平和

【大連チャン】高継続の甘デジ新規則機をまとめてみた

amadeji1216
軽く当たって、長く続く。そんな都合のいい展開に期待できてしまうのが高継続タイプの甘デジである。無論、大当たり1回あたりの出玉はライトミドルやミドルには及ばないが、連チャン数次第では一撃万発も十分狙える。まずは現役の高継続機を見ていこう。

『PAストライクウィッチーズXBD』


SANYOが7月にリリースしたV確STタイプ。6段階設定付きで、初当たり確率は1/99.9~1/87.7、ST継続率は約77~81%。40回の時短中に引き戻すことでSTに突入する。

『Pターミネーター2~連撃FULL AUTO VER.~』


平和が7月にリリースした10回リミット付のV確変タイプ。6段階設定付きで、初当たり確率は1/119.8~1/94.9、トータル継続率は94.7~95.2%。ヘソ大当たりの35%で確変に突入する。

『PA巨人の星~栄光の軌跡~Light version』


サンセイR&Dが8月にリリースしたV確STタイプ。4段階設定付きで、初当たり確率は約1/79.9~1/69.0、ST継続率は約80.0~84.5%。時短引き戻し含め約42.9~47.3%でSTに突入する。

『ぱちんこ ウルトラセブン2 Light Version』


京楽が9月にリリースしたV確STタイプ。6段階設定付きで、初当たり確率は1/99.9~1/89.9、ST継続率は約84.6~87.5%。ヘソの振り分け2%を直撃するか、40回の時短中に引き戻すことでSTに突入する。

『ヱヴァンゲリヲン13 プレミアムモデル』


ビスティが9月にリリースしたV確STタイプ。6段階設定付きで、初当たり確率は1/99.9~1/83.7、ST継続率は約86.0~90.4%。ヘソの振り分け10%を直撃するか、30回 or 100回の時短中に引き戻すことでSTに突入する。

 

続いては、今後導入予定の新台をまとめてみた。現行機はV確STタイプが中心だが、今後は1種2種混合タイプも増えてくるようだ。

「PA新鬼武者 狂鬼乱舞」

■PA新鬼武者 狂鬼乱舞 (OK!!)
新規則 新内規 へそ3個賞球
6段階設定付 一種二種混合タイプ
・RUSH突入 約49.7%~52.3%
・RUSH平均継続 約90%

出典:モード1.0のブログ
オッケー(京楽ブランド)より2020年1月リリース予定。平均継続率約90%という強力スペックと出玉速度でユーザーを魅了した『ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞』(初当たり確率約1/319.9)の甘デジ版である。
本家のミドル同様、時短回数による継続率変動型で、約90%という平均継続率の高さは健在。今作は6段階設定付きで、初当たり確率は約1/99~1/73。設定が高いほど早い初当たりと長い連チャンに期待できるので、設定推測要素も気になるところだ。

「PAゴッドイーター 99ver」

『Pゴッドイーター』(サンセイ)
☆新内規:ヘソ3個
2月17日導入 計3,000台予定

《デジハネ》
大当たり確率:1/99.9→1/1.46
突入率:50%
継続率:90%

出典:パチンコ・パチスロ.com
サンセイR&Dより2020年2月リリース予定。出玉スピードの速さが話題となった『P GOD EATER‐ブラッドの覚醒‐』(初当たり確率1/319.68または1/199.8)の甘デジ版。継続率は約90%を誇る。これで「Pゴッドイーター」シリーズはミドル・ライトミドル・甘デジが揃う形となった。
本家のミドルと同様、RUSHは時短1回転+残保留1回転のわずか2回転で継続か否かが決する模様。甘デジでも出玉スピードの速さに期待したい。

「PAルパン三世-神々への予告状-(甘デジ)」

平和からPルパン三世-神々への予告状-(甘デジ)が発売・導入されます。
型式に関しては「Pルパン三世LAST GOLD 9AU1」に対応した機種となっています。
スペック面に関しては、初当たり確率が約1/100の甘デジタイプ。
一部で直撃も存在するものの、基本的には初回突破型のV-ST機となっています。

出典:パチンコ新台ガイド
平和より2020年2月リリース予定。6段階設定付きのライドミドル『Pルパン三世~神々への予告状~』(初当たり確率1/199.8~1/171.5)の甘デジ版である。
今作は設定非搭載だが、初回突破型のV確STタイプという点は共通。ST継続率は約90.2%を誇る。ラウンド数の振り分けは2Rが中心なので、いかに連チャンできるかが勝負の分かれ目となるだろう。

 

今後の新台は、規制緩和された「ヘソ3個賞球」を採用している点にも注目したい。通常時の玉持ちを抑えた分、右打ち中の出玉性能がアップしている模様。多くの台が初回突破型のゲーム性だが、一度RUSHに入れば甘デジらしからぬ出玉を体験できるかもしれない。

TOP:YouTube

【平和】『パチスロ ルパン三世~イタリアの夢~』の実戦報告まとめ

lupan1205
12月2日(月)、平和より『パチスロ ルパン三世~イタリアの夢~』がリリースされた。超人気版権+純増約9枚+1G連という実に豪勢な新台で注目度も高かったが、ホールでの反響はどうだったのだろうか?

『パチスロ ルパン三世~イタリアの夢~』スペック

本機は純増9.0枚/GのATによる擬似ボーナスを搭載したAT機。ボーナスは「MAX BONUS(34G・約306枚獲得)」と「LUPIN BONUS(15枚役ナビ5回・約60枚獲得)」の2種類存在し、MAX BONUS中はV獲得でMAX BONUSの1G連濃厚だ。LUPIN BONUS中はVストック特化ゾーン「極 銭形共闘」突入のチャンス。突入時は平均約3個のVストックが期待できるぞ。

出典:パチ7
本機は擬似ボーナスの連チャンで出玉を増やすタイプ。ボーナスは約306枚獲得の「MAXボーナス」と15枚役ナビ×5回の「ルパンボーナス」の2種類。MAXボーナスは演出成功で1G連、ルパンボーナスは終了後にシャッターが閉まればボーナスストック特化ゾーンの「極 銭形共闘」に突入する。
初当たり確率に1/421.4~1/277.3と顕著な設定差がある。また、設定6の機械割が112.8%と6号機の中ではかなり高いのも特徴。

『パチスロ ルパン三世~イタリアの夢~』前評判は?

127:
こういう疑似ボ上乗せしてくような台はなぁ…。見せ方の問題なんだろうけどATなのにAタイプ打ってるみたいであんまり好きじゃない。

128:
>>127
ストック機を再現しようとしているんだろけど、そもそもストック機のニーズが少ないってのにメーカーが気づいていない。

出典:パチンコ・パチスロ.com
純増9枚、「夢のぶっちぎりスペック」という触れ込みで話題となっていたものの、擬似ボの連チャン機だとわかっているユーザーからは冷ややかな目で見られていた。1セット(ボーナス)のゲーム数が固定ならAT機よりAタイプに近い。そしてAタイプを純増で語るなら「ジャグラー」も1Gあたり13枚の高純増機と言えてしまうのである。

さて、導入後の評価や如何に? ネット上の評価・感想・実戦報告を見てみよう。

6号機ワースト1位のクソ台!?

373:
6号機ワーストは間違いなさそう リゼロのほうが100倍まし
こんなに通常時退屈な台久々だわwこんなの10台もいれたうちのマイホの店長センス
なさすぎる ゴミボになるかどうか対決演出みたいな感じにすりゃよかったのに 

374:
リゼロの通常時よりはマシだろ?

377:
>>374
体操はいるだけリゼロのほうがマシ こっちは溜まらないポイント集めてるだけw
しかも天井率高いし まじで開発者何を考えて作ったのか謎

出典:スロログ
導入直後の評価では、6号機ワーストという非常に厳しい批判を受けている。2019年12月現在、設置台数ランキング1位の「リゼロ」も通常時は退屈と言われているが、本機の退屈さはそれを上回るらしい。
通常時のレア小役やリプレイで加算される「不二子ポイント」はルパンボーナスからMAXボーナスへの昇格ジャッジに使われるが、リゼロの「異世界体操」に相当するゾーンのようなものはなく、貯まりにくいという。

初当たりはゲーム数解除がメイン?

チャンス!みたいな挙動起こしても強チェリー、ベル、強プラムが揃ってサーチライトのどれかが点く感じで(別にチャンスじゃねぇじゃん)とだんだん萎えてきます。
これらが揃ったところでボーナスに関係するかって聞かれたらちょっと微妙ですし……。ポイントが溜まるよとしか言いようがない。
それにサーチライト三つ点灯したところで素通りとか前兆に行かない時もあるし、1G連するのかなり厳しいですし……

出典:P-WORLD
ボーナスの当選契機はレア小役とゲーム数とされているが、実際はゲーム数での当選がほとんどで、レア小役にはあまり期待できないようだ。レア小役を引くと、それに対応した「3連サーチカウンタ」が33G間点灯。その間に再度対応したレア小役を引くことでボーナスが抽選される仕様。3つ全て点灯すればボーナスのチャンスのはずなのだが、前兆に行かないことすらあるという。

1G連の抽選が謎

495:2019/12/03(火) 15:45:37
あとAT連は最初のレバオン?で決まってるっぽいけど小役抽選はどんな感じでされてんのかね、この辺解析出てきて無理ゲー確率になると結構厳しい事になるね

496:2019/12/03(火) 15:53:33
子役抽選は相当低い確率だと思う
1ATで強チェ5回とベル2回でも単発だった

出典:ギャンブルブログまとめ
ボーナスの1G連は本機の醍醐味。しかし、これがどのように抽選されているのかは明らかにされていない。ボーナス中にレア小役を引いても連チャンしないので、通常時ハマるほど連チャンしやすいとか、最初のレバオンで決まっているのではないかという説もある。

高設定の挙動

344:2019/12/02(月) 21:14:56
ゴミボとビッグの比率で設定バレバレだな
6は淡々と250で当たってビッグ、連した分プラス
低設定は淡々と右下がりゴミボでがんばって銭がた引いてくださいって事で
低設定は地獄6はマジで作業だよこれ

345:2019/12/02(月) 21:27:36
>>344
よく分かってんじゃん
これが全て

出典:スロパチ乱舞
ボーナスの出現比率は公開されていないが、ユーザーによると高設定はビッグ(MAXボーナス)、低設定はバケ(ルパンボーナス)に偏るらしい。また、設定6は200~250Gでよく当たるという。6号機は設定看破のしやすい台が多いが、本機はその中でも特に見抜きやすい台かもしれない。

出玉スピードは速い

224:
リプレイ時に逆押しで7揃うから、ストックの有無をリプレイ時に告知してるだけじゃねーかなこれ

225:
そして5連したら完走モードに入った
出玉速度が速いのはありがたい

出典:鈴木さん速報
酷評されている本機だが、純増9枚の出玉スピードに偽りはない。完走モードに入ればかなりのイケイケ感が味わえるだろう。しかし、まともに評価されているのが純増9枚という点だけとは、なんとも残念である。解析が進めば、もう少し打てるようになるのかも知れないが……「ロイヤル通路」の再来が危ぶまれる。

 

とは言え、高設定なら安定した右肩上がりのグラフになり、看破もしやすいようなので、設定配分に期待できるホールがあれば打ってみるのも一興。設定不問で勝負する時は「極 銭形共闘」での大量ストックに望みをかけよう。

TOP:YouTube

【2019年12月】パチスロ新台の設定別機械割ランキング

1912ran1128
2019年12月に導入されるパチスロ新台で、低設定でも負けにくい&高設定なら大勝ちしやすい機種はどれなのか? 各機種の最低設定と最高設定の機械割を調べ、ランキング形式でまとめてみた。

【12月導入予定のパチスロ】

  • Sルパン三世 イタリアの夢
  • マジカルハロウィン7
  • 天下布武4
  • S喰霊‐零‐ 運命乱~うんめいのみだれ~
  • ドリームクルーン2
  • パチスロ トータル・イクリプス2
  • S沖っ娘
  • パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI‐EVOLUTION ZERO

~最低設定の機械割ベスト3~

第3位『天下布武4』

天下布武シリーズの最新作が6号機で登場。ゲーム性は過去の作品を引き継いでいるので打った事のある方ならすんなり入っていけそうです。演出面は替え歌有り・オマージュ有り・バブル世代ネタ有りと相変わらずハチャメチャですね(笑)。

出典:ちょんぼりすた
山佐より12月2日(月)導入開始予定。設定1の機械割は97.9%
「天下布武」シリーズもついに4作目。おふざけ演出は健在のようだ。通常時は各武将に対応したレア小役による抽選や、規定ゲーム数の消化からボーナス当選を目指す。内部的に5つのモードが存在し、最上位の「超天国」なら天井が36Gとなる。ボーナスは天下ボーナスとREGボーナスの2種類で、演出に成功すればAT高確率ゾーンの「覚醒」に突入。覚醒の期待獲得枚数は約822枚とされている。

第2位『パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI‐EVOLUTION ZERO』

サミーは11月7日、都内台東区のショールームにて新台「パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI-EVOLUTION ZERO」内覧会を開催。

当時人気を博した「パチスロ交響詩篇エウレカセブン」の登場から10年。本機は、そのスペックやシステムを追求し、継承・進化・超進化を遂げた待望の第3弾となる。

出典:『遊技日本』
サミーより12月9日(地域によっては16日)導入開始予定。設定1の機械割は98.0%
擬似ボーナスとAT「コーラリアンモード」で出玉を増やすゲーム性。これまでの6号機は擬似ボーナスの枚数は少なめのものが主流だったが、本機は赤7揃いが平均255枚獲得、白7揃いは平均170枚獲得と、純ボーナスに近い枚数。初代エウレカを再現することを目指したスペックと言えるだろう。

第1位『マジカルハロウィン7』

最大3.0枚/Gの純増変動性であるATカボチャンスは、ボーナス当選や特化ゾーン当選時にG数をリセットするSTタイプのAT機。
リセット確率は設定1でも約1/170となっており、分母以上のG数を保有できると大きな連チャンに期待が持てる仕組みだ。

シリーズならではの特化ゾーンアリスの王様カボチャンスや新たにミコトタイムを搭載しており、出玉獲得のトリガーにも注目だ!

出典:【一撃】パチンコ・パチスロ解析攻略
コナミアミューズメントより12月2日(月)導入開始予定。設定1の機械割は98.3%
通常時は純増約5.0枚の擬似ボーナスから純増枚数変動型のAT「カボチャンス」突入を目指す。擬似ボーナス中におなじみの「カボチャ揃い」や「まじかるちゃんす」発生でAT確定。ATは擬似ボーナスや特化ゾーンに入るたびに残りG数を再セットするSTタイプで、一度大きく上乗せすれば連チャンに期待できる仕様。

~最高設定の機械割ベスト3~

第3位『パチスロ トータル・イクリプス2』

本機は疑似ボーナスとATによって出玉増加を目指すマシン。通常時はレア役成立時や999pt獲得時にCZ突入のチャンスとなり、「テイクオフチャレンジ」なら約50%でボーナス当選、「覚醒チャンス」なら約80%でAT当選となる。
AT「サバイバルタイム」は3つのレベルと12段階のランクで管理。継続率はランク1~12で約50.6~96.4%となっており、レベルとランクはATが継続する限り転落しない。AT中はランクを上げまくって終わらないATを目指せ!

出典:パチ7
12月上旬、SANKYOより導入開始予定。設定6の機械割は111.0%
通常時はCZや擬似ボーナスからAT「サバイバルタイム」を目指す。ATは上記「マジハロ7」同様、ボーナスや上乗せ特化ゾーン当選で残りG数が再セットされるSTタイプ。設定6のみ突出してCZ・擬似ボーナス・ATの出現率が高いのも特徴の一つである。

同率2位『天下布武4』・『パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI‐EVOLUTION ZERO』


最低設定部門で3位・2位だった2機種が最高設定部門では2位で並んだ。いずれも設定6の機械割は111.2%。12月導入機種の中では比較的ハイスペックと言えるだろう。

第1位『Sルパン三世 イタリアの夢』

純増約9枚/Gという現行機トップクラスの純増スピードを有したAT機「Sルパン三世 イタリアの夢」が平和から登場した。現行機種の中で最速を誇る出玉性能を実現させたのは、最大約306枚獲得できる「MAX BONUS」が1G連するシステムだ。MAX BONUSは純増約9枚/G・34G・獲得枚数約306枚で、消化中にV獲得で1G連が確定し、1G連は全てMAX BONUSとなる。

出典:パチンコファイト
オリンピアより12月2日(月)導入開始予定。設定6の機械割は112.8%
擬似ボーナスの連チャンによって出玉を増やすタイプで、通常時はレア小役や規定ゲーム数消化でボーナス当選を目指す。34Gで約306枚獲得の「MAXボーナス」は消化中の「V」獲得で1G連が確定。ATとしての出玉スピードは約9枚で、あの「リゼロ」の8枚を超えた。

 

最近は導入台数が少なく、寂しい月が続いていたが、12月はかなりバラエティーに富んだラインナップ。人気の5号機が撤去されるタイミングということもあり、新生の6号機たちに期待したい。

TOP:YouTube

【平和】『P烈火の炎3』の実戦報告&確率まとめ

rekka1120
11月18日、平和のパチンコ新台『P烈火の炎3』がリリースされた。安西信行氏による大人気漫画「烈火の炎」のパチンコもついに3作目。今作は小当りRUSH搭載のV確変機で、初当たり確変=小当りRUSH直行という嬉しい仕様である。

『P烈火の炎3』スペック

本機は小当りRUSH「夢幻BONUS」を搭載。初当りの50%で10R確変「極烈火BONUS」+夢幻BONUSの「空前絶後のPREMIUM COMBO」当選となる。夢幻BONUS中は小当りだけでなく「夢幻BOOST」と呼ばれる確変大当りによる出玉増も見込め、突入時の期待獲得出玉は約1500個に。電サポ付き確変「激闘モード」中は、規定回数を消化すると夢幻BONUSに突入!? 特定小当り当選による突入や、10G以上の超ロング前兆演出を経由しての突入など、新感覚のゲーム性を楽しめるぞ。

出典:パチ7
初当たり確率は1/313.5。通常時の大当たりの振り分けは、時短70回の3R通常と小当りRUSH付きの10R確変が半々となっている。右打ち中は小当りRUSH継続が35%、規定回数消化or解除で小当りRUSHに格上げとなる特殊な確変「激闘モード」が35%、残り30%が時短無しの2R通常。初当たりの時短70回転中に2R通常を引いた場合は、時短が100回転ついてくる。

『P烈火の炎3』前評判

36:2019/10/12(土)
ヘソから確変引けばいきなり小当たりラッシュとか
これかなりいいな 楽しみだ

90:2019/11/08(金)
烈火は毎度糞バランスなのをなんとかしてくれ
金でスタートラインのくせに虎ですらちょいちょいハズレるし

出典:パチンコ・パチスロ.com
小当りRUSH搭載機は振り分けが小さめだったり、右打ち中の大当たりにしか振り分けがなかったりする機種も多いため、本機のいきなり小当りRUSHという部分は注目されていた。

気になるのは演出バランス。前作までは「金」でやっとスタートライン、激熱の「トラ」でもよくハズれると言われていたが……今作はどうなのだろうか? 導入直後の評価・感想・実戦報告を見ていこう。

演出バランスは改善されたのか?

219: 2019/11/18(月)
4回初当たりしたけど金色とか集結とかでると大体当たるわ
緑カットインでもレバーでて当たったし
熱そうな演出が普通に期待できる
2は忘れよう

254: 2019/11/18(月)
演出バランスかなりマシになったな
緑保とか最終緑カットイン絡んでも他に強予告出てれば普通に当たる
赤保単体とかは相変わらずゴミだが

出典:ぱちんこドキュメント!!
最近のパチンコの「最終カットイン緑」に絶望的なイメージを抱いている人も多いはず。だが、本機は他に強めの予告が絡んでいれば最終カットイン緑でも当たるらしい。相変わらず赤保留はあまり強くないようだが、前作までと比べて演出バランスは改善されたのかも知れない。しかし……。

激熱ハズシも健在?

211:
激アツ外しは結構健在なの?
烈火2みたいに緑保留、烈神召喚リーチで虎カットイン来ると外れるとかあるんかな?
217:
>>211
健在健在。赤保留バンバンはずれるぜ
金も虎もハズしたしいつもの平和やで

出典:ぱちんこキュレーション
バランスが改善されたとされる一方で、「いつもの平和」という声も上がっている。時短中の「金」や「トラ」も外れるのだとか。どんなに熱そうでも当確が出ていない限り、ハズレがあり得ると思っておいたほうが無難だろう。

小当りRUSH「夢幻ボーナス」の性能は?


小当りRUSHの期待獲得個数は1500個。初当たり10R確変の1500個と合わせて、計3000発を一気に狙えると言われていたが、実際増えるのだろうか?

231:2019/11/18(月)
こあたりの性能はかなりいいな、めちゃ増える。単発でも3000でたよ

232:2019/11/18(月)
スペックは置いておいて、小当たりrushの演出が致命的にだめ。爽快感が無さすぎる。ガンツとかだと出玉増えてる感を演出からも感じられるけど、烈火は静かに増えてて『rush感』が無さすぎた。

出典:スロログ
確変中の大当たり確率は約1/100.0。この絶妙な重さを活かして小当りRUSH中にハメることで、玉増えに期待できるようだ。上記Twitterにあるような1/100が364回転ハマる確率は約2.58%。甘デジの3.5倍ハマリと考えれば、そう珍しくはないと思える。なお、RUSH中の見せ方が静か過ぎるとの指摘もある。

小当りRUSHだけで一撃万発報告も!?

233: 2019/11/18(月)
夢幻ボーナスやばいな
220発 490発 11230発 790発 8670発
偏り半端ない

出典:ギャンブルブログまとめ

173:2019/11/18(月)
夢幻で584ハメたら獲得が7300位だった
おかげで7連チャンだったのに16000発でたわ

218:2019/11/18(月)
初あたり確変で小当たり400ハマり通落ちで6000発出た

出典:スロログ
本機は小当りRUSHの比重が重いスペックなので、夢幻ボーナスがいかに続くかが出玉の鍵を握っている。期待値は1500発と言われているが、ほんの数百発で終わってしまうこともあれば一撃で万発を超えることもあり、相当荒れるようだ。ちなみに、上記にあるような400ハマリの確率は約1.80%、584ハマリは約0.282%である。

 

初当たりの50%を引き当て、小当りRUSH「夢幻ボーナス」を引き延ばせば一撃万発も期待できる『P烈火の炎3』。演出バランスも過去作に比べて若干ながら改善されているようなので、気になる方は一度打ってみてはいかがだろうか。

TOP:YouTube