐々なカウントダウンが始まっている。

「健康増進法改正案」が遂に提出された!

喫煙をしない人がたばこの煙を吸い込む受動喫煙防止対策を盛り込んだ健康増進法改正案が3月9日に閣議決定され、政府(厚生労働省)提案法案として衆議院に提出された。

出典:WEB Green Belt
受動喫煙防止対策を盛り込んだ「健康増進法改正案」が閣議決定され、衆議院に提出された。同じ自民党党内で禁煙反対派と強硬派が対立を深めたため何度も法案成立を先送りさせていたが、禁煙に関する締め付けを大分緩くすることで、意思を統一させたようだ。
では、「禁煙に関する締め付けを大分緩くする」とは、具体的にどのようなものなのだろうか?

■□関連記事□■
【喫煙者/非喫煙者】「受動喫煙防止法」って今どのへん?  

紙タバコNG! 加熱式タバコはギリOK!?

「今の案ではパチンコの場合は、飲食店と同じで、原則屋内禁煙となる。喫煙専用室を設ければ、そこではタバコが吸えるが、パチンコしながらタバコは吸えない」と状況を説明した。

一方、加熱式タバコについては、「加熱式タバコ専用の喫煙室を設ければそこではパチンコをしながらでも加熱式タバコは吸える。飲食店では飲みながら(加熱式タバコが)吸えるので、パチンコも同じようになると思う。ただし、加熱式タバコ専用の喫煙室がどういう構造なのか、これから厚生労働省の省令で決めるらしい。そこはまだはっきりせず、流動的な部分はある」と補足した。

出典:WEB Green Belt
日遊協は今回衆議院に提出された受動喫煙防止法案について、現行案では紙タバコを吸いながらパチンコ・パチスロを遊技できないが、加熱式タバコに関しては専用の喫煙室を設ければ、喫煙しながらの遊技ができると述べた。
つまり、紙タバコを吸いたい場合は、店外の喫煙所や喫煙専用室に行くしかなくなるのである。

加熱式タバコはなんでアリ? 

飲食店では加熱式タバコ専用の喫煙室を設けた場合、その中でなら食事をしながら喫煙できるということだが、これをそのままパチンコ店に当てはめるのも無理があるような気がする。専用の喫煙室を設けると言っても、パチンコを打つことも可能であるならば、当然シマの設備やら何やら、きちんと備える必要がある。

出典:悠遊道
現在、居酒屋などでは「禁煙」としつつも、「加熱式タバコはOK」というスタンスを保っている店がある。日遊協は、飲食店は専用の喫煙室を設置すれば加熱式タバコはOKなのだから、パチンコホールだって理論上は可能であるという旨を説明しているらしい。
しかし、加熱式タバコ専用の喫煙室は、省令で定められた規格内でなければいけない。にも関わらず、具体的な広さや構造などはまだ未定のままである。
島を丸ごとアクリルで囲って、空気清浄機を入れろとでも言うのだろうか? 実現にはハードルが高いように感じる。

2020年4月1日から遊技しながらの紙タバコ禁止!?


2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに実現しようとテコ入れが始まった受動喫煙防止法案は、紆余曲折を経て2020年4月1日の施行を目指している。つまり、政権が変わったりしない限り、紙タバコを吸いながらの遊技ができるのは、あと2年弱ということになる。
今後の動向次第ではあるが、ヘビースモーカーは加熱式タバコに移行したほうが良いかもしれない。

 

当初の厳しい禁煙案から大幅に譲歩した緩い案ではあるものの、2020年には紙タバコを吸いながらの遊技ができなくなるのは、ほぼ確実であろう。激アツ外しをした時などに、すぐさまタバコを吸って気持ちを落ち着けていたユーザーは、新たな気持ちのリセット方法を模索する必要があるかもしれない。

TOP:YouTube

【教えて】パチンコ関連の規制がゆるい県とかあるの? なんで??

kisei0518
パチンコ・パチスロに対する規制はだんだんと厳しくなってきているが、ライター来店イベントの規制は、地域によってまだゆるいところもある。規制が厳しい地域とゆるい地域、そして地域差がある理由について調べてみた。

ライター来店イベント禁止の地域

情報誌(イベント企画)等の取材来店日の自粛という内容が全国でジワリと広がりつつあります。
2016年頃から徐々にパチンコ・スロット来店取材が多くなり、集客イベントとしてエスカレートしたため、各都道府県では、「自粛するよう」通達している。

出典:Tami(多観)
ライター来店イベントが規制の対象となっている地域は、2018年5月現在では以下の通り。自治体によって表現はさまざまだが、来店イベントそのものを禁止している地域もあれば、イベントの告知を禁止している地域などもあるようだ。

宮城県:2017年4月より「雑誌取材、ライター、芸能人、有名人等の来店広告」禁止
東京都:2016年10月より「有名人招致に伴う告知」を禁止
群馬県:2016年10月より「ライターの取材・有名人の招致等の事前告知」を禁止
埼玉県:2017年3月より「ライター、有名人、著名人の来店(取材)による広告宣伝」を禁止
福井県:2011年に「タレントやライターなど呼んで集客する事」を禁止
静岡県:「ライター来店の告知」及び「実践動画収録」禁止
愛知県:2017年10月より「有名、無名を問わず」禁止
京都府:2016年10月よりライター来店イベントは「インターネット等で告知・配信すること」を含め禁止
大阪府:2013年から実質的にライターイベントを規制
鳥取県:2015年頃からライター来店イベントを規制
岡山県:2016年5月から自粛するよう告知
広島県:2013年以前からイベントを禁止
山口県:2017年10月から一切の告知を禁止
愛媛県:2015年以前からイベントを禁止
徳島県:2011年頃よりイベントを禁止
高知県:2014年以前にイベントを禁止
福岡県:2012年からイベントを禁止
佐賀県:2017年11月から「ライター取材等の広告は月2回まで」と規制
宮崎県:2017年10月より「有名人等の招致来店及びイベント性を持った屋台営業等」を禁止

■□関連記事□■
【もう慣れた】ガチガチに規制するエリアが増えてきている模様

規制がゆるい地域

来店マンが今後狙う地域

・北海道
無法地帯
店側の告知も特定機種告知示唆もある
来店マンは複数店舗来店して遠征する
交通費が高いのがネック
今お上が目を付けていて通報されまくってるので今後に注視が必要

・神奈川県
一部店舗では店側の告知もしている
事前、事後の告知もしてる
設定示唆や特定機種もなんでもあり
ただし許されてる訳ではないので通報次第
五輪までに何らかの規制は行われるとの情報もあり

・千葉県
事後の告知と来店側の告知が許されている・・?
都内と埼玉の規制で神奈川と千葉に客が流れているのでギリギリまで粘りそう

出典:ブロマガ
2018年5月現在、まだ半数以上の都道府県がライター来店イベントに対する規制を行っていない模様。しかし、東京五輪に向けて神奈川県が規制対象になるという噂もあり、禁止地域は今後も増えていくことが予想される。

そもそもの規制のはじまりは……

2011年から開始されたパチンコ店の広告宣伝規制。以前まで行われていた「7日は激アツ」「〇〇が設定5・6確定」など出玉に関する広告は一切できなくなり、集客手段を失ったホールの損失は大きいだろう。

実際、規制前は毎日のようにイベントが行われホールには長蛇の列が出来ていたが、いまその光景が見られるのは旧イベント日ぐらいだ。規制がパチンコ店に及ぼした影響は明らかである。

出典:ギャンブルジャーナル
来店イベントの規制に地域差があるのは、全国的に行われたパチンコ店の広告宣伝規制に端を発する。2011年、射幸心を煽るような広告が禁止となり、これに代わる客寄せ手段として台頭してきたのが、「ライターの来店」や「雑誌の取材」の告知。有名人や取材が来るという事実を伝えているだけ……ということで当初は大目に見られていたが、次第にライター来店や雑誌取材の告知も不適切であるとする地域が現れ始めた。

規制に地域差がある理由


法律は当然、日本全国共通。パチンコ・パチスロは「お客様に遊興・飲食などをさせる営業」すなわち「風俗営業」とされ、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)に基づいて適切に営業するよう定められている。
ところが、実際に管理するのは国ではなく都道府県の公安委員会であり、「どんな広告が風営法に抵触するか」という解釈が各地でバラバラ。こういった事情で、規制の厳しさに地域差が生じていたのである。

■□関連記事□■
【偏差値高め】風適法とパチンコ&パチスロの関係性をカンタンにまとめてみた

東京都は「出玉写真も禁止」


2018年2月、「著しく多くの遊技球等の獲得が容易であることをうかがわせる写真」を雑誌やSNSに載せることは都条例に違反している恐れがあると警視庁が指摘。都遊連(東京都遊技業協同組合)は都内のホールに対して出玉写真を載せないよう通知した。
とは言え、これもまだ「東京都」に限られた話。追従するかどうかは各道府県の判断に委ねられている。

■□関連記事□■
【規制】イベントが更に厳しくなりライターの将来が危ぶまれる件

 

規制の厳しい地域にいるホールの店長は、ゆるい地域のことをうらやましく思っているかもしれない。しかし、魅力的な台を設置して設定を入れるなどして、優良店というイメージさえ作れれば、ライター来店イベントに頼らずとも集客は可能なはずだ。

TOP:YouTube

【西郷どん】鹿児島県はパチンコが日本一盛んってマジ?

segodon
今年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の舞台として注目を集める鹿児島県だが、ある調査によると日本で一番「人口あたりのホール数」が多いらしい。それだけパチンコが盛んということだが、なぜ鹿児島には多くのホールがあるのだろうか? 気になったので調べてみた。

鹿児島は人口10万人あたりのホール数が最多


まず、ホールの総数でいうと、1位は東京、2位は大阪、3位は愛知だったらしい。東京と大阪は人口が多いから、愛知はメーカーの本社が集まっているからという、シンプルな理由であると思われる。
ところが、「18歳以上の人口10万人あたりのホール数」すなわち店舗密度を算出すると、1位は鹿児島。全国平均では10万人あたり8.2軒であるのに対し、鹿児島は14.4軒であったという。大雑把に言えば、鹿児島県民は日本一パチンコが好きと言える。

パチンコが盛んなのは娯楽が少ないから?

87: 名無しさん 2017/09/25(月) 13:44:33.73 ID:vtYs6+j+0.net
遠洋漁業の人たちは長い休日と金があってパチンコ一日中してるって噂を聞いたな

121: 名無しさん 2017/09/26(火) 07:33:38.67 ID:UaIg0sI00.net
>>87
鹿児島の港町で生まれ育ったけど、同級生の親の社交的な娯楽と言えば、パチンコか飲むか釣りやってる人ばっかだったな。

出典:スロパチゾーン
鹿児島は漁業の盛んな県だが、娯楽が少なく、公営ギャンブルもないため、漁業関係者の遊びというとパチンコが筆頭に来るらしい。休日、大型ショッピングモールぐらいしか行くところがないとか、娯楽が少ないというのは地方共通の悩みであるはずだが、鹿児島では特に顕著なのかもしれない。

農業就業者が多いのも理由?

相関ランキングを見ると農業就業人口と正の相関があり、総人口増減率と負の相関が高いことから、人口が減り、農業就業者が多い地方にパチンコ屋が多いと言える。
また、四年制大学進学率と負の相関があり、高卒就職率:男子と正の相関があることから、大学進学率が低いところにパチンコ店が多い。

出典:都道府県別統計とランキングで見る県民性[とどラン]
「都道府県別統計とランキングで見る県民性」の分析によると、人口が減っていて農業就業者が多い地方、また、大学進学率が低い地方にパチンコ屋が多いのだそうだ。ちょっとディスっているように聞こえなくもないが、データはデータだから仕方がない。これらの理由から、鹿児島県は日本一パチンコが盛んになったのではないだろうか。

昔はストイックな人が多かったらしい

県内随一の繁華街として栄えた天文館商店街は、今やいたるところにパチンコ店がある。しかも平日でも客が入っているという。

明治維新をリードした鹿児島。江戸時代に武士の子弟が受けた禁欲的な「郷中教育」は広く知られている。西郷隆盛に代表されるような、金銭に執着しない人間が多いイメージがあり、ギャンブ……いや遊技に手を出す人は少なそうなのだが……。それも遠い昔の話なのか、それはそれ、これはこれなのだろうか。

出典:Jタウンネット 鹿児島県
江戸時代には「薩摩藩」であった鹿児島。維新期には西郷隆盛や大久保利通といった偉人を数多く輩出している。薩摩藩の教育方針は「郷中教育」という禁欲的なものだったそうだが、現在の状況を見る限り、土地の雰囲気は様変わりしたと言えるだろう。150年も経っているのだから当然と言えば当然である。
しかし、パチンコが盛んということは何も悪いことではない。パチンコは日本の文化の一つ。大河ドラマで注目される西郷どんも、パチンコ&パチスロの中で多く取り上げられているので、この機会に紹介したい。

西郷どんの登場するパチンコ①『CR龍馬~鉄矢の幕末グラフィティ~』

西郷隆盛リーチ[★☆☆☆☆~★★☆☆☆]
ショートでは期待薄。発展して薩摩の巨星・西郷隆盛率いる薩摩軍が勝利すれば大当たり。ボタン連打時の残り敵数が少ないほど期待できる。

出典:パチ7
2012年1月にマルホンがリリースした『CR龍馬~鉄矢の幕末グラフィティ~』に西郷どんが登場。「西郷隆盛リーチ」では望み薄だが、「薩長同盟リーチ」は期待度の高いリーチであった。

西郷どんの登場するパチンコ②『幕末鬼神伝CR鬼の歳三』

幕末をモチーフとしたパチンコ機「幕末鬼神伝CR鬼の歳三」がサンセイR&Dから発表された。主人公はあの「土方歳三」。現在でも幅広い層で高い知名度を誇る新撰組の副長である。その他にも、西郷隆盛や坂本龍馬など幕末の有名志士たちが多数活躍する模様だ。

出典:ぱち侍
2009年7月にサンセイR&Dがリリースした『幕末鬼神伝CR鬼の歳三』にも西郷どんが登場する。「斬撃ステップアップ予告」で、西郷隆盛は強キャラ扱いであった。

西郷どんの登場するパチスロ『戦国コレクション2』

KPEが2015年2月にリリースしたパチスロ『戦国コレクション2』にも西郷どんが登場する。男くさいイメージの西郷どんもついに女体化。ATの継続バトルで、期待度の最も高い対戦相手と言われている。

 

様々な理由からパチンコ好きが増えた鹿児島県。今後、娯楽の幅が広がったとしても、鹿児島県民の方々はパチンコと西郷どんを愛し続けるのではないだろうか。

TOP:YouTube