パチンコ貯玉生活

初めて出た!

先週土曜(22日)の仕事帰り、ゾロ目の日が甘いホールを覗くとお客さんがぎっしり。ただ空き台の釘を見ていくと、土曜日だからか釘のアキがイマイチ。平日の旧イベント日ならもう少し釘がアクのですが、やはり土日はアケ幅が小さいですね。

それでも貯玉分だけは打とうと思い、空き台の中から『PA設定付牙狼GOLD STORM翔』を打つと回転率は23〜24回転。牙狼はアタッカーのオーバー入賞狙いが効果抜群だし、電サポ中も止め打ちで微増するからたとえ通常設定でもボーダーを超える…そう踏んで打ったのですが、しばらくするとSPリーチ中のタイトルでまさかのゴールドトントン出現=黄金設定が確定してしまいました。

 

しかしあれですね。設定付きは『Pスーパー海物語IN沖縄2』『PA地獄少女宵伽』『Pぱちんこ必殺仕事人 総出陣』『PF.革命機ヴァルヴレイヴW』といった機種をよく打っていたのですが、これまで1度も最高設定(設定6)が確定したことはありませんでした。もちろん白魚群などいくつか高設定示唆(設定4以上)が出たことはあったのですが、最高設定となると今回が初。黄金設定(等価ボーダー約17回)ならこの回転率でも優秀台ですし、ゴールドトントンが出た瞬間はテンションが上がりましたね。

夕方から打ったので4時間程度しか打てませんでしたが、貯玉は約4500個増えましたし、設定付きの機種を打つならやはり旧イベント日が狙い目かもしれませんね。

潜確台を拾う&回る台を打つも負け

『P平家物語-RELOADED-』も拾えるくらいだから、まぁそのうち拾えるだろうと思っていた『P SHOE BY ROCK!!』ですが、今週の月曜日に初めて「すっごくぷるぷるなチャンスモードですぞ」の帯がある台を拾いましたね。ただ拾ったのが閉店1時間10分前。潜伏ループが数回続いて取り切れずにヤメ…の最悪パターンが頭をよぎったものの、そんな心配は無用。すぐに当たって単発(すごぷるナイトモードに突入せず)でした…。まぁそう簡単にはいかないですね。

 

あとは今週、新台で入った『Pアナザーゴッドハーデスジャッジメント』の釘が甘めに見えたので打ちました。

ハーデス なべっち

こちらはいつも行くホールで貯玉を使って打ち、875個使った93回転目に大当たり&12連チャン(3セットで約5100個ゲット)と幸先良いスタート。…も、そのまま打ち続けて542回転させたところで出玉が底をつきました。回転率は約26回と回っていたし、最低でも貯玉上限の2500個までは打ちたかったのですが、仕事が詰まっていたので泣く泣くヤメ。まぁ仕方ないですね。

 

『Pアナザーゴッドハーデスジャッジメント』に関していえば等価ボーダーは約21回とまずまずですし、ハーデスロード中はリーチになれば素直にアツくて楽しめます。回ってくれさえすれば意外と荒くないのでまた打ちたいと思いましたね。

久しぶりに平家を拾う

今週は仕事が忙しくて全く打っていなかったのですが、昨日の夕方に多少時間が空いたので(出版社さんからの赤字修正待ち)ホールを覗きにいきました。もちろんこうした行動は貯玉をできるだけ使いたい(2500個打つと約1000円の得)というのが第一にあるのですが、なぜか仕事が忙しい時ほど打ちたくなります。これは一体なんでなんでしょうね。気になります。

さてさて、そんなわけでいつも行く貯玉店を覗くと『P平家物語-RELOADED-』で潜伏確変中の台をいきなり発見。

平家 なべっち ハイエナ

『P平家物語-RELOADED-』は大好きな機種なのですが、最近は釘がシブくて全く打てる状況にありません。なのでこうして潜伏確変中の台しか打てないのが、正直残念。で、早速喜び勇んで打ち始めるもわずか5回転でSPリーチがかかって…ハズレ。早くも左上の文字が消えちゃいました。

ただデータ表示機の回転数はまだ「39」で、転落していなければ再表示がある50回転までは残り11回転ある。微かな希望を頂きつつそこまで打ったものの、結局再表示はされず。その後は貯玉上限の2500個まで『Pスーパー海物語IN JAPNA2』を打ち、当たらなかったのでヤメました。せっかく『平家』を少しは打てると思ったのに、なかなか上手くいかないものですね。

ギガゴーストビジョンに驚き!

今週は青山シゲキさんと『P牙狼冴島鋼牙XX』のスチール撮影に行ってきたのですが、透過液晶の「ギガゴーストビジョン」が予想以上に凄かったのでビックリ!

この手前と奥のW液晶で表現された映像がとても綺麗&大迫力で、従来のものとは明らかに次元が違うといった感じでした。お世辞抜きに凄いので、もしホールに入ったら一度は打ってみることをオススメします。ST継続率も80%ありますし、今回の「牙狼」は人気が出そうですね。

 

さてさて、そんな話は置いておいて今週の実戦に目を向けると、全体的にイマイチ。先週に続いて『PゾンビリバボーS5-T1』の潜伏確変濃厚台を拾う(2台)も、またもや2連&3連で終わってマイナス…。そして釘が甘かった『ぱちんこGANTZ:2』もシマってしまってパッとしない感じでしたね。まぁでもいまさらながら、釘が甘い状況は長く続かないなぁ…と実感します。

ブラックアウトが堪らない!

今週は『PゾンビリバボーS5-T1』で単発大当たり後100回転未満(潜伏確変濃厚)の台を拾いましたが、3連で終わってほぼチャラ。その他は『ぱちんこGANTZ:2』を短時間ではあるものの連日貯玉を使って打っていましたね。

結果は先週とはうって変わってトータルで負けましたが、回転率は良かったので満足。最近、マイホではなぜか『ぱちんこGANTZ:2』を甘めで使ってくれているのですが、前作が好きだったので個人的には嬉しいですね。

で、そんな『ぱちんこGANTZ:2』で最も秀逸な演出がコレ。

ガンツ2 ブラックアウト なべっち 快感

星人バトルリーチ後半の最終ボタンで発生するブラックアウト演出です。この時点で「超GANTZ BONUS」が確定するのですが、この瞬間が最高に気持ちいい! これが前作からの変更点で最も良い点だと思いますし、これが味わいたくて打ってしまいます。

好調WEEK

もう40を過ぎているのですが、いまだに初対面の人と会うと緊張します。そして失礼はなかったかと気になってしまいますね。その点、シゲキさんは初対面の人でもいきなりペラペラと話せてすごいなぁ…と、そこはいつも感心します。これもある意味才能なんでしょうね。

 

さて、そんな話は置いておいて今週のパチンコを振り返ってみると、釘がガツンとアイた『ぱちんこGANTZ:2』を約5時間×2日打ってそれぞれ万発出たり、仕事の合間や帰りに覗いたホールで『P暴れん坊将軍  設定付』や『PA喰霊-零-葵上 設定付』の右打ちランプを拾ったり、

さらには潜伏STの可能性がある『P V王 Legend XA』を打って13連したりと好調でした。

まぁ普通にボーダー以上の台を打って勝ったのは『GANTZ:2』だけなので、棚からぼた餅といった感じですが、たまにはこんな時があってもいい気がしますね。

右打ちランプが時給を上乗せ!

もう1年の3分の1が過ぎましたが、これまでのところ収支は+約27万円。このペースだと過去最低の年間収支を記録しますが、これは稼働時間の減少が最大の要因。特に4月下旬からは会社の場所移動&引き継ぎに加え大型連休があったので打てず、これまでの稼働時間はざっくりと170時間ほど。つまり月平均で40時間も打っていないことになりますね。現に時給換算だと27万円÷170時間=1580円と、そこまで悪くないです。

まぁ普通に打っただけの時給は1300円とかその程度ですが、甘デジばかり(主に『Pぱちんこ必殺仕事人 総出陣』)とはいえたまに拾う右打ちランプが平均時給を上乗せしてくれています。

 

さて、そんな「仕事人」の右打ちランプですが、先日初めて拾った台で10R確変を直撃!

右打ち 仕事人 なべっち

電サポ中大当たりの8%なので割とハードルは高いのですが、こうして何の苦労もなく引いてしまうと、やっぱり残していった人に多少悪い気がしますね…。

パチンコは低交換率のほうが楽しい

元号が「令和」になりました。個人的にも今月から会社の場所が変わったり(狭くなったけど、5階なので眺めが良い)、シゲキさんが社長(?)になったりと変化がありましたので、気持ち的にも一新された感じですね。

まぁそんなわけで、「平成」という時代が終わりました。振り返ってみるとボクがパチンコを打ち始めたのは平成6年なので、そこから25年ものあいだ打っていたことになります。今の仕事も18年続けていますし、「平成」はパチンコにどっぷりと浸かった時代だといえますね。子供でただ楽しかった「昭和」と比べると、「平成」は家族が出来たり今の仕事をしたりと様々なことがあったので、ボクにとってはかけがえのない時代でした。たぶん、ボクが人生の最期に思い出す光景の大半はきっと「平成」のものだろうと思います。

しかし、あれですね。昔を思い出してみると、やっぱりパチンコは交換率が低かった頃のほうが楽しかったですね。釘の動きが大きくて回る台の確保が容易でしたし、持ち玉で打つ時間さえあれば(極端な話)誰でも勝てました。それに比べると今は、特に一般ファンの方が等価ボーダー以下の台を打たされることが多いでしょうから、回らない&当たらないでよりつまらなく感じるでしょう。そう考えると、パチンコの人気がなくなるのもある意味当然だといえますね。

時代背景を考えるとまず無理でしょうが、またあの頃のように低交換率が主流の時代に戻ってくれたら嬉しいですね。

 

ヱヴァンゲリヲン〜超覚醒〜を初打ち

確変継続率82%の『ヱヴァンゲリヲン13〜超暴走〜』に比べると人気が一気に下降したからか、マイホでは6段階設定の『ヱヴァンゲリヲン〜超覚醒〜』の釘がアキました(やっぱり良い店ほどテコ入れしてくれますね)。

回転率は26回転ほど。まぁこれでも設定1なら等価ボーダー+3回程度ですが、このホールはこれまでも『P革命機ヴァルブレイヴ』『PA地獄少女 宵伽』『Pスーパー海物語IN沖縄2』『Pぱちんこ必殺仕事人総出陣』などで高設定示唆が出たこともあるので、エヴァもたぶんオール設定1で固定ということはないでしょう。まぁでもこれだと「高設定ならラッキー♪」程度の認識ですね。

 

結局、出勤前に5時間ほど打って9000発近くのプラスで終わったのですが、めぼしい示唆演出は出なかったです。まぁ今回の台が設定1の可能性もありますが、もしそうでないなら設定がある程度わかる示唆演出の出現率をもっと高めてほしいと改めて思いましたね。やっぱり設定付きの機種を出すのなら、この点を改良しないと今後も人気機種は生まれにくいでしょう。

17年前と同じく面白い!

このところ、何気に甘やライトミドルの潜伏確変機が増えてきましたね。そんなわけで最近は『P平家物語-RELOADED-』や『P美夏美華パラダイス』は単発後の浅い台、『P V王 Legend XA』では単発後100回転未満の台があればSTの可能性がある104回転まで打っています。

 

まぁ打てばすぐに潜伏確変かどうかを判別できる『P平家物語-RELOADED-』以外は、全然結果が出ていませんが、貯玉で打ってさえいればわずかながらでも期待値があるので問題なしです。

平家 潜伏 なべっち

ちなみに『P平家物語-RELOADED-』の判別法は左上の「SPリーチ発生大幅アップ中」の文字で、これがある間は潜伏確変濃厚。たとえ文字が消えても潜伏確変状態ならすぐに再表示される(ただし50回転以降はなし)ので、しばらく打って表示されなければヤメてます。

 

でもあれですね。『P平家物語-RELOADED-』に関していえば、勝負度外視でも打ちたくなりますね。スーパーリーチの期待度や図柄と音がシンクロしていく感じなど、やっぱりいい。前作同様、シンプルだからこそアツくなれます。