貯玉データの第三者管理などを行うジャパンネットワークシステムは、2019年1月1日からJ-NET株式会社に社名を変更することを発表した。設立30年を迎え、企業イメージを一層明確にする。