【6号機】今後登場予定の高純増AT機をまとめてみた

vr61108
6号機になって純増枚数の制限が解除され、開発が可能となった高純増AT機。6号機の適合状況は思わしくないようだが、そのなかでも厳しい試験をくぐり抜けたとされる、今後リリース予定の高純増AT機をまとめてみた。

『戦コレ![泰平女君]徳川家康』

戦コレの最新作が6号機で登場!
他の6号機に比べると、純増を抑えた事により出玉の減少区間を設ける必要が無くなり「ノンストップでATを堪能できる」というのがウリ。
ただ、ベースが48.9Gと非常に高く、通常時の消化時間がかなり長くなってしまうのがネックですね。
この通常時を「育成」や「コレマップシステム」でどう楽しませてくれるのかがポイントとなってくるのでは無いでしょうか。

出典:ちょんぼりすた
コナミアミューズメントより、「戦国コレクション」シリーズ最新作『戦コレ![泰平女君]徳川家康』が11月19日に登場予定。これまで脇役の一人だった徳川家康が主役に抜擢。ベースは約48.9G、ATの純増は約3.5枚。設定6は「ゴッドレジェンドモード」と名づけられ、勝率99%を誇ると言われている。

『パチスロ ロード オブ ヴァーミリオン Re:』


七匠より『パチスロ ロード オブ ヴァーミリオン Re:』が12月17日にリリース予定。ベースは約49G、ATの純増は、現状の6号機では最高レベルの約5.7枚。導入から高稼働を維持している6号機第1号『HEY!鏡』と同様、高ベースの突破型ATとなっているらしい。さらに一撃2200枚のフラグも搭載されているようだ。

『アナザーゴッドハーデス2』

数々のヒット作を生み出してきた業界最大手ユニバーサルの、パチスロ6号機がついに動き出す? かねてより開発が噂されていた『ハーデス2』の、年内降臨を示唆する情報が浮上している。『ミリオンゴッド』シリーズに関しては、パチンコ新規則機に関する情報も存在。業界を代表するビッグコンテンツの動向に注目だ。.

出典:GJ
ユニバーサルを代表する機種の一つ、地獄の爆裂機『アナザーゴッドハーデス‐奪われたZEUSver.‐』の後続機も高純増AT搭載の6号機として、年内降臨がまことしやかに噂されている。純増は3.5枚という話だが、詳細は不明。11月25日開催予定の「ユニバカサミフェス2018」で、詳細が発表されたりするのだろうか?

『パチスロ 蒼天の拳~朋友~』


サミーの『パチスロ 蒼天の拳~朋友~』が、2019年1月にリリース予定との噂。大都技研の『HEY!鏡』は49.0G、コナミアミューズメントの『戦コレ![泰平女君]徳川家康』は48.9Gと、6号機はベース高めの機種が多いが、本機は32.9Gと比較的低ベース。一方、純増は約6.0枚という破壊力。かなり荒波の台になると予想される。

『SヱヴァンゲリヲンAT777SK』

ビスティブランドで適合を受けている『SヱヴァンゲリヲンAT777SK』ですが、早くも検定通過した模様ですね。非常に楽しみです。

スペックなど詳細は不明ですが、発売時期はおそらく年明け早々になるのでは?と噂されている模様です。動向が気になりますよね。ホント。注目です。

出典:777@nifty
「エヴァ」シリーズ初の6号機、ビスティの『SヱヴァンゲリヲンAT777SK』も検定を通過したらしい。純増5.7枚のAT機となるらしく、既に業界関係者やユーザーの間で動向が注目されている。リリース時期は「年明け早々」になるとのこと。

『S聖闘士星矢 海皇覚醒SP』

37: 2018/10/31(水) 10:00:25.63 ID:C0AoOs0Rp
星矢ヤバいだろ
ちょっと信じられないスペック

44: 2018/10/31(水) 11:24:26.77 ID:zRJlMOifa
純増5枚一撃2400枚も見たいけどなぁ
平均300枚とかでもいいから、極薄いとこで限界突破する台を

出典:ぱちんこドキュメント!!
5.5号機で人気を博したSANYOの聖闘士星矢の続編も、6号機として2019年1月にリリース予定との噂アリ。その名も『S聖闘士星矢 海皇覚醒SP』。ベースは51.6G、ATの純増は約2.8枚のAT継続率&セットストックタイプ。今作の「聖闘士RUSH」突入時の平均獲得枚数は1400枚とされている。

『GI優駿倶楽部』の6号機

 ウワサ〔3〕ヒロインまこちゃん
 名馬が登場し、競馬ファンの支持も高いパチスロ「GI優×倶×部」の続編が6号機で計画が進んでいるようです。現行機はシナリオ管理、シ×ボリ×リスエ×登場でゲーム数短縮などがありますが、おそらくAT機になる次作は? 来春のGIシリーズあたりにはデビューしそうです。

出典:SANSPO.COM(サンスポ)
KPEが『G1優駿倶楽部』の続編を6号機で開発中との噂。5号機『G1優駿倶楽部』は2017年2月にリリースされた。通常時は飽きの来ない「育成系周期システム」を採用し、ヒロイン「まこ」のかわいさも相まって、一部で人気機種となった。後続機はAT機として開発されているらしいが、純増はどれほどなのだろうか。リリースは来春予定とのこと。

「PSO2」の6号機

 ウワサ〔4〕集え、英雄!
 セ×の国内最大級オンラインRPGとタイアップしたパチスロ「Sフ×ンタ×ースタ×オンライン2」が進行中です。来春にはAT機でお披露目されそうです。

出典:SANSPO.COM(サンスポ)
国内最大級オンラインRPG「PSO2」(ファンタシースターオンライン2)とタイアップしたAT機が開発されているらしい。メーカーは確定情報ではないが、サミーではないかと噂されている。リリースは来春予定で、「今まで出ていなかったことが驚き」との声も上がっている。

 

高純増で瞬発力を見せる機種と、純増を抑えることで持続性を実現した機種。6号機のAT開発は早くも多様性を見せている。5号機で人気だったコンテンツの続編も多く、演出面にも要注目である。

■□関連記事□■
弱スイカの出玉で晩酌 ~『HEY!鏡』編~

TOP:YouTube

【パチンコの規制緩和!?】確変継続率65%規制が撤廃されるってマジ?

kiseikanwa3009
メーカーとホール、そしてユーザー、パチンコに関わる全ての人々を苦しめていると言っても過言ではない「確変継続率65%規制」。パチンコ離れを加速させる可能性すらある、この厳しい規制が、撤廃されるかもしれないとの噂をキャッチした。もし事実だとすればパチンコ大復活の予感がする。

規制緩和を望む声は多数


当然のことながら、確変継続率65%規制に対してはネガティブな声が多かった。継続率80%以上のMAXタイプが盛況だったのだから無理からぬことである。しかし、この規制について、以前から以下のような見解もあったようだ。

①「規制」をより細かくみる必要がある
私見では、風適法施行規則などの上位法令が緩和される可能性は極めて低い。

理由は、取り締まり行政側(国家公安委員会および警察庁)は、カジノ関連の動きに呼応して射幸性の抑制に向けて大ナタを振るい、今後もカジノの動静によっては更なる抑制の可能性も否定できないため、これを緩和する見込みは低いと考えられる。

②「内規」に関しては、緩和の可能性はある
メーカー団体が定める内規に関しては、法令の範囲内であれば、数値の増減は有り得ると見通す。

つまり、1種タイプ機(いわゆるデジパチ)の確変継続率上限65%という数値は、将来においても絶対的なものという訳ではないと判断している。

出典:パチンコ屋の裏話 現役店長楽太郎のお部屋
某ホール店長は「確変継続率65%規制の緩和はあり得るか?」という質問に対し、「法令が緩和される可能性は低いが、メーカー団体が定める内規に関してなら緩和はあり得る」という見解を2018年8月の時点で示していた。そして、約一ヶ月後……。

内規緩和の噂が浮上!

今回ウワサとなっているのは、確変継続率(実質継続率)の上限変更です。今は65%ですよね。この65%の上限が変更される見込みとのことです。何%までOKかはまだ不明です。

2018年2月の新規則の「最大出玉1500玉×継続率65%」だとパチンコ機に多様性がなくなってしまう気がします。その結果、どのメーカーも横並びになり、パチンコ業界の衰退、ひいては派生する商業も衰退してしまう可能性があります。

出典:ぱちスク!
2018年9月、確変継続率65%規制が撤廃されるらしいとの噂が飛び交い始めた。2019年2月納品分から適用されると、まことしやかに囁かれているのである。MAXタイプの一斉撤去が2016年末の出来事だったので、噂が事実ならば、わずか2年ほどでの規制緩和ということになる。

ユーザーの反応は?

16: 風吹けば名無し 2018/09/06(木) 22:22:19.18 ID:Ednsf8Nz0
出玉はもちろん昔みたいにはならんけど
遊戯としては格段に面白くなるわ

48: 風吹けば名無し 2018/09/06(木) 22:26:00.54 ID:0ndFqUeu0
>>16
昔継続率80%出玉1000球みたいなスペックちょっとでたよね
北斗とか猪木とか

出典:スロログ
継続率65%規制の緩和という噂にユーザーは歓喜。「夢がある」とか「格段に面白くなる」といった好意的な声が上がっている。やはりパチンコは大当たりが連チャンしてナンボだと感じるユーザーが多いのだろう。

ただし出玉率はそのまま

パチンコの新規性による出玉率はそのままなので、出玉感という意味では変わらないという事です。つまり今年の2月に決定した新規性の出玉率はそのまま適応されているので、最終的な出玉という意味では継続率が緩和されようが変わらないです。

途中経過が変わる可能性がありますが、最終的な出玉という意味では同じです。

ただ、継続率65%の廃止でゲーム性の幅が広がる事はたしかです。また、出玉は同じでも、今までよりも継続してくれるという点ではプレイヤーとしてもストレスが溜まりにくくなるのではないでしょうか。

出典:パチスロの勝率を上げて楽しむ
近い将来、継続率は65%以上の機種が作れそうだが、注意したいのは「出玉率の規制はそのまま」ということ。某ホール店長が予想した通り、緩和されると見られているのは「法令」でなく「内規」。2018年2月の風適法施行規則改正により、出玉試験の規則は厳しくなっているので、継続率が上がるなら一回当たりの出玉は減らさざるを得ないであろう。

パチスロ6号機の規制緩和はどうやって行われた?

昨年12月、パチンコ店の全国組織『全日遊連』、パチスロメーカーで組織された『日電協』、パチスロ販社で構成される組合『回胴遊商』が自民党幹事長二階俊博氏を訪ね、試験方法緩和について陳情したことが報じられました。5.9号機や6号機の規制を受け、『遊技機の将来像が全く見えない』『新規則に反しない試験緩和を要望』が申し出た理由とのこと。
また、元警察庁保安課長でパチンコ店のプリペイドカード『CR』を推進した、自民党平沢勝栄衆議院議員も同席したそうです。パチンコ業界に関わりが深い政治家に訪問した直後の規制緩和ですらからね。政治家との深い関係性が伝わってきます。

出典:GJ
ちなみにパチスロでは、5.9号機から6号機への移行に際し、純増枚数2枚制限の撤廃やATの復活といった規制緩和が行われた。その背後にはパチンコ関連団体から行政への陳情があったと言われている。パチンコの継続率65%規制撤廃にも「大物政治家」が関わっているのだろうか?

規制緩和は過去にも行われている

2002年 大当確率の下限1/360に。最低賞球数が5個から4個に。大当終了後の時短が認められる

2004年 大当確率の下限が1/500に。最低賞球数が3個(規則上は1個)に
      パチンコの種区分が廃止。突然確変搭載、転落抽選搭載

出典:ヒモショウヘイのPACHINKO考察
パチンコは大きな流れとしては、射幸性を抑える方向でたびたび規制を受けているものの、ゲーム性・スペックなどに関する規制緩和は決して異例のことではない。大当たり確率の下限も、ちょくちょく変更されているのである。

ただしパチスロの規制は強化される模様……

今年2月に緩和されたパチスロの自主規制。「AT機能の復活」、「ART抽選の設定差」「純増制限」が撤廃されるなど、パチスロにとって大きな希望が生まれた。

 しかし、それもつかの間、パチスロに新たなメスが入ってしまったのである。今月21日、業界誌「プレイグラフ」が、業界団体「回胴式連絡会」が自主的措置をとるとの内容を報じている。

 同サイトによれば、今回の規制箇所は「役物及び役物連続作動装置作動時の遊技回数」。要するに「ボーナス中のゲーム数」である。具体的な内容は「すべての遊技回数のうち、役物作動時(ボーナス中)及び役物連続作動装置作動時における役物非作動時(ボーナス中の通常遊技=ハズレ)の遊技回数を加算したものの割合(役物等状態比率)が5割未満であること」とのことだ。

出典:GJ
パチンコの規制緩和は大いに歓迎だが、ほぼ同時期にパチスロの規制強化の話も浮上した。規制される箇所は「役物及び役物連続作動装置作動時の遊技回数」とのことだが、何を言っているのかチンプンカンプンである。どうやらこの規制は、AタイプやATタイプに対するものではなく、『ルパン三世 世界解剖』と同タイプのものに的を絞った規制のようだ。せっかく規制を攻略するようなスペックが出ても、すぐに対処されてしまう。規制緩和もこれくらい動きが早ければ良いのだが……。

 

規制強化のたびに「業界終了」と騒がれながらも、メーカーの創意工夫や政治家の温情(?)によって、なんだかんだで生き残っているパチンコ業界。やはり、パチもスロも、娯楽として一定の需要があるということであろう。確変継続率65%規制の緩和は、まだ確たる情報ではないが、事実であってほしいものである。

TOP:YouTube