マルホン

【爆裂機】10年前は500分の1が当たり前だった件

yamato0214
「大当たり確率約1/400」のパチンコは2016年末に撤去されたが、2004年には規制緩和があり、なんと「1/500」まで許されてらしい。1/320でもハマるのに、1/500なんて当てられるのだろうか?

『CRぱちんこウルトラセブンL77』(京楽)

不意になんでもないリーチで当たったり、急に数秒間無音になったり、メインの役物よりも背景のミニキャラの方が実はキモだったりと、打ち手の心をくすぐる要素が満載で、変な話、毎回大負けするのをわかりながら、勝ち負けよりも純粋に打ちたいという気持ちで打ちに行ってたような気がする。

出典:YouTube

初当たり確率は1/479、確変割合は81.67%。独特の空気感を持ち、「打ち手の心をくすぐる要素が満載」の名機だったと言われている。当時「突然確変」は斬新なものだったようだ。

『CRF大ヤマト2ZF』(SANKYO)

28: 名無しさん@ドル箱いっぱい 2014/10/14(火) 17:14:14.82 ID:vzkf91UX.net
大ヤマト2のガイラー大窓に匹敵する興奮予告は今の機種には無いよな

33: 名無しさん@ドル箱いっぱい 2014/10/14(火) 17:33:47.93 ID:iplX7Zfe.net
>>28
正直ビーム予告だけでもかなり興奮してたわ

出典:スロパチランド
初当たり確率は1/496.5、連チャン率は68%。動画の投稿者は最高2900ぐらい(!)ハマったことがあるそうだが、演出に対する評価は非常に高い。

『CR新世紀エヴァンゲリオンZX』(ビスティ)

49 :名無しさん@ドル箱いっぱい:2012/11/07(水) 22:06:45.12 ID:QLLBN7A9
初代エヴァ良かった
確変中はひたすら風呂と特殊停止を祈るだけ

54 :名無しさん@ドル箱いっぱい:2012/11/07(水) 22:53:47.85 ID:hd+FXdcw
>>49
初代エヴァは
金枠が出ただけでワクワクしたもんだ

出典:パチパチマニアックス
パチンコ『エヴァ』シリーズの歴史はこの機種から始まった。初当たり確率1/496.5、連チャン率74%、そして時短なしという化け物台。巧妙な脳汁演出は今でも覚えている人が多い模様。

『CRおそ松くんFN66B』(Daiichi)


初当たり確率1/431、連チャン率2/3。上記の機種たちと比べるとこの「1/431」がマイルドに見えるから不思議である。

『サイドセブン』(マルホン)

3・7が揃わない方がいい台があってもいいんじゃない?
そういう軽いノリ?で本当に登場させてしまったのは、やはりマルホンでしたw
というか、この台は本当に冗談で作ったとしか思えないのです。

おそらく歴代のデジパチの中でも最低と思われる大当たり確率。
これは大当たりが3回1セットとなっている為で、171分の1のノーマルデジパチと思えば
まぁ、それなりに納得のいく数字ではあります。

出典:懐かしのぱちんこ名機列伝
大当たり確率、なんと1/515! 歴代デジパチの中で最も当たりにくかったとされる伝説の迷機。最近ちらほら見かける「3回1セット」の大先輩に当たる。

 

1/500の時代を知るファンたちは「それでも今より当たりやすかった気がする」と口を揃える。最近の台は演出が複雑になり過ぎて、かえって当たりにくく感じられるのかもしれない。

TOP:YouTube

【羽根モノ】『天下一閃』だけじゃない! 出玉感が味わえる機種をまとめてみた

tenryuu0214
規制が厳しくなっていくパチンコ業界。そんな中、希望の光とされている機種がある。それが『羽根モノ』。地味に見えがちではあるが、圧巻の出玉感は脳汁が枯れるまで噴射させてくれる。そこで、今回は出玉感を存分に味わえる、『羽根モノ』についてまとめてみた。

そもそも羽根モノって何?

羽根モノのパチンコの大当たり方法は非常にシンプルです!

台の下方に設けられた開放チャッカーに入賞させる。
台中央に設けられた役モノへのルートが開きます。
その役モノ内部に設けられたV入賞口(Vゾーン)に玉が入れば大当たり

<シンプルなゲーム性ですが、非常に奥が深くて技術介入も必要となるので、パチンコ上級者の方に特におススメしたい機種です!

出典:LAUGHTER

確変や液晶といった、我々が思い描いているパチンコとは違い、釘と役物のクセを見極め、玉の動きに一喜一憂する男の勝負とも言われる『羽根モノ』。あまり目立たない存在だったが、この『羽根モノ』が注目されるきっかけとなった機種があった。

若者に衝撃を与え、玄人は泣いた『天下一閃』

今の時代でも一発台は作れるんだという事を証明してくれた素晴らしいマシンである事は間違いありませんし、チャンスがあれば打ちたいと思う

出典:うログ

2016年10月に導入された『天下一閃』。1回の大当たりで約4500球という出玉感と見慣れない筐体に業界が騒然とした。それ以前にも、餃子の王将など一発台は存在していたが、それまでの羽根モノになかったゲーム性を融合させたことで注目を集めた。

ブーム間違い無し!?おすすめ『羽根モノ』

CRトキオスペシャル

3R~16Rの振り分けは約33%ずつ。最大約1200球を獲得できるトキオスペシャル。

これまでのトキオシリーズとは違い、大当たりの消化が役モノではなく、アタッカーになり、スタート賞球が7個、役モノ賞球が3個となったことで、プレイヤーの技術による差が出づらくなった。

また、筐体は初代のタワーに近くなっており、クルクル回るタワーを球が登りきれるか一喜一憂出来る台となっている。

CR天龍∞

「裏ルート」「救済ルート」、さらに「天ルート」「龍ルート」と独自のゲーム性を兼ね備えた羽根モノの天竜∞。一撃約7000球を獲得できるが、吸い込みが激しいとネット上で散見されるため、かなりの覚悟が必要と言えるだろう。ちなみに、メーカーはマネホンでおなじみのマルホンが作っている。

極閃ぱちんこ うしおととら

1種2種混合機だが、これまでのモノとは異なり、液晶で図柄を揃えて、役モノで大当たりを引き当てる2段階抽選となっている。つまり、V入賞をゲーム性として楽しめる本格的な役モノとなっている。

ここまで聞くと「まどろっこしくて仕方がない」と思ってしまうかと思うが、液晶確率は甘デジ以上、51%で約3200発を獲得でき、さらに1G連にも期待できる破格の仕上がりとなっている。

 

新基準が施行され、厳しい道のりが予想されるパチンコ業界。そんな業界の救世主に「羽根モノ」がなれるのか。2018年、『羽根モノ』が今後のパチンコ業界の行く末を決めると言っても過言ではないかもしれない。

TOP:YouTube