未分類

やっぱり勝ちやすい「海物語3R」

先週打ったのとは別の貯玉店で、今週も『PA海物語3R 2』を3日に渡って計12時間ほど打ちました。

サム 海物語3R 10R

結果はツキもありますが、回転率が3日とも良好だったこともありプラス約12100個。等価ボーダーが良心的で、かつ電サポ中に止め打ちすれば玉が減らないのが大きいですが、時短33回転終了時に保留が7〜8個残るのも地味にデカいですね。時短終了時はこの8個を消化するまで打ち出しを止めているのですが、ここの残保留8個で今週は3回も大当たりしました。理論上は保留が8個埋まっていれば約13回に1回が当たるので、何気にバカにできないポイントです。

しかしあれですね。『PA海物語3R 2』を打っていると、設定が付いてなくて本当に良かったと改めて感じます。もし本機に設定があったら、最低設定での等価ボーダーはずっと辛くなったでしょうし、回転率だけで優秀台かどうかの判別はできません。それに今のスタイルだと1日あたり打てる時間はせいぜい4〜5時間ですから、仮に高設定台を掴んだとしてもそこまで旨味はありません。一般ファンにしたって長時間打てる人なんかマレでしょうし、やっぱり設定付きパチンコは早く廃れていってほしいですね。

初打ちは「海物語3R 2」

今週は『PA海物語3R 2』を4時間×2日ほど打ちました。結果はどちらも貯玉の範囲で勝負できて、2日合計でプラス約7100個。両日ともに回転率が良かったですし、満足できる初打ちでしたね。

ちなみに本機の等価ボーダーは約19.2回と良心的。最近は甘デジ=辛めのボーダーが一般的な中、これは魅力的。そういえば『PAスーパー海物語IN JAPAN2 with太鼓の達人』も等価ボーダーが甘めでしたし、どちらの機種も甘海にしては出玉が多めで、なおかつスルーが通りやすくなったことで電サポ中に玉が減りづらくなったのも嬉しいポイント。最近はヘソ賞球が減ったのにも関わらずスペック&ゲージが辛い機種ばかりですが、こと「甘海」に関していえば打ち手に優しくなっていますね。

 

メインとなるヘソ賞球が4個から3個に減ったのですから、これが正しい姿だと思いますし、個人的には等価ボーダーが20回転を切る台が主流になってほしいです。

どんな台が出るのか今から楽しみ

新年あけましておめでとうございます。この仕事を始めて、今年が19年目。随分と遠いところに来ちゃったなぁ…という実感しかありませんが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

しかしあれですね。今年はあまり大きな変化もなく、無事に1年が過ごせれば良いですね。というのも昨年は、ボクが長年勤めていた編集プロダクションが潰れてしまったんですよね。まぁこれも時代の流れだから仕方がないといえばそうなのですが、前の会社ではたくさんの雑誌を作ったし、色々と良くしてもらっていただけに残念でした。

ちなみにこれは15年くらい前に競馬場で、雑誌の実戦企画のために取った写真。今よりもだいぶ痩せているシゲキさんを見ていると、懐かしさと時の流れの早さを実感します。

 

さて、そんなことはさておき、今年はどのようなパチンコ台が登場するのでしょうね。とりあえずは時短に関する解釈基準の緩和により、これまでにない台が登場するのはほぼ確実です。たとえば「800回転ハマったら500回転の時短が付く…」なんて台が出るのかな? まぁ実際に見てみないとわかりませんが、一体どんなパチンコ台が登場するのか今から楽しみですね。

 

潰れるホールはほぼ例外なく…

昨日は久しぶりに4時間ほどパチンコを打ちました。2つの貯玉店で『PAスーパー海物語IN JAPAN2 with太鼓の達人』と『Pホー助くん』を打ち、最終的にどちらもハマって結果はトータルマイナス5000個で終了。ただ負けはしたものの、回転率的にはどちらも満足いくものでした。昨年もそうでしたが、やはり今週はどこも釘が甘めですね。

 

さてさて、そうこうしている間にあと少しで1年が終わります。振り返ってみると、今年もたくさんのホールが潰れましたね。気が付けば「P-WORLD」の登録店舗数も約8700店舗になっていますし、それだけキビしい時代だということでしょう。…ただ、そうはいってもボクが知る潰れたホールはほぼ例外なくボッタクリ店。あんな釘で営業してたら誰も打たないし、そういう意味では自業自得(?)。実際、ボクが行く4つの貯玉店は良心的なのでどこも割と賑わっていますし、こんな状況だからこそ薄利で営業するホールが生き残るのだと思いますね。

 

個人的なパチンコの収支に関しては、今年は過去最低の稼働時間&収支を記録してしまいました。まぁ無理に打って時給を下げるのもあれですが、来年はもう少し打つ時間を増やして、最低限今年以上は勝ちたいですね。

持ち玉比率は95%以上!

もう年の瀬ですか…。例年この時期は仕事が立て込むのであまりパチンコが打てないのですが、それにしたって今月は10時間も打っていないので少なすぎます。まぁでも26日には仕事が一段落するので、「7」が付く27日は長時間打って、ぜひ勝ってパチンコ納めといきたいですね。

しかしあれですね。今年もほぼ現金は使いませんでした。よっぽどいい台があれば別ですが、今は短時間勝負がメインなこともあり、基本的には貯玉の範囲内でしか打ちません。なので今年も持ち玉比率は確実に95%を超えますし、改めて貯玉勝負の「利」を感じます。というのも今は昔のように甘いホールを探して打つようなことはせず、ほぼ出勤途中にある4店舗の貯玉店で済ませてますからね。それでもまだ月平均で7万円ほどは勝てているのですから、改めて貯玉勝負の有利さを感じます。

面白い台だからこそ残念

例年この時期は一番仕事が忙しいので、さすがに今週はパチンコを打たないつもりだったのですが、『P華牌R〜猿渡翔がローズテイルにやってきた〜』のコメントを求められていたので、いつものホールで1時間30分ほど貯玉を使って打ちました。で、その感想はショールームで試打した際にも感じましたが、やっぱり面白い。右打ち中の出玉が1.5倍になる親システムが良いし、豊丸らしい演出も魅力的です。…でもだからこそ、スペックの辛さだけが本当に残念でしたね。

 

今回ホールで打った際の回転率だって、250個あたり22回転。ヘソ1個賞球の機種なので、感覚としてはかなり回っているのですが、これでも設定1〜3ならたとえ貯玉で打ってもボーダー以下なんですよね…。ここまで数値が辛いのならヘソは3個賞球で良いでしょうし、もしそうならもっと打つ人が増えたんじゃないのかと思いますね。

右始動口の調整に注意

やっぱり全国データなんかを見ると、「ヘソ1個賞球」の機種はただのボッタクリ台に成り下がっていますね。個人的には『P華牌R〜猿渡翔がローズテイルにやってきた〜』なんかは面白そうだし打ってみたいのですが、ヘソ1個賞球なのに等価ボーダーが辛すぎるので打っていません。もちろん高設定ならそこまで辛くはないのですが、なんの根拠もなしに高設定を期待して打つなんてバカなことはできないですからね。そういう意味ではたぶん打たずに終わるような気がします。

 

さて、そんなことはさておき今週のパチンコですが、まともに打ったのは1日のみ。ページ作りも兼ねて『PA元祖大工の源さん』を4時間ほど貯玉で打ったのですが、意外なほど楽しめました。この手の懐かしい台は甘デジならずっと飽きずに打てますね。

回転率は約24回といったところで、1度10連チャンがあったので約3200個ほど勝ったのですが、これはホールの良心が試される機種ですね。なぜかといえば2回ループが保証されている状態だと右始動口(賞球は3個)のみでデジタルを回すからで、ここに3個打って1個入らないような調整だと玉減りします。今回打ったホールはゲーム性を壊さないためかほぼ減らない状態になっていたのですが、そうすると1回あたりの大当たり出玉が380〜390個になるので、等価ボーダーも約1.3回ほど甘くなるのです。逆にここをシメているホールだと、確変中のハマリで大幅に玉が減るからゲーム性がぶち壊しでしょうね。

塵も積もれば…

今週まともに打ったのは火曜日のみ。

この日は『P平家物語 RELOADED』の朝イチランプを拾い、単発のBIGが2回でまずはプラス1200個。その後は同じホールで『PストレートセブンDX』の朝イチランプ(確変リミットまで4回)点灯台を打ち、最後が8連チャンでプラス2300個でした。まぁどちらの機種も(『PストレートセブンDX』は特に)あまり旨味はないですが、それでも今回のように回転率が20回転前後あり、かつ貯玉なら打つ価値があります。塵も積もれば山となりますからね。

 

しかしあれですね。もうすぐ1年が終わりますが、今年は本当に稼働時間が減りました。月平均だと確実に50時間を下回ります。もちろん釘がシブくて打てる日が減ったのが最大の要因ですが、会社が潰れたことによる諸々の作業に追われたのもありますね。収支のほうも、まだ月平均で7〜8万円は勝てていますが、ひと昔前と比べるとかなり減りました。まぁお小遣い稼ぎとしては十分ですが、改めて昔のように勝てなくなったことを実感します。

やっぱり設定は「ない」ほうがいい

今週は月曜日に釘のアイた『P亜人〜衝戟に備えろ!〜199ver.』を5時間打ってプラス約8100個。あとは昨日の木曜日に再度『P亜人〜衝戟に備えろ!〜199ver.』を打ち、貯玉2500個使って当たらずでヤメました。

ちなみに本機の等価ボーダーは約15.2回で、回転率は月曜日が約19.6回転、昨日が約17回転でしたね。しかしあのトリプルポケット、思った以上にスタートに入らなくてビックリ。打つ前は半分くらいは入るだろ…と思っていたのですが、たぶん33%〜40%といったところでしょうね。

まぁそんな点はさておいても、やっぱり設定が付いてない機種はいい。たとえば先日打った『PA緋弾のアリアAA JD設定付き』はとても楽しい機種なのですが、設定があるからたとえ勝ったとしても運勝ちかどうかが分からないからモヤモヤします。その点、今回打った『P亜人〜衝戟に備えろ!〜199ver.』や少し前によく打った『PAスーパー海物語IN JAPAN2 with太鼓の達人』は設定がなく、回転率で優秀台かどうかが分かるので好き。まぁ今の自分のスタイルだと旧イベント日(ゾロ目や「7」の付く日など)に打つことが多いので、意外と知らずに高設定台を打っている可能性もありますが、やはり目に見えない設定は「ない」ほうが個人的にはいいですね。