JPS

【技術介入】設定1でも機械割が100%を超える6号機をまとめてみた

100_06
5号機ではサミーの『パチスロ ディスクアップ』が今もなお高い稼働を誇っているが、6号機でもフル攻略で機械割100%超えの機種が出始めている。ほんの数%でもプラスはプラス。塵も積もれば山となる!? ということで、設定1でも機械割が100%を超える6号機をまとめてみた。

『パチスロ ミクちゃん』

本機は、BIGとREGの2種類のボーナスを搭載したノーマル機。
設定は3 or 9(ミク)の2段階となっており、どちらの設定も完全適当打ちで出玉率100%オーバー、さらに完全攻略時ともなると実に104%となる。
設定による差を排除し、誰もが遊びやすい仕様へと特化したマシンと言えるだろう。

出典:【一撃】パチンコ・パチスロ解析攻略
2019年1月、JPSよりリリース。株式会社タツミコーポレーションのプライベートブランド機で、兵庫・大阪・山口の「ミクちゃんガイア」「ミクちゃんアリーナ」限定で設置されている。
ミクミクCHANCEランプが点灯すればボーナス確定という完全告知Aタイプ。設定は“3”と“9”の2段階で機械割はほぼ変わらないという変則設計。フル攻略で約104%、完全フリー打ちでも100%という甘さが特徴。

『パチスロ ミクちゃん』の技術介入


通常時は左リール下段~枠下に「羽」付きの赤7を狙い、右リールを適当打ち。羽がテンパイしたら中リールで羽(15枚役)を狙う。左リールの目押しが早過ぎるとチェリー(1枚役)を取りこぼすので要注意。
告知ランプが点灯したら、1枚掛けで中リール枠上2コマ~上段に赤7を狙う。上段に赤7が停止した場合はベルが成立している可能性が高いので、右リールは赤7を回避して、左リール適当押し。中リールの赤7が中段・下段だった場合はそのままボーナスを入賞させてOK。
REG中は左リール上段付近にバーを狙って消化しよう。

『ぱちスロ ゲッターロボ』

ボーナスのみで出玉を増やすシンプルなスペックの「ぱちスロ ゲッターロボ」。通常時は演出発生率の異なるノーマルGモードとシンプルGモードの2種類から任意で選択できる。
ボーナス確率は設定1でも約1/99と当たりやすさがウリのひとつ。BGMやボイスなどでも、「ゲッターロボ」の世界を存分に楽しめる1台だ。

出典:DMMぱちタウン
2019年1月、京楽よりリリース。名作ロボット漫画とのタイアップ機。
BIGとREGのみで出玉を増やすAタイプで、設定1でも合算1/99.3という軽さが特徴。設定1の機械割は、技術介入次第で98.6%~101%になると言われている。

『ぱちスロ ゲッターロボ』の技術介入


通常時は左リールに2連赤7を狙い、右リールはフリー打ち。スイカがテンパイしたら中リールにもスイカを狙う。
リーチ目を察知したら、1枚掛けで右リールにバーを狙う。枠内にバーが停止したら中・左リールに赤7 or 青7、青7がスベってきたら中・左リールに青7を狙う。REGと青7BIGを否定したら次ゲームも1枚掛けで赤7BIGを揃える。
BIG中は一度だけ逆押しで左リールに「青7・スイカ・青7」を狙って14枚役を取得。真ランプ点灯時は中押しで真ゲッター図柄を中段に狙う。REG中は毎ゲーム左リールに2連赤7を狙うと、小役の取りこぼしを防げるとのこと。
目押しの難易度はさほど高くないらしいので、リーチ目を確実に察知することが重要となるだろう。

『天晴!モグモグ風林火山 全国制覇版』

ネットの6号機第1弾となる『天晴!モグモグ風林火山 全国制覇版』が登場。本機は擬似ボーナスを搭載したAT機で、これまでのシリーズでは最終目標であった「全国制覇」が、今回は初当り契機へと変化。全国制覇達成時の期待枚数は約1000枚と、一撃性の高い仕様となっている。

出典:パチ7
5月20日、ネットよりリリース予定。疑似ボーナスで出玉を増やすAT機。通常時は「合戦」で領土を拡大していき、「全国制覇」達成でボーナス確定。ボーナス消化後は32G間の引き戻しゾーン「天下泰平モード」へ突入する。
設定1の機械割は技術介入次第で97.8~100.8%になるとのこと。

『天晴!モグモグ風林火山 全国制覇版』の技術介入

BBは、最大40Gの小役ゲームと最大2回のボーナスゲーム(ベルナビ8回)で構成。
BBは小役ゲームを40G消化するかもしくはボーナスゲームを2回消化すると終了するため、リプレイハズシ(JACイン回避)をしながらタイミングを見計らうことが重要。
小役ゲーム中はJACイン発生時に順押しすればボーナスゲームに突入、リプレイハズシをすることでボーナスゲーム突入を回避可能だ。

出典:パチンコビレッジ
本機はBB消化中に技術介入要素が存在。
BBの終了条件は「小役ゲーム40G消化」または「ベルナビ8回のボーナスゲームを2回消化」となっている。1回目のJAC INは順押しでボーナスゲームに突入させ、2回目のJAC INは「小役ゲーム残り11Gまで」逆押し左リール上段or中段に7を狙って回避する。

疑惑の『CTザクザク七福神』

507: フルスロットルでお送りします : 2019/03/30(土)
はぁーマジで
新台情報が出てからスペック調べて試打動画とか何回も見て
適度な技術介入もあって歌とか可愛いし面白そうで
収支は無視して打ち倒すぞーとめっちゃ楽しみにマジで楽しみにしてたのに
これかよ

512: フルスロットルでお送りします : 2019/03/30(土)
おい
ヤマサから解析貰ってるいろんなサイトからボーナス確率が消えてるんだが?

出典:パーラーフルスロットル
山佐が3月18日にリリースした『CTザクザク七福神』は6号機初の「CT」搭載機。導入前は「フル攻略で101%越えか?」と話題になっていたが、導入開始後、「BIG出現率が公称値より低いのではないか?」という噂がまことしやかに囁かれ始めた。現在、大手情報サイトでスペック表示が削除されており、本当のBIG確率や機械割は闇の中である。

■□関連記事□■
【山佐】6号機初のCT機「ザクザク七福神」が出るようです

 

パチスロのフル攻略はかなり神経を使うが、自力でコインロスを抑えながら出玉を伸ばしていく達成感は味わい深いものがある。今まで敬遠されていた方もぜひ挑戦してみてはいかがだろうか。

TOP:YouTube

【2019年1月】パチスロ新台の設定別機械割ランキング

2019011219
2019年1月に導入されるパチスロ新台で、低設定でも負けにくい&高設定なら大勝ちしやすい機種はどれなのか? 各機種の最低設定と最高設定の機械割を調べ、ランキング形式でまとめてみた。

【1月導入予定のパチスロ】

  • 戦国パチスロ花の慶次~天を穿つ戦槍~剛弓ver.
  • パチスロ蒼天の拳 朋友
  • パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒Special
  • ぱちスロ ゲッターロボ
  • パチスロ フィーバークィーンII
  • パチスロ島漢
  • ぱちスロAKB48 エンジェル
  • パチスロ ミクちゃん
  • パチスロ 戦国 BASARA HEROES PARTY

~最低設定の機械割ベスト3~

第3位『パチスロ 戦国 BASARA HEROES PARTY』

ART確率は設定1で1/312、ボーナス合算は設定1で1/167と当たりやすさを非常に重視したスペック!

出典:ちょんぼりすた
1月21日、エンターライズより導入開始予定の5.9号機。純増約1.7枚のA+ARTタイプ。設定1の機械割は97.9%で、ボーナス合算1/166.8~1/138.0、ボーナス+ART合算1/108.6~1/91.5という軽さが特徴となっている。
ボーナス入賞時にルーレットがVで止まる、もしくはCZ「バサラチャレンジ」成功でART突入。G数上乗せタイプの「Let’s PARTY」とセットストックタイプの「HEROES PARTY」という2種類のARTをループさせて出玉を増やす。ナビが連続するほどナビ発生率が高まる「ナビCOMBO」というシステムを搭載しているらしい。

第2位『戦国パチスロ花の慶次~天を穿つ戦槍~剛弓ver.』

2017年8月に導入された「戦国パチスロ花の慶次~天を穿つ戦槍~」の後継機。純増約2枚/GのART「大合戦BONUS」にて出玉を獲得していくタイプだ。
基本的なゲーム性や流れは前作を継承しているが、ARTに3つの大きな変更点あり。
まずはARTのセット継続期待度が平均80%にアップしている点。2000枚突破率はシリーズ最高峰の約70%とロング継続への期待が高まる。さらに前作ではセット継続時のみ当選の可能性があった「武功チャレンジ」がART初当り時の50%で当選。また、15戦突破で突入する「天下無双モード」が新たに搭載されており、こちらは突入するとエンディングまで無敵状態が継続する強力な仕様になっているぞ。

出典:パチ7
1月7日、ニューギンより導入開始予定の5.9号機。純増約2枚のARTタイプ。設定1の機械割は98.2%となっている。
2017年8月に導入された『戦国パチスロ花の慶次~天を穿つ戦槍~』の5.9号機バージョンで、基本的なゲーム性は前作を継承。ART突入率が重くなった代わりに、平均継続率が80%に上昇。2000枚突破率はシリーズ最高峰の70%とされている。元々爆裂機のイメージが強い慶次だが、前作よりもさらに一撃性に特化した仕上がりと言えるだろう。

第1位『パチスロ ミクちゃん』

スペックはBIGとREGの2種類のボーナスを搭載したノーマル機。
設定は3 or 9(ミク)の2段階となっており、どちらの設定も完全適当打ちで出玉率100%オーバー、さらに完全攻略時ともなると実に約104%となる点が本機最大の特徴と言えるだろう。

出典:【一撃】
1月7日、JPSより導入開始予定の6号機。音・リール・ランプで告知するAタイプ。設定は「3」と「9」の2種類しかなく、機械割はいずれもフリー打ちで100.00%、フル攻略で104.00%~104.12%となっている。
兵庫県を中心に32店舗を展開するタツミコーポレーションのキャラクター「ミクちゃん」をモチーフとしたPB機。これまでフル攻略で機械割100%を超える機種はいくつもあったが、フリー打ちで100%のマシンはかなりレアだろう。

~最高設定の機械割ベスト3~

第3位『パチスロ フィーバークィーンII』

おなじみのドラム演出や定番のサウンドを搭載し、あのフィーバークィーンⅡがパチスロに生まれ変わる。
スペックはすべてのボーナス後にRTへ突入するシンプルなボーナス+RTタイプ。演出頻度の異なる2種類のモードを搭載しており、上部のドラムに図柄が揃えばボーナスとなるわかりやすさも魅力だ。

出典:DMMぱちタウン
1月21日、SANKYOより導入開始予定。ボーナス合算1/156~1/131のA+RTタイプ。設定は「1・2・5・6」の4段階で、設定6の機械割は109.3%となっている。
ドラムパチンコの名機「フィーバークィーンⅡ」がパチスロになって登場。筐体上部のドラムで絵柄が揃えばボーナス確定となり、ボーナス終了後は必ず30GのRTに突入する。

同率第1位『パチスロ蒼天の拳 朋友』

新台のスロット蒼天の拳 朋友の出玉増加契機は、シリーズでお馴染みのバトルボーナス。
継続率は約65~89%となっており、平均で約120枚獲得することができます。
また、上位ボーナスである天授の儀はセット数管理タイプのボーナスとなっているようで、引き戻し期待度もバトルボーナスより優遇されています。

出典:パチスロ天井期待値の本質
1月7日、サミーより導入開始予定の6号機。AT純増約6.0枚のボーナス連チャンタイプ。設定6の機械割は110.1%となっている。
平均約120枚獲得できる「バトルボーナス」と、バトルボーナス高確率状態である「死合の刻」をループさせて出玉を伸ばす。期待枚数約1250枚の上位ボーナス「天授の儀」も搭載。

同率第1位『パチスロ島漢』

ボーナスは、獲得120枚の赤7(島CHANCE)と獲得280枚の白7(BIG CHANCE)の2種類で、どちらもAT純増4枚の疑似ボーナス。ボーナス後は100ゲーム間の「ときめき高確」(ボーナス高確状態)に移行し、ボーナスと高確をループさせる「漢ループ」で出玉を獲得するゲームフローだ。
「ときめき高確」中に当選したボーナスは、全て白7(BIG CHANCE)が確定する。

出典:『遊技日本』
1月21日、平和より導入開始予定の6号機。設定は「1・2・5・6」の4段階で、設定6の機械割は110.1%
「キュイン!」音と共にパトライトが点灯すればボーナス確定。ボーナスは約280枚の白7と約120枚の赤7の2種類。ボーナス終了後は必ず100Gの「ときめき高確」に移行し、この間のボーナスは必ず白7となる。天国モード3種類、次回連チャン&1G連期待度の高い「夢チャンス」モード2種類を搭載しており、100G以内の連チャンに特化したゲーム性となっているようだ。

 

年明けもさまざまな新台が登場するが、実は調査時点で京楽の『ぱちスロ ゲッターロボ』の機械割が判明していない。一部の噂では最低設定でも、フル攻略で100%を超えるというが、果たしてその真相は? また、『パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒Special』は、最低設定のほうがAT突入時の獲得期待枚数が多いと言われている。たとえランキングに入っていない機種でも、要注目である。

TOP:YouTube

【地域限定】”理論上”絶対負けないパチスロが登場してしまうようです

39chan1219
投入したコインに対してどれだけ払い出しがあるか、という数値が機械割。ジャスト100%の機種の場合、100枚入れたら100枚戻ってくる(はず)ということである。
最近の台ではサミーの『パチスロ ディスクアップ』やスパイキーの『ロックマン アビリティ 史上最大の試練』が、設定1のフル攻略で機械割103%というスペックを実現。多くのファンの心をつかんだが、それらを超える「104%」の機種が登場するらしい。しかも、フリー打ちでも100%という激甘仕様なのだとか。気になるその機種の名は?

プライベートブランド機『パチスロ ミクちゃん』発表!

当社イメージキャラクター『ミクちゃん』を前面に打ち出した完全オリジナルのプライ
ベートブランド機です。完全告知タイプで、2段階の設定を搭載。

出典:press-mikuslot20181206
12月6日、 クラウンプラザホテル神戸にてJPS製の新台『パチスロ ミクちゃん』のプレス発表会が開催された。
この機種は、兵庫県を中心にパチンコ・パチスロホール32店舗を展開する株式会社タツミコーポレーションのプライベートブランド機。6号機でPB機が出るのはこれが初となる。

業界初!? 自社キャラクターを全面に押し出したPB機

「パチスロ ミクちゃんは弊社パチンコホールの店舗名にもなっているキャラクターミクちゃんをモチーフにした完全オリジナルプライベートパチスロ機。
過去にも他法人のPB機はあったが、自社キャラクターを前面に押し出したパチスロ機は業界初となる。

出典:【一撃】パチンコ・パチスロ解析攻略
発表会では株式会社タツミコーポレーション代表取締役社長の李煥辰氏が登壇。「自社キャラクターを前面に押し出した機種は業界初」、「厳しい状況の中、遊技人口の減少に歯止めをかける一助になれば」と語った。社長自ら登壇とは、本機にかける意気込みは相当なものだろう。

「ミクちゃん」って何者?

兵庫県を中心に事業展開している(株)タツミコーポレーション公式キャラクターのミクちゃんなの!みんなを笑顔でキラキラにする為に色んなことにチャレンジするから見ててほしいの!ミクラルンルンなの♪

出典:Twitter
ミクちゃんはタツミコーポレーションの公式キャラクター。ただマスコット的に存在するだけでなく、地域のイベントに参加したり、YouTubeに動画を投稿したりと、精力的に活動している。地元で愛されているキャラクターのようだ。

『パチスロ ミクちゃん』スペック

注目したいのは設定で、イメージキャラクターの「ミクちゃん」になぞらえた設定3と設定9の2段階で構成。設定3はBIG偏向型、設定9はBRの比率が1:1になっている。出玉率はどちらの設定もほぼ同じで、フリー打ち消化でも100%、小役完全奪取のフル攻略なら約104%にまで上昇。ゲーム性は明快でボーナス中の技術介入などもないので、パチスロ初心者でも安心してプレイできるだろう。

出典:パチ7
気になる『パチスロ ミクちゃん』のスペックは完全告知のAタイプ。リール左下の「ミクミクCHANCEランプ」が点灯すればボーナス濃厚となる。ボーナスは純増200枚のBIGと純増80枚のREGの2種類。
設定は「3」と「9」の2段階という変則仕様。設定3はBIG偏向型、設定9はバランス型となっているが、機械割はほぼ共通で、フリー打ちでも100%、フル攻略時は約104%。
攻略ポイントは主に通常時。左リールのチェリーをしっかり狙うだけでも機械割は約101.5%にアップするという。それに加えて、15枚役の「羽」と「ボーナス成立後のベル」を確実に取っていくことでフル攻略となるようだ。

ユーザーの反応

「特定の箇所を『ビタ押し』するのが技術介入機の基本でしたが、今ファンの間で話題になっているJPSさんから検定を通過している『パチスロミクちゃん』は、『通常時の小役をすべて取る』だけで相当甘いにスペックなるようです。例えるなら、山佐さんからリリースされた『ワンダークーちゃん』にかなり近い仕様のようですね。
気になる出玉率ですが『ディスクアップ』を超えているとか。あまりに甘いスペックにファンは『よだれがでる』『毎日打つわ』とすでに興奮気味ですよ。登場した際は、壮絶な席取り合戦が待ち受けているかもしれません……」

出典:GJ
ユーザーたちは『パチスロ ミクちゃん』の甘さに驚きを隠せない模様。「104%やばい」とか「これで検定通るのはすごい」といった声が上がっている。フリー打ちでも機械割が100%なのだから無理もない。

『パチスロ ミクちゃん』はどこで打てる?

気になる導入は2019年1月予定で「ミクちゃんガイア」「ミクちゃんアリーナ」全32店舗にて稼働予定となっています。兵庫・大阪・山口エリアのユーザーはもちろん、近くに来られることがあれば他府県の皆さんにも、この楽しさ&遊びやすさを体感していただきたいですね!

出典:DMMぱちタウン
『パチスロ ミクちゃん』は2019年1月8日より、兵庫・大阪・山口エリアの「ミクちゃんガイア」「ミクちゃんアリーナ」全32店舗にて導入開始予定。プライベートブランド機ゆえ導入はグループ店舗のみ。エリア外の人は遠征した際に狙ってみるのも良いだろう。

 

なお、理論上は負けない機械割100%と言っても、交換率にギャップがある場合はわずかに負ける計算になる。しかし、フル攻略を目指したうえで、貯玉再プレイを利用するなど賢く立ち回れば、勝率は飛躍的に上がるであろう。

TOP:YouTube

【PB機】プライベートブランド機って勝てるの?

appare0809
通常、パチンコ・パチスロの開発にホールは関わらない。しかし、一部のホールはメーカーと提携して、自社オリジナルの機種を開発している。それがプライベートブランド機(PB機)である。
プライベートブランド機にはどのような機種があるのだろうか。そして、ユーザー目線で見た時、プライベートブランド機は、果たして勝てる台なのだろうか?

PB機①やすだの『YASUDA7』

『YASUDA7』は企画コンセプトや大当たり確率・小役確率などのスペック面、筐体デザイン、サウンドなどを安田屋の遊技機推進委員会が手掛けたAタイプのオリジナルパチスロ機。安田屋が蓄積してきた遊技客のデータを基に設計され、筐体は同社のブランドカラーであるオレンジを基調としている。コンセプトは“ドキッドキッ!をあなたに”、シンプルながらも70種以上の多彩なプレミアム演出を搭載するなど打ち込み要素が豊富だ。

出典:Amusement Japan
都内を中心にパチンコホールチェーンを展開する「やすだ」とジェイピーエスが提携して開発し、2017年9月に導入開始されたパチスロ機。「ドキドキ! ランプ」の点灯でボーナスを告知するノーマルAタイプ。やすだが蓄積してきたデータに基づいて開発されたという。
スペックの詳細を見てみると、設定1だけREG出現率が1/780.2と飛びぬけて低く(設定2以上は1/310.6~1/214.2)、また角チェリーとREG同時当選が設定1のみ発生しない模様。とりあえず設定1を避けることは難しくなさそうだ。高設定ほど角チェリー出現率が高く、同時当選の期待度も高くなっている。

PB機②ともえの『グレート69~TOMOLER~』

『グレート69~TOMOLER~』は、告知ランプが光るとボーナス確定となる完全告知のノーマルAタイプ。
関東で展開しているパチンコホール「ともえグループ」のプライベートブランド機で、同グループに6月25日から順次導入予定だ。

出典:パチンコ業界ニュース
関東でパチンコホールチェーンを展開する「パールショップともえ」とバルテックが提携して開発し、2018年6月に導入開始されたパチスロ機。こちらも完全告知のノーマルAタイプで、「TOMOEチャンスランプ」が光ればボーナス確定となる。
REG出現率に1/407.1~1/250.1というわりと大きめの設定差が設けられている。チェリーとボーナスの同時当選は設定1のみ1/16384で、設定2以上は1/409.6~1/297.9となっているので、何度か発生すれば設定1はほぼ否定。高設定ほどリプレイ以外の小役と、BIG中のスイカの出現率が高いらしい。

PB機③プレゴの『あっぱれ! PREGO』

スロットあっぱれプレゴは演出、スペックともに至ってシンプルなAタイプ。
ボーナス成立時には必ず告知が発生するため、普段あまりスロットを打たない人でもこれといった予備知識無しで打つことができます。
ボーナス確率に関しては、アイジャグやハナハナシリーズのようにREG確率に大きめの設定差が付けられており、機械割は97.7~110.4%となっています。

出典:パチスロ天井期待値の本質
パチンコホール「プレゴ」などを運営するジョイパックレジャー株式会社とジェイピーエスが共同開発し、2018年7月に導入されたノーマルAタイプ。リール左下にある告知ランプは「55ランプ」というらしい……ジャグラー? REG出現率の設定差が1/452.0~1/270.8と大きく、ボーナス確率が設定判別のメイン要素となっているほか、ブドウの確率にも設定差が設けられているらしい……ジャグラー??

PB機④ダイナムの『CRフィーバークィーン2018DS』

ダイナムは5日、先日発表した新たなプライベートブランド「ごらく」の第1弾として、ジェイビーとの共同開発機2機種をグループ店舗に計2000台導入することを発表した。
今回導入されるのは「CRフィーバーパワフル2018DS」と「CRフィーバークィーン2018DS」で、それぞれ1000台を順次導入予定。導入日は「パワフル」が2月5日から、「クィーン」が2月19日からとなっている。なお「クィーン」にはドラムの各図柄にダイナムの公式キャラクター「モーリーズ」が隠しキャラとして登場する。

出典:パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島
全国にパチンコホールチェーンを展開する「ダイナム」とジェイビーが提携して開発し、2018年2月に導入開始。ダイナムの新プライベートブランド「ごらく」の第1弾である。
一般スペックの『CRフィーバークィーン2018』と比較すると、初当たり確率が1/106→1/109.8と若干重くなっている代わりに、15Rの比率が12%→約20%にアップ。ドラムの各図柄には、ダイナム公式キャラクターである「モーリーズ」が隠れているらしい。

PB機⑤ダイナムの『CRフィーバーパワフル2018DS』


こちらもダイナムのプライベートブランド「ごらく」のマシンで、2018年2月に導入開始された。上記『CRフィーバークィーン2018DS』と同様、初当たり確率を1/99.9→1/109.8と重くした分、6R比率がアップしており、4R比率が抑えられた。さらに6R後の時短を50回から75回に増やすことで、継続期待度を高めている。
また、ダイナムは現在、プライベートブランド機の本格導入を計画しており、今後3年間で約28,000台を設置する予定だとか。

PB機は勝てる?

広告塔であるホールのオリジナル台をベタピンで放置するような営業を続けると、そのホールの評価に直結することとなるので、あまりエグイことはできない、と思うのが一般的な心理だ。

近所のともえトモラーはRB回数を見る限り初日全56以上ですかね。その後も六台中毎日一台は5か6を使っているようです。今度朝から行ける時にさわってみます。

新台+付属品のバカみたいな費用や新台の二倍の中古価格を考えると、それだけでもPBは店とメーカーと客に十分メリットはありますね。

出典:パチンコ日報
各ホールの名を冠していたり、公式キャラを用いたりしているプライベートブランド機は、ホールを象徴する存在。ここでド回収営業をすればホール全体の印象が悪くなるはず。きっと薄利で使ってくれるだろう……と、期待しても罰は当たるまい。また、あくまで噂だが、初日全56や毎日1台は高設定を使うホールもあるらしい。毎日通ってデータを見れば、噂の真相を確かめられるのだろうか。

PB機は何故つくられる?

今回のプロジェクトについて安田屋の臼見安寛営業統括本部店舗強化推進室部長は、「業界が過渡期にある中、常連客の期待に応え続けるためにはこれまでと同じことをしていてはいけない。また、他店との差別化を図る上で、自店の顧客ニーズに応えられる独自の遊技機を設置したいとの思いからプライベートブランド機の開発に至った」と経緯を説明した。

出典:Amusement Japan
プライベートブランド機をつくる理由は、ユーザーの意見を取り入れやすい、他店と差別化できる、台のコストダウンが狙えるといったものが挙げられている。確かに、ユーザーの意見を元に開発し、浮いたコストで還元できれば、そのホール独自の強みとなるだろう。プライベートブランド機が大量製造された例は、いまだ皆無に等しいが、この先ヒット機種が生まれる可能性はあるのだろうか。勝ちやすい機種が生まれるというのであれば、各社には是非とも頑張っていただきたいものだ。

 

プライベートブランドのパチスロは、今のところシンプルなノーマルAタイプが多く、最低設定は回避しやすいようだ。また、パチンコは通常版よりもユーザーが求めるスペックになっていると言える。近隣に設置しているホールがある人は、攻めてみてもいいかもしれない。

TOP:YouTube

【2018年8月】パチスロ新台の設定別機械割ランキング

3008slor
2018年8月に導入されるパチスロ新台で、低設定でも負けにくい&高設定なら大勝ちしやすい機種はどれなのか? 各機種の設定1及び設定6の機械割を調べ、ランキング形式でまとめてみた。

【8月導入予定のパチスロ】

  • パチスロ ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル (オーイズミ) 
  • ハイカ101 (山佐)
  • パチスロ 花人-はなんちゅ- (スパイキー) 
  • クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡 (大都技研) 
  • クロノス~刻の支配者~ (ベルコ) 
  • TOWSER (JPS) 
  • ルーレットクイーン-女神の羅針盤- (コナミアミューズメント) 
  • パチスロ 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Mental Model ver. (サミー) 
  • マシマシ (パイオニア) 
  • SLOT ファミリースタジアム(メーシー)

~設定1の機械割ベスト3~

同率第3位『パチスロ ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル』

本機は3種類のボーナスとARTを搭載したA+ARTタイプ。
・MOYO BIG…312枚獲得
・CECIL BIG…150枚獲得
・REG…48枚獲得
ART性能をRUSH(上乗せ特化ゾーン)に集約。

出典:パチスロ天井狙い実践記!立ち回り・解析ブログ
オーイズミより、8月6日(月)導入開始予定。設定1の機械割は97.8%。
スペックは純増約1.8枚(ボーナス込み)のA+ARTタイプ。上乗せ特化ゾーンの「魔法廷RUSH」は初当たり確率が約99分の1というかなり軽めの仕様で、RUSH自体のストックも抽選されるらしい。
原作はアームスが制作したオリジナルアニメ。2014年に放映され、2018年(!)の東京が舞台となっている。

同率第3位『パチスロ 花人-はなんちゅ-』

花が光ればボーナス、シーザーが光ればART、といったわかりやすいゲーム性のボーナス+ARTタイプ。
ARTは純増約2.0枚/G(ボーナス込)・1セット40Gのセット継続タイプとなっており、突入契機はBIG後またはREGでの抽選で、ボーナスがカギを握るゲーム性だ。また、ART中の上乗せについてもボーナスの引きがキモとなっており、ボーナス当選で必ずARTのセットを上乗せする仕様となっている。
このほか、一撃最大33セットもの上乗せが期待できる裏モードを搭載。こちらはARTセット開始時に抽選を行い、初回ART&引き戻しゾーンなら裏モード確定!?本モード滞在時にボーナスが当選した際の期待枚数は1000枚を超える。

出典:K-Navi(ケイナビ)
スパイキーより、8月6日(月)導入開始予定。設定1の機械割は97.8%。
スペックは純増約2.0枚(ボーナス込み)のA+ARTタイプ。かなりの荒波仕様で、一撃で最大33セットもARTが上乗せされる裏モードが搭載されており、裏モード中のボーナス当選時には期待枚数が1000枚を超えることもあるのだとか。
下パネル及びランプのキャラクター「ナミちゃん」がかわいいと話題になり、筐体画像公開直後、ネット上は騒然となった。

■□関連記事□■
【ニューヒロイン爆誕!】『パチスロ 花人-はなんちゅ-』のナミちゃんがハイスペックな件

第2位『クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡』

本機は大人気「クレアの秘宝伝」シリーズの第3弾で、ボーナスをメインで出玉を増やす仕様のボーナス+RT機。
「遊びやすさ」の集大成と銘打たれた通り、前作同様にチャンス目確率は約1/40となっており、設定1でもボーナス合算確率は約1/149という軽さが大きな特徴。
そしてチャンス目後のプチRTが復活したことで、ますます通常時のワクワク感がUPしている。

出典:【一撃】
大都技研より、8月6日(月)導入開始予定。設定1の機械割は98.0%。
スペックは4段階設定のA+RTタイプ。ボーナス出現率が軽めで、RTも30G固定かつ純増は現状維持程度となっており、波は穏やかなほうと言えるだろう。
演出は大都技研の歴代名機をモチーフにしたものを搭載。前作はRT中などに演出を選択できたが、今作はそれに加えて通常時から選べるようになった。

第1位『パチスロ 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Mental Model ver.』

2017年の9月にA+ARTタイプとしてリリースされた蒼き鋼のアルペジオが、GRT(A+RT)タイプになって再登場!
今作でGRTタイプは第3弾となりますが、今までのGRTタイプの中では最もボーナス確率が軽くて遊び打ちしやすくなっているのが特徴です。

出典:パチスロ天井期待値の本質
サミーより、8月20日(月)導入開始予定。技術介入要素があり、フル攻略時の設定1の機械割は98.9%。
スペックはA+RTタイプで、GRT第3弾となる。ボーナスは4種類あり、最上位の「EPISODE BIG BONUS」を獲得すると、次回ボーナスまでRTが続く仕様。原作はヤングキングアワーズで連載中のSF海洋戦記漫画。突如出現した「霧の艦隊」との戦いを描く。

~設定6の機械割ベスト3~

第3位『マシマシ』

パイオニア発「Attack 25-百華繚乱プロジェクト-」第3弾となるマシン。リアルと擬似、2種類のボーナスにて出玉を獲得していくタイプだ。
擬似ボーナスとなる「マシマシボーナス」はリアルボーナス終了後に必ず突入。30Gor次回ボーナスまで継続し、純増は約0.6枚。ループ性能もあり、1セット終了後は約50%の割合で継続となる。

出典:パチ7
パイオニアより、8月20日(月)導入開始予定。設定6の機械割は110%。
スペックはA+RTタイプ。疑似ボーナス「マシマシボーナス」は純増約0.6枚で1セット30Gor次回ボーナスまで。30Gの場合は、継続率約50%のループ性を有している。
「ハイビスカスが光れば当たり」というシンプルさは従来のハナ系と同様だが、今作は業界初の「リール間告知」を搭載しているらしい。

第2位『ルーレットクイーン-女神の羅針盤-』

ARTはゲーム数上乗せ&継続率によるループ型となっており、1Gあたりの純増枚数は2.0枚。
「RUSH」なら30G~100Gスタート、「JACKPOT」なら300Gスタートとなる。初当り時のART準備中は上乗せ特化ゾーンとなっており、以降は途中でボーナスに当選しても準備中を挟まない(ボーナス貫通型)ため、安定した出玉増に期待できる。

出典:777(スリーセブン)
コナミアミューズメントより、8月20日(月)導入開始予定。設定6の機械割は110.1%。
スペックは純増約2.0枚(ボーナス込み)のA+ARTタイプ。ART中にBIGに当選すると継続率アップ抽選が行われ、最大で継続率100%(有利区間完走確定)にまで上がるという。
盤面をぐるりと囲む巨大なルーレット役物が特徴。目押しの必要がないため、初心者でも楽しめるらしい。

第1位『パチスロ 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Mental Model ver.』


設定1部門で第1位だった『パチスロ 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Mental Model ver.』が設定6部門でも第1位。フル攻略時の設定6の機械割は111.1%。目押し力に自信があるなら、かなり攻め甲斐のある機種である。

 

8月の導入機種は玄人好みの技術介入マシンから、初心者向けの目押し不要機まで、実にバラエティーに富んでいる。きっとお気に入りの一台が見つかるだろう。

TOP:YouTube

パチスロ ハクション大魔王 解析情報

f:id:commseed:20180705125124j:plain

2018年9月2日導入開始「パチスロハクション大魔王」解析情報です。

 情報が入り次第追加更新します。

  • 2018年7月5日:更新開始

 

目的の項目をタップすると該当項目に移動します
基本情報   通常時   小役確率   設定示唆  
ボーナス   RT   リール配列   PV  
思う事   設置店検索  

 

スポンサーリンク

 
  •  基本システム

  • 新規参入インテグレート(株)がWORLDブランドで発売する第1弾
    製造はJPS、設定は3段階
    A+RT機、KMK(カンタン目押し機能)搭載
  •  概要

  • メーカー WORLD
    ホール導入日 2018/9/2
    仕様 A+RT(純増枚)
    50枚あたりの回転数 約G
  •  基本スペック

  • 設定 BB RB 合成 機械割
    2 1/348.6 1/387.7 % 98.5~101.1%
    5 1/372.3 1/269.7 % 101.7~103.7%
    6 1/394.8 1/221.4 % 105.3~107.2%

  • ↑メニューへ戻る  

      
  •  通常時

  • 情報が入り次第更新します
  •  ボーナス中

  • 情報が入り次第更新します
  •  ART中

  • 情報が入り次第更新します

  • ↑メニューへ戻る  

      
  •  BIG BONUS

  • 最大獲得枚数:311枚
  •  REG BONUS

  • 最大獲得枚数:104枚

  • ↑メニューへ戻る  

      
  •  RT抽選

  • BB終了後にハクションチャレンジを経由して突入
  •  RT

  • 継続ゲーム数:20Gor40G
  • 継続ゲーム数は指定ヶ所(左リールBAR図柄)ビタ押し成功で40G、アシストヶ所(3連大魔王?図柄)狙いの50%で40Gが選択される。
  • その他はRT20G

  • ↑メニューへ戻る  

      
  •  

  • そこはかとなく漂う大花火感、「液晶はちまきリール演出」まで搭載しているようです。
  • ゲームシステムもRT突入ゲームでBARビタと3連図柄を選択させていたりします。
  • パクリとオマージュの境界線は何処にあるのかよくわかりませんが、これをユニバがやって欲しかったです。
  • 新規参入メーカーという事で完成度が気になりますが、製造はJPSなのでそれなりの水準は保っているかと思います。
  • 近くに導入店があるかかなり微妙ですが見かけたら打ってみたいと思います。

  • ↑メニューへ戻る  

      

 設置店検索(パチトラ提供)

 

  • 設置店の検索が出来ます(※機種リリース後にご確認ください)
      

  • ↑メニューへ戻る  

      

【2018年7月】パチスロ新台の設定別機械割ランキング

slo07_0702
7月に導入されるパチスロ新台で、低設定でも負けにくい&高設定なら大勝ちしやすい機種はどれなのか? 各機種の設定1及び設定6の機械割を調べ、ランキング形式でまとめてみた。

【7月導入予定のパチスロ】

  • パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド (山佐)
  • エルインカ~黄金文明~ (コナミアミューズメント)
  • パチスロ ダンガンロンパ (ニューギン)
  • パチスロ 美ラメキ! (藤商事)
  • パチスロ トータル・イクリプスLv.MAX-RT (SANKYO)
  • あっぱれ! PREGO (JPS)
  • マイジャグラーIV (北電子)
  • SLOTハイスクール・フリート (ユニバーサルブロス)
  • パチスロ雷雷弁慶 (ボーダー)
  • ストリートファイターV パチスロエディション (エンターライズ)
  • クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡(大都技研)
  • パチスロ ルパン三世 世界解剖 (オリンピア)

~設定1の機械割ベスト5~

第5位『あっぱれ! PREGO』(JPS)

スロットあっぱれプレゴは演出、スペックともに至ってシンプルなAタイプ。
ボーナス成立時には必ず告知が発生するため、普段あまりスロットを打たない人でもこれといった予備知識無しで打つことができます。

出典:パチスロ天井期待値の本質
7月9日(月)導入開始予定。『あっぱれ! PREGO』は、関東でパチンコホール「プレゴ」などを運営するジョイパックレジャー株式会社とJPSが共同開発した、いわゆるPB機(プライベートブランド機)で、設定1の機械割は97.65%。リール左下のランプが点灯すればボーナス確定というシンプルなAタイプで、『ジャグラー』などと同様、REG確率に大きめの設定差が設けられているらしい。

第4位『パチスロ ダンガンロンパ』(ニューギン)

通常時は4種類のボーナスからART突入を目指すのが基本ルート。
ARTは1Gあたりの純増が約1.0枚。セット継続型で前半の「エピソードパート(15G or 20G継続)」と後半の「議論パート(平均24G継続)」で構成されている。
セット継続のカギとなるのは「議論パート」で、「矛盾証言者」を論破できればセット継続確定。
消化中にベルやチャンス役が成立すると論破のチャンスだ。

出典:777(スリーセブン)
7月2日(月)に導入された『パチスロ ダンガンロンパ』は、設定1の機械割が97.7%。原作はスパイク(現:スパイク・チュンソフト)によるアドベンチャーゲームで、大山のぶ代さんを始めとする声優陣の豪華さや、作り込まれたストーリー、豊富なアクション要素で話題となった。スペックは純増約1.0枚のA+ARTタイプ。ARTはエピソードパートと議論パートの2段構えで、セット継続型となっている。

第3位『ストリートファイターV パチスロエディション』(エンターライズ)

ボーナスがやや軽めである部分やバトルでのART継続抽選を行う部分と、ゲーム数上乗せ特化ゾーンも搭載しており、かなり遊びやすいゲーム性となっている。
スペック的には前々作のストリートファイターⅣXに似てる感じかな。

出典:パチンコ・パチスロ専門サイト ENARE
最速導入は7月17日(火)といわれている『ストリートファイターV パチスロエディション』。世界的に有名な格闘ゲームとのタイアップ機で、設定1の機械割は97.8%。純増約1.5枚のA+ARTタイプで、バトルに勝てば勝つほど強くなる(継続率がアップする)新ARTシステム「ライズアップシステム」を搭載しており、最高継続率は99.99%に達するという。

第2位『クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡』(大都技研)

・プチRTありのA+RTタイプ
・4段階設定
・今作は通常時も歴代大都機種のカスタムが可能
・リールには3連クレアが搭載
・BBは全42種の演出を搭載

出典:スロホ!
7月下旬に導入予定と噂される『クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡』は、設定1の機械割が98.0%。今作はリールに「3連クレア」が搭載されているという。スペックは4段階設定のA+RTタイプ。SBBかBBを獲得するとRTに突入するが、30G固定となっており、他のロングRTタイプよりはノーマルに近い仕様と言えるだろう。

第1位『エルインカ~黄金文明~』(コナミアミューズメント)

スペックは超攻撃型Aタイプと銘打たれ、REGボーナスは非搭載。
A+RTの中でも並が荒い部類と言えます。

注目はSBB中の技術介入。
ハズシを行い延命する事でRT突入を狙う新しいタイプですが、タイミングによっては何度か行う必要が有り、2コマと油断していると失敗しそうですね。

100GのRTが消える訳ですからその損失は計り知れません。
適度な緊張感を持って打てそうです。

出典:ちょんぼりすた
7月2日(月)に導入された『エルインカ~黄金文明~』が第1位にランクイン。設定1の機械割は、技術介入によって変動し、97.1%~100.5%とされている。REGは非搭載で、SBB中の技術介入に成功すれば100GのRT「エルドラド」に突入。超攻撃型Aタイプと銘打たれ、最近増えてきたA+RTタイプの中でも荒波の部類と言われている。

~設定6の機械割ベスト5~

第5位『あっぱれ! PREGO』(JPS)


設定1部門で第5位の『あっぱれ! PREGO』が設定6部門でも第5位にランクイン。設定6の機械割は110.35%。「プレゴ」というホール名を冠していることもあり、店舗での扱いに注目である。

第4位『ストリートファイターV パチスロエディション』(エンターライズ)


設定1部門で第3位の『ストリートファイターV パチスロエディション』が設定6部門でも第4位にランクイン。設定6の機械割は110.5%で、出玉性能は5.9号機史上最高峰と噂されている。7月導入機種の中では、負けにくく勝ちやすい台と言えるかもしれない。

第3位『パチスロ ルパン三世 世界解剖』(オリンピア)

ATやARTとも異なる新たな出玉システムを搭載した大注目の機種!
驚く事に純増5枚クラスを実現しているとか…
カラクリとしては、通常時がボーナス中にあたり、そのボーナスが252枚獲得(リミット天井)で終わるとMBが高確率で成立する通常時(ヒーローズロード)に突入するといった感じでしょうか。
ちなみに有利区間も無いのでリミットも存在しません。

出典:ちょんぼりすた
7月下旬に導入予定と噂される『パチスロ ルパン三世 世界解剖』が第3位にランクイン。4段階設定で、設定6の機械割は112.4%。ATでもなくARTでもない、全く新しい出玉システムを搭載しているらしく、純増5枚クラスという驚きの瞬発力が注目を集めている。

第2位『パチスロ 美ラメキ! 』(藤商事)

スペックは、3種類の疑似ボーナスを搭載したART機となる。
ゲーム性は、ハイビスカスが点灯すればボーナス確定と至ってシンプルながら、多数の点灯パターンを搭載することによってバリエーションの幅を広げている。
また、天国状態常夏CHANCEでの引き戻しや1G連BIGストックゾーン超常夏CHANCEなど多数の衝撃トリガーを搭載しており、出玉面での魅力も見逃せない。

出典:一撃
7月2日(月)に導入された『パチスロ 美ラメキ! 』は、設定6の機械割が112.5%。美ラメキは「ちゅらめき」と読む。通常時はハイビスカス点灯でボーナスとなり、初回ボーナス終了後32G以内に、再びハイビスカスが点灯すればボーナスの連チャンゾーン「常夏チャンス」に突入。『沖ドキ! 』に似たゲーム性と言えるだろう。

第1位『エルインカ~黄金文明~』(コナミアミューズメント)

設定1部門で第1位の『エルインカ~黄金文明~』が設定6部門でも第1位。設定6の機械割は110.2%~114.5%とされている。技術介入次第ではあるが、7月導入予定の中では最もハイスペックなマシンとなっているようだ。

 

惜しくもベスト5には入らなかったが、山佐の『パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド』と、ユニバの『SLOTハイスクール・フリート』にもご注目いただきたい。まさかの「ハイスクール」かぶり。学園抗争待ったなしである。

TOP:YouTube