西陣

【パチンコのスペック】「強ライトミドル」の評判や新台の噂をまとめてみた

srmp0916
ミドルと甘デジの中間に位置し、一撃性と遊びやすさを兼ね備えたライトミドル。初当たり確率は「1/200前後」を思い浮かべる方が多いのではないだろうか。ところが最近は「1/220前後」で「強ライトミドル」と呼ばれるスペックが注目されつつあり、今後はさらに増えてくるようだ。

まずは現行の強ライトミドルの評判を見ていこう。

『Pモモキュンソード閃撃』

344:2021/08/16(月) 15:29
90連した

346:2021/08/16(月) 15:51
>>344
カウンター取り忘れたけどデータ見たら90連だった

356:2021/08/16(月) 17:04
>>346
これがライトミドルの出玉か、とんでもない時代になったもんだ…

380:2021/08/16(月) 22:37
>>346
出玉以上にスピードに驚きだな

出典:パチンコ・パチスロ.com
2021年8月2日、西陣がリリース。初当たり確率約1/219.18、RUSH突入率約50%・継続率約90%の1種2種混合タイプ。平均10連を誇る高い継続率と、右打ち中の振り分け20%を占める10Rが魅力である。

ホールではなんと一撃90連、約4万6000発というミドルスペック並の出玉記録が飛び出した。そのスピードも驚異的で、所要時間(約1時間36分)から計算すると、時速は約2万9000発となる。

『P戦国乙女6 暁の関ヶ原』

コロナ自粛明け導入P初動優秀機種 ※高い順

P戦国乙女6 M2AZ1Y

Pとある魔術の禁書目録JUA

PエウレカセブンハイエボゼロSEJD
P真・牙狼RS
Pミニミニモンスター4 a
Pぱちんこ仮面ライダー轟音M6
Pルパン三世11 2YZ7

出典:モード1.0のブログ
2020年10月5日、アムテックスがリリース。初当たり確率約1/222.9、RUSH突入率約50%・継続率約80%の1種2種混合タイプ。ヘソ大当たり後の「決戦の刻」でRUSH突入を狙うのが基本となるが、振り分け7%の金7揃いならRUSH直行。出玉性能も高く、一撃万発オーバー報告が散見された。

「“ファン”が選ぶパチンコ・パチスロ大賞2020」では第5位、コロナ自粛明け後の「パチンコ初動優秀機」では堂々の第1位に輝いた。

『Pルパン三世~復活のマモー~219ver.』

14: 2021/09/07(火) 10:34
全体的に強煽り以上の出現率がかなり削られてて真っ当なチャンス演出になった感じ
あと演出に付随してデフォで出てた風や振動は軒並みカットされてたから319のノリで打つと想像よりかなり静かめな感じはしそう

ビビオペとの比較はヘソの安定感を取るかSTの継続率を取るかの選択肢よね
平均継続1回分以上の差と考えればイーブン以上ではあると思う

24: 2021/09/07(火) 14:30
>>14
おつかれ
大体分かったわ
打ちたいけど近所に導入してる店がないわ…

37: 2021/09/07(火) 20:45
マジで全然入ってねえな
いい塩梅のスペックなんだが

出典:スロログ|パチンコ・スロットまとめ
2021年9月6日、平和よりリリース。初当たり確率約1/219.9、突入率約62%・継続率約82%のV-STタイプ。同社より2020年11月にリリースされた『Pルパン三世~復活のマモー~』の強ライトミドルバージョンで、ミドルにはなかった遊タイムを搭載。演出バランスが改善されたらしく、評判は上々だが、如何せん導入台数が少なく、打てずにいるユーザーが多いようだ。

『Pコードギアス 反逆のルルーシュ ライトミドルver.』


2021年9月6日、ビスティよりリリース。2021年1月に出たミドル『Pコードギアス 反逆のルルーシュ』の強ライトミドルバージョンで、突入率が約64%から約51.6%に下がったものの、継続率約91%はキープ。一撃80連で約4万6000発という記録も報告されており、ミドルと遜色ない出玉感があると言われている。

今後は強ライトミドルの時代?


比較的当たりやすい確率で、ミドルに匹敵するような爆発力を備えているのが「強ライトミドル」の特徴。これから一時代を築こうとしているのか、今後リリース予定のライトミドル新台も強ライトミドルに属するものが目立つ。

「Pぱちんこ乃木坂46」

スペックは右打ち中に特図1が開放する「マクロスデルタ」タイプ。RUSH中は更に工夫があり、C時短(突然時短)を用いる事で終了時に時短50 or 100回が付く仕組みとなっている模様。

特図2の振り分け15%の時短100回は7揃いとなり大当り3回確定(電サポ有りの特図2と無しの特図2の振り分けを変えて実現?)。

出典:ちょんぼりすた
11月8日、京楽よりリリース予定。初当たり確率約1/229.9、RUSH突入率約56%・継続率約86%の1種2種混合タイプ。「AKB」はパチのタイアップコンテンツとして定着した感があるが、「乃木坂」との本格的なタイアップはこれが初。

『PFマクロスΔ』(2019年7月・SANKYO)同様、ゲームフローは少々変則的。ユーザーの理解を得られるか否かが稼働の鍵となりそうだ。

■□関連記事□■
【新台の噂】「ぱちスロ沖ハナ」を経て遂に「ぱちんこ乃木坂46」が登場するようです

「PFシンフォギア2 1/230ver.」

SANKYOはこのほど、昨年リリースされたパチンコシンフォギア2の甘デジバージョンとなる新台『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2 1/77ver.』および出玉性能を向上させた『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2 1/230ver.』を発表した。ホール納品予定は11月7日からとなっている。

基本的なゲーム性を引き継ぎながら、両スペックとも新たに遊タイムを搭載。また、甘デジバージョンは初当たり確率1/77.7に設計することで遊びやすく、一方、ライトミドルの新スペック機については、最大出玉1,500個を搭載するなど出玉性能を向上させている。

出典:グリーンべると
一時代を築き、「シンフォギアスペック」という言葉も生まれた「CR戦姫絶唱シンフォギア」。その「2」の甘デジ版と強ライトミドル版が11月8日にリリース予定となっている。

強ライトミドル版は突入率約51%・継続率約81%で、右打ち中は10R比率が50%。一見悪くないスペックに見えるが……こちらはユーザーの反応が冷ややかな傾向に。元々がライトミドルであり、あえて強ライトミドルを新たに出す意義に疑問が投げかけられている。

「Pとある科学の超電磁砲」


2020年11月の『Pとある魔術の禁書目録』がヒットした藤商事。「とある」シリーズ次回作は12月の「Pとある科学の超電磁砲」となるようだ。初当たり確率は約1/239で、3回1セット(3回リミット?)の大当たりが、およそ80%でループするスペックだと噂されている。ややこしいシステムだけに見せ方がどうなっているのか気になるところだ。

 

徐々に増えつつある「強ライトミドル」のスペック。現段階では否定的な意見もあるが、選択肢が増えるのは歓迎できることのはず。当たりやすさと爆発力を高次元で両立させた今までにない台が現れれば、今後一気に流行するかもしれない。

TOP:YouTube

花満開シリーズ最新作「P花満開 月光 THE FINAL」

西陣は花満開シリーズ最新作「P花満開 月光 THE FINAL」を発表した。 本機は大当り確率1/319.69(高確率1/31.97)の確変ループタイプ。大当り出玉は払い出し1,500個(10R)or120個(2Rショー […]

【新台の噂】パチンコとパチスロの新版権タイアップ機をまとめてみた

tum0430
今やすっかりアニメとのタイアップが主流となったパチンコ・パチスロ業界。シリーズ機がいくつも出ている「北斗の拳」「バジリスク」「まどマギ」などの作品は、パチンコ・パチスロがきっかけで原作に触れた方も多いだろう。

■□関連記事□■
【人気版権】パチ&スロの影響で映画・続編が制作されたと思われるコンテンツまとめ

最近では「とある魔術の禁書目録」が初めてパチンコ化され(2020年11月・JFJ)、高い評価を得た。そして、「とある」に続けとばかりに、今年は「遊技機タイアップ初」の作品が多数開発されているらしい。

『SLOTアルドノア・ゼロ』

・通常時はゲーム数・レア役・ポイントのトリプル抽選
・ライジングバトルATは“消化ゲームなし”の継続抽選
・ベルの押し順が全てのカギを握る自力特化システム
・初当りは必ずボーナスからスタート

出典:ちょんぼりすた
5月10日、エレコよりリリース予定。ベース約50G、純増約2~4枚のAT機。通常時は前兆「ハイパーゲート」やCZ「スレイプニールモード」及び「タルシスモード」から「アセイラムチャンス」を目指す。アセイラムチャンスがビッグボーナスに昇格すればAT「アルドノア・ゼロ」に突入。原作はA-1 Pictures・TROYCA共同制作によるオリジナルロボットアニメで、「魔法少女まどか☆マギカ」や「PSYCHO-PASS」で知られる虚淵玄氏がストーリー原案を務めた。

『Pベルセルク無双』

漫画「ベルセルク」をアクションゲーム化した「ベルセルク無双」がモチーフの本機。

ベルセルク無双は、多数の敵を吹き飛ばす「無双」シリーズの一騎当千アクションと、「ベルセルク」ならではの凄惨な戦いが融合した爽快アクションゲーム。PS3、PS4、PS Vita用のソフトです。

また、原作漫画のベルセルクは1989年に連載が開始され、2021年現在もなお連載中(既刊40巻)。

出典:パチ7
5月24日、ニューギンよりリリース予定。初当たり確率約1/319.7、確変割合75%の小当りRUSHタイプ。ヘソ大当たりは振り分け67.5%で確変「無限蝕RUSH」に突入し、バトル勝利で小当りRUSH「ベルセルクEXTRA」に突入、振り分け7.5%で直行ルートもアリ。小当りRUSHの期待出玉は約1000個を誇る。原作漫画はダークファンタジーの金字塔とされ、過去に『CR新世紀ぱちんこベルセルク』(2013年8月・オッケー.)や『パチスロベルセルク』(2015年2月・七匠)などがリリース。ベルセルク無双としてのタイアップは本機が初である。

『Pバジリスク~桜花忍法帖~』


6月7日、メーシーよりリリース予定。初当たり確率1/319.68の次世代スペック「ST2.0」。ヘソ大当たり後は必ずST「桜花ラッシュ」に突入し、100回転の電サポを抜けると20回転の小当りRUSH(約1000個)が発動する。原作は「バジリスク~甲賀忍法帖~」のスピンオフ作品で、子孫たちの戦いを描いている。

『ノーゲーム・ノーライフ THE SLOT』

ダンまちも良く作りこまれていたので
今回も期待しちゃいますよ
差枚数管理型のATタイプで
ボーナスはありません!!
一通り見た印象は・・・
ダンまちにそっくり
北電子さんいわく
同じ開発が作ったとのこと

出典:嵯峨野NEWS!
6月14日、北電子よりリリース予定。ベース約49G、純増約2.5枚の差枚数管理型AT機。通常時はレア役や「スコア」1000到達から「ストラテジーゲーム」を目指す。CZ・AT突入をかけたジャッジ演出では振り分けを「安定」と「波乱」から選択可能。AT「ラブ・オブ・ラベッド2」は「バグモード」発生で差枚数管理型からゲーム数管理型に変化し、出玉性能が2.5倍に。原作の「全てがゲームで決まる世界!!」を各所で再現している。

『P宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』


6月21日、ビスティよりリリース予定。誰もが知るSFアニメ「宇宙戦艦ヤマト」のタイアップ機はこれまでに多数出ているが、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」とのタイアップは今作が初となる。
 

57:2021/04/18(日) 17:43
STで実質次回とかめずらしいな
初回3R、右30%2Rと仮定すれば真ガロから遊タイムとった分を時短と次回の数%に振っただけなんだろうしいけそうじゃないか?
真ガロより少し甘くはなるけど

59:2021/04/18(日) 18:55
仕置の完全上位互換だからいいんじゃないの
ヘソ1っぽい感じだけど

出典:パチンコ・パチスロ.com
初当たり確率は約1/319、突入率約63.5%・継続率約85%のV-STタイプ。STなのに実質次回継続濃厚の振り分けが存在。遊タイムを搭載しない分、連チャン性能と出玉が強化されているようだ。

「P刀使ノ巫女」


西陣より、「P刀使ノ巫女」が今年8月以降にリリース予定との噂。「刀使ノ巫女」は2018年に放映されたStudio五組制作のアニメで、刀使(とじ)と呼ばれる女子生徒たちと、異形の存在「荒魂」との戦いを描いている。

「S零~zero~」


テクモなどから発売されているホラーゲーム「零」のパチスロが今年夏頃にリリース予定とのこと。第1弾「零 zero」が発売されたのは2001年。それまで西洋の世界観が多かったホラーゲーム界において、昭和の日本を舞台に選んだことで注目を集めた。

「Sドリフターズ」

ウワサ〔4〕スロファン全員集合
 人気漫画とタイアップしたパチスロ「ド×フタ×ズ」が出るようです。日本の戦国時代、信長や那×与一あるいは古代ローマの将軍などが古今東西の英雄が登場する壮大なストーリーが繰り広げられる。年内にお披露目されそうです。

出典:SANSPO.COM(サンスポ)
漫画「ドリフターズ」のパチスロが年内に登場予定との噂。古今東西の英雄が中世ファンタジー風の異世界に召喚される壮大なバトルアクション。原作は2009年連載開始で既刊6巻、2016年にはアニメ化もされている。

「S幼女戦記」


アニメ「幼女戦記」のパチスロをタイヨーエレック(サミー系列)が開発しているらしい。日本のサラリーマンが20世紀初頭のヨーロッパに似た異世界で女の子として生まれ変わり、帝国の兵士として戦う物語。原作ライトノベルは2013年刊行開始で既刊12巻、アニメは2017年、劇場版は2019年に公開された。

「Sソードアート・オンライン」

・人気版権「SAO(ソードアートオンライン)」のパチンコパチスロ化が決定とのウワサが浮上
 …比較的大手のメーカーが版権取得をした可能性
・導入日は数年後となる見込

出典:ぱちんこキュレーション
海外でも人気のアニメ「ソードアート・オンライン」(SAO)のパチンコ・パチスロが大手メーカーによって開発されているらしい。SAOはさまざまなVRオンラインゲームを舞台に人々の戦いを描くSFファンタジー。原作ライトノベルは2009年刊行で続刊中、アニメは現在までに4期放送され、今年秋には新作劇場版も控えている。

 

初タイアップの新台が続々参戦し、ホールはますます華やかになっていくと予想される。この中から「北斗」のように長期シリーズとなる作品が現れるかもしれない。

TOP:YouTube

【パチンコ新規則機】ネット民がオススメするライトミドルをまとめてみた 2021

rm20210427
パチンコのミドル機は出玉性能の高い新台が次々と登場。しかし、ミドルで勝負するには軍資金が心許ない……という方もおられるはず。そこで、ネット上の評判が良いライトミドルの新規則機をまとめてみた。4都府県に緊急事態宣言が出されるなど未だ油断はできない状況だが、適度な息抜きは必要。新型コロナの感染拡大防止に努めつつ、遊技に興じよう。

『P戦国乙女6 暁の関ヶ原』

大当たり確率は1/223とライトミドルになり、遊タイムが666回転から付いて来る非常にマイルドなスペックになっています。
RUSH突入率が50%なので、確かに入らなかった時の出玉400発はきついです。
その代わり一度RUSHに入ってしまえば継続率80%で、一撃万発も十分狙える仕様になってます。

今のパチンコは遊タイム付きが増えて来てますが、戦国乙女6はその中でも1番のオススメ機種です。

出典:パチンコ屋元店長の業界裏話ブログ
2020年10月、アムテックスよりリリース。初当たり確率1/222.9、RUSH突入率約50%・継続率約80%の1種2種混合機。666回転で突入する遊タイムからの一撃が複数確認されている。
 

コロナ自粛明け導入P初動優秀機種 ※高い順
P戦国乙女6 M2AZ1Y
Pとある魔術の禁書目録JUA

出典:モード1.0のブログ
昨年秋には、人気の「とある魔術」を抑えて初動優秀機種の第1位にも輝いた。コンテンツ人気もさることながら、一撃や一発逆転に期待できるスペックが評価されているのだろう。

『ぱちんこ ウルトラセブン 超乱舞』

・継続率74%→継続率90%という2段階モードを搭載
・超乱舞(継続率90%)突入時の期待出玉は約7600発
・遊タイム到達時は超乱舞へ直行

出典:ちょんぼりすた
2020年11月、オッケー.よりリリース。初当たり確率約1/199.9の1種2種混合機で、RUSH突入率は約60%。継続率74%の「乱舞RUSH」は、振り分け25.5%の大当たりを引くことで、継続率90%の「超乱舞RUSH」に昇格する。超乱舞突入時の期待出玉はライトミドルであるにもかかわらず約7600発もあるという。
 


通常時500回転消化で遊タイムに到達し、恩恵は超乱舞直行。恩恵の強い遊タイム機は突入間際まで来ると、当たらないことを祈るという奇妙な現象が起きてしまうが、本機はラスト50回転に専用演出を用意して打感を変化させているようだ。

『P緋弾のアリア ~緋弾覚醒編~』


2021年3月、藤商事よりリリース。初当たり確率約1/199、RUSH突入率約63%・トータル継続率約80%の1種2種混合機。右打ち中の大当りは約25%で「LIGHTNING BULLET CHANCE」に突入し、ストックに成功すれば継続率約87%の「V Attack STOCK TIME」に移行する。突破すべき関門は多いが爆発力は高く、一撃2万発オーバーが相次いでいる模様。
 


導入前は筐体上部の巨大な飾りが「ビート板」などと揶揄されていた本機だが、中身は好評だったようで、再販が決まったらしい。見かけで判断してはいけないということだろうか。

『P〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』


2021年2月、サミーよりリリース。初当たり確率約1/199.8、突入率約51%・継続率約86%の1種2種混合機。継続率の高さを発揮し、一撃万発オーバーの出玉がコンスタントに叩き出されているようだ。また、「出る」というだけでなく……。
 

21:2021/02/23(火) 13:48
最終決戦はどっちの方が面白い?
個人的にはバトルの方が好きだけど

23:2021/02/23(火) 13:51
>>21
どっちもクソでどっちも面白い

25:2021/02/23(火) 14:11
>>21
八九寺とのあっち向いてホイに何万もかかってると思うと興奮する
俺はガチであっち向いてホイに臨んでるから
突破できないって文句言ってるやつは真剣さが足りない

186:2021/02/24(水) 00:28
一回打ったら結構満足してしまった

あっち向いてホイで撫子の手前で当たったから保留連かと思ったらリーチすらならないで最終gまで持ってかれて焦った

あとラウンド告知のダルマ落とし好きよ
珍しくラウンドランプを見ないで打った気がする

出典:パチンコ・パチスロ.com
「あっちむいてホイ」や「だるま落とし」、貝木モードの「違和感演出」など、独特なテイストの演出が好評を博している。

 
ここからは趣向を変え、GW明け以降にリリースされる新台の中で、前評判の良いものをまとめてみた。

前評判の高いライトミドル新台

「P織田信奈の野望 全国版」

西陣の人気シリーズ第3弾『P織田信奈の野望 全国版MGa』が登場。1種2種混合機ではあるが、全大当り後に電サポ100回転+残保留4個の「天下布武モード」へ突入するのが特徴だ。また、TVアニメでは描かれなかった武田信玄との合戦をはじめとした名場面が映像化されていたり、新規描き下ろし演出が搭載されているなど、原作ファンも見逃せない1台となっている。

出典:パチ7
5月10日、西陣よりリリース予定。これまで「RUSHに入れば高継続」が主流だった1種2種混合機であるにもかかわらず、本機はすべての大当たり後にRUSH「天下布武モード」に突入する斬新な仕様。新規演出もふんだんに盛り込まれているとのことで、大いに期待されている。

「Pガールズ&パンツァー 劇場版」

スペックは遊びやすさと一撃性を兼ね備えた1種2種混合ライトミドル。右打ちモード「戦車道」は突入率約54%、継続率約83%で、10R(払出出玉1,000個)比率も50%あるため、高いポテンシャルを秘めている。また、低確率500回で発動する遊タイムも搭載。電サポが200回付与されるため、発動時点で実質大当たり濃厚となる。

出典:グリーンべると
5月10日、平和よりリリース予定。突入率約54%・継続率約83%の1種2種混合機。遊びやすさと一撃性を兼ね備えたスペックに加え、新規絵や撮りおろしボイスの多さでも注目を集めている。

「PFゴルゴ13疾風マシンガンver.」


6月7日、SANKYOよりリリース予定。2020年11月のミドル『PFゴルゴ13 疾風ver.』のライトミドル版である。3000発のループが魅力だったミドルとは大きくスペックを変え、3Rメインの出玉を約93%の継続率で積み重ねる源さんタイプとなっている。ちなみに……。
 

42:2021/03/25(木) 18:20
作者も覚えてなさそうな脇役が世間をここまで煽った例はなかなかないだろうな
それもこれもお前たちの功績だな!ガキバイン期待してるよ

95:2021/03/29(月) 23:46
遊タイムあるのにヘソ3はいいね
他はまあライトミドルの源さん的にまとめてきた感じか

出典:パチンコ・パチスロ.com
ファンの間で「クソガキ」の愛称で親しまれているミランくんの新たな活躍にも期待がかかっている。ライトミドルの愛称は「ガキバイン」……?

「Pモモキュンソード」新スペックver.


遊タイム機が出始めた頃にリリースされた『PモモキュンソードMC』(西陣・2020年7月)の新スペックが開発されているらしい。今作もライトミドルで、出玉速度を売りにするミドル機に負けるとも劣らない時速3万2000発を有しているという。上記ゴルゴも時速2万発オーバーとのことだったが、それをさらに上回るスピードである。

 

ライトミドルは遊びやすく、一撃にも期待できる1種2種混合機がユーザーに支持されやすいようだ。GW明けには期待の新台も多数スタンバイ。その頃には全国のホールで遊技できる状況になっていると信じたい。

TOP:YouTube

【万発狙える?】ネット民がオススメする甘デジ新規則機をまとめてみた 2020

amaama1217
新規則機(P機)の設置開始から既に2年以上が経過した。初期は爆発力や出玉スピードが不安視されていたが、今や多彩な機種が出揃い、さらに遊タイムの新設で、パチンコのシマはなかなか盛り上がっている。

近頃はP機の甘デジも充実してきた。今回はその中でもネット上で「甘い」と言われている機種、そして今後リリース予定の期待できそうな新台をピックアップしてみたい。

『PAドラム海物語IN JAPAN』


2020年11月、サンスリーよりリリース。初当たり確率約1/99.9、100%突入のSTタイプ。ラウンド振り分けはヘソ・電チュー共通で、4R:6R:10R=46%:46%:8%となっている。計92%を占める4Rと6Rの電サポはST10回+時短30回で、連チャン期待度は約51%。10Rを引けば、ST10回+時短289回となり、期待度は約96%まで跳ね上がる。

一撃性能が高いわけではないが、20回 or 40回の突然時短と、通常確率290回転で発動する379回の遊タイムを搭載し、ネット上では「めちゃめちゃ甘い」と言われている。よく回る機種で長く粘れば勝率はかなり高そうで、トータルでの万発も狙えるかもしれない。

『PA真・怪獣王ゴジラ NL‐K1』

ヘソ賞球1個返しであるが右打ち機で出玉がきっちり獲得できる為、P機現役では最高クラスに甘いスペックと言える。

出典:甘デジ専門セミプロのパチンコ常勝ブログ
2020年9月、ニューギンよりリリース。2019年7月にリリースされた『PA真・怪獣王ゴジラ N2‐K6』は設定付きのST機だったが、こちらは設定無しのST機。初当たり確率は約1/77.1と、甘デジの中でもさらに初当たりの軽いスペックである。通常時とST中で大当たり確率にほぼ差がなく、全大当たり後に必ず突入する電サポ(70回)での引き戻し期待度は約60%。上記「ドラム海」同様、一撃性能はそこまで高くないが、「現役最高クラスに甘い」との説がある。

『ぱちんこ 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ キュゥべえver.』

880:2020/11/03(火) 22:03
今40連中なんだけど多分取りきれんわ
バトルとストーリーどっちが消化早い?

881:2020/11/03(火) 22:04
演出は引いた演出の長さだから変わらんよ
40連はすごいな

889:2020/11/03(火) 23:23
甘で40連はにわかに信じがたいくらい凄い

891:2020/11/03(火) 23:24
20連は目指せるスペックだけどその倍はすごいな

892:2020/11/03(火) 23:57
>>881
色々ありがとうなんとか44連で取りきれた
28000発出たけど正直甘では一番爆発力あるんじゃないかな
皆も50連目指して頑張って

出典:パチンコ・パチスロ.com
2020年10月、京楽よりリリース。初当たり確率約1/99.9、RUSH突入率約50.7%・平均継続率は約76.6%の1種2種混合タイプ。電チュー大当たりの振り分け10.1%で「アルティメットRUSH」に昇格し、次回継続濃厚かつトータル継続率が約86%にアップ。甘デジでありながら爆発力は高く、一撃2万発以上の出玉報告が複数上がっている。

『PAハイスクール・フリート スイートでハッピー!』

942: 2020/11/02(月) 16:24
甘デジ1kで万発出たわ。楽しすぎやね

945: 2020/11/02(月) 16:47
継続率からして一撃で万発は厳しそうだけど増えたり減ったり繰り返してじわじわ増やして一日で万発近く出ればいいね!て台なんかな

947: 2020/11/02(月) 16:51
>>945
甘は基本そうでしょ
5000も出れば御の字よ

出典:ぱちんこドキュメント!!
2020年11月、メーシーよりリリース。最近あまり見かけない設定付きで、小当りRUSH付きの確変ループタイプ。設定は1と6の2段階となっており、設定1の初当たり確率は約1/109.96、設定6は約1/99.9。確変割合は60%と決して高くはないが、一度小当りRUSHに入れば、確変継続=小当りRUSHも継続。RUSH中の玉増えや10Rの引き次第ではかなりの出玉に期待できるようだ。

 
このように新規則機の甘デジも魅力的な機種が増えてきた。以下は今後リリース予定の期待できそうな甘デジ新台である。

「PモモキュンソードGC250A」


2021年1月、西陣よりリリース予定。初当たり確率約1/89.90、RUSH突入率約45%・継続率約77%の1種2種混合タイプ。約2.78倍ハマリである250回転で時短200回の遊タイムが発動。7月にリリースされたライトミドルの『PモモキュンソードMC』同様、遊タイム突入で実質RUSH突入となる。

■□関連記事□■
【西陣】『PモモキュンソードMC』の実戦報告&確率まとめ

「新世紀エヴァンゲリオン 決戦 プレミアムモデル」

決戦モード(最高状態)継続率約78%
1000個比率40%(特図2)
「使徒、再び」のプレミアム映像を多数搭載
本機専用演出「エヴァガチャンス」搭載

出典:ちょんぼりすた
2021年2月、ビスティよりリリース予定。10月にリリースされた「新世紀エヴァンゲリオン 決戦~真紅~」(ミドル)の甘デジ版である。「真紅」は、「シト新生」以上にメリハリのある演出バランスと爆発力の高さで好評を博していた。

■□関連記事□■
【ビスティ】『新世紀エヴァンゲリオン 決戦 ~真紅~』の実戦報告&確率まとめ

 
甘デジ版もミドルと同じSTタイプで、初当たり確率約1/99.9。ST「決戦モード」のトータル突入率は約41%で継続率は約78%。電チュー大当たり時の10R比率が40%と高いのが特徴。突入率が若干低い分、ツボにハマれば相当な出玉に期待できるだろう。

「PF戦姫絶唱シンフォギア YR」


2021年3月、SANKYOよりリリース予定。4月にリリースされた「2」の甘デジ版ではなく、2018年11月にリリースされた初代の甘(『CRF戦姫絶唱シンフォギアLIGHT ver.』)に遊タイムを付けたもののようだ。シンフォギアチャンス突入率は約51%で継続率は約79%。
 


遊タイムにも色々あり、RUSH突入濃厚となる機種も少なくない中、本機は「最終決戦」が確定するのみ。この遊タイムの仕様は賛否両論あるが、良いスペックと評価する声もある。初代シンフォを大切に扱ってきたホールであれば、甘デジ版の活躍にも期待できるのではないだろうか。

「ぱちんこAKB48 桜LIGHT ver.」


2021年3月、京楽よりリリース予定。初当たり確率約1/99.9、突入率50%・継続率約93%の1種2種混合タイプ。RUSH「満開モード」はわずか1回転で決着。継続率の高さとカウントダウン演出から、「源バインの甘デジ」っぽいものと見られている。

 

粘り勝ちできる機種がよく「甘い」と言われているが、今後は一撃を取って勝ち逃げできるような甘デジが増えてくる模様。あまり長時間打てないユーザーには朗報と言えるだろう。

TOP:YouTube