貯玉の重要度がアップ!

今週もまた、貸玉料金を1玉4.4円(消費税を加えた額)に変更したホールをメインに打ちました。まぁ先週に比べると釘がシマりましたが、それでも貸玉料金を値上げした分、以前と比べると釘は甘いです。そう考えると今回の変更は、貯玉での勝負がメインのボクにとっては大きな変更になりましたね。

たとえば今までだったら釘がシブい&旨味が少ないのでスルーしていた『PF革命機ヴァルブレイヴW』や『PストレートセブンDX』の朝イチランプ点灯台も今の回転率なら打てますし、他にもこのホールでは、現金ではキツくても貯玉でなら勝負できる台が大幅に増えました。

 

では具体的に、どれだけ貯玉が有利なのかを数字で表してみます。このホールは3.57円交換なので、これまでは貯玉上限の2500個使った場合現金投資(1万円)に対して1075円の「利」がありました。今は1玉が4.4円なので、2500個を現金で投資すると10965円。それに対して貯玉を使った場合はこれまでと変わらず8925円なのですから、差額は実に2040円になります。つまりこれまで以上に貯玉の重要性が増しました。今後どうなるか分かりませんが、できることならこの営業形態で続けてほしいですね。

「遊技機取扱技能研修センター」が設立会見

一般社団法人遊技機取扱技能研修センターは10月10日、都内東上野の東遊商会議室で設立記者会見を開催し、設立目的と今後の方針などを明らかにした。 設立されたセンターは、これまで東遊商が組合員企業に所属する遊技機取扱主任者に […]

竹屋が役員を選任

竹屋が取締役会を開催し、下記の通り役員を選任した。 取締役会長/竹内正博▽代表取締役社長/梁川誠市▽常務取締役/田結和浩▽取締役/若菜国雄(再任)▽取締役/梁川雄太(新任)▽取締役/竹内美幸▽監査役/梁川博美(新任) な […]