厚生労働省は8月27日、「ギャンブル等依存症対策基本法」に基づく実態調査の結果を公表し、過去1年における依存が疑われる人の割合が2.2%だったことを明らかにした。一部報道では、人口に換算すると約196万人に相当するとして […]